ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
https://tomikawaguitar.sakura.ne.jp/wp/lesson/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

レヒーノ版アグアド教本から学ぶ運指の意味

逃げ回ってきたものに立ち向かう。なーんかそんな年齢になってきた。
というよりは、かつて「勢いで勉強したもの」に意味を感じられるようになってきたのかもしれないなあ。

ということで、最近はレヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサ編の「アグアド教本」をツブツブと再勉強中。

IMG_1104






















レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサは一応僕のおじいさん師匠にあたる。なので、やっぱり若い頃は「やらねばー」と勢いでさらったものだ。なので、適当w

今、見返してみると、いつも教室で使っている「教室用新ギター教本」(ギタルラ社)との共通点に気づく。新ギター教本の編者である小原安正先生もこのレヒーノ教本にインスパイアされて編んでいるのは明らか。

新ギター教本は俗称「青本」なんて言われているけれど、そのあたりも似ている。レヒーノ=アグアド教本も昔から真っ青である。

とは言え、青本の方が圧倒的に初心者から中級者まで取り組みやすいように教材が練られている。なので、レッスンで使いやすい。だから、僕も使っている。

さてさて…そんな感じでちょっとずつあれこれ考えながら勉強していると、巻末にあるアグアドの名曲の「ロンド・イ短調」の運指にクラクラきてしまった。

IMG_1089
















え??それ弾きにくくない?・・・だけど、弾いてみると音楽的に美しいのだ。昔、原典版はこうだからなー!とか、こっちの方が弾きやすいや!とか若気のいたりで直して弾いていたところも、今レヒーノ先生の運指通りにやってみることにしている。そして、おお!これは?こういう意味なのか!なんて類推して楽しんでいる。

楽しんで、そして、勉強になっている。

運指にはギタリストの「音楽観」が出る。

だから、セゴビア編の「ソル20のエチュード」はセゴビアの音楽観を学ぶためのエチュードでもある。そして、セゴビアの選曲は本当に素晴らしい。一曲もハズレがない。

カルカッシ25のエチュードはその意味ではリョベートの運指でやらないとあんまり意味がないかもしれない。日本人は幸いにも全音版が「リョベートそのままの運指」なので、ラッキー。カルカッシ25のエチュードは原典版でやる意味はあんまりないと僕は思っている。

カルカッシ25のエチュードも一曲もハズレがない。全て美しい曲ばかりだ。

セゴビア編のソル20のエチュードもカルカッシ25のエチュードも抜粋でやればいいよ・・・という考えも最近はあるみたいだけど、時間がかかっても全部やってみるといいと僕は思っている。

もちろんエチュードなので、テクニック面や音楽面で一曲ずつ目的がある。目的にあったエチュードだけやっても効果的。だけど、全部やってみると、セゴビアやリョベートの運指にこもっている「音楽観」が見えてくる。そして、彼らがソルやカルカッシの作品をどのように音楽的に昇華させて行ったかがわかる。

というスタンスで、今僕はレヒーノ先生が書いた「アグアド教本」を再履修しているところ。そして、アグアド教本にある楽曲の新たな美しさに気づいている。




譜例作りと「全部消去する」方法(?)

ここ数週間はひたすらに譜例を作っています。基礎技術的なもの。
教本を書いてくださーいというご依頼で。詳細はまた追って発表しますが、基礎練習的なエクササイズをたくさん集めたものです。

こんな感じでちっちゃいエクササイズをいっぱい作っています。

IMG_1064













ただ作ればいいってものではなくて、ちゃんとチャプター毎にテーマが決まっていてエクササイズの個数も決まっています。
そのあたりのバランスが難しいんだなあー。
ざっくり言えば、まずはクラシックギター演奏に必要な奏法テクニックを大まかに掴んで、そこから細かく落とし込んでいく。

ただしこの時にあまり細かくし過ぎてもダメですし、かといってきちんと段階を踏んでいかないのもまずい。

木を見たり、森を見たり…結構大変な作業なんです。
これは今まで教本の類を書くときやワークショップを行ったりする時も全く一緒です。ワークショップをやるときはある程度アドリブでいけるので、少しは気が楽です。

やはり活字や印刷物として残る形のものは、ちゃんと全体感と細部のバランスを見ないと辛い。

ということで、もう少ししたら譜例をざっくり全て作れるので、そこからのブラッシュアップですね。

こういう仕事していると全部書いた後に「全部消去」しなくなるんです。実際にギター史関連や教本関係の仕事でそれをしたことがある。

それ、こわーい!・・・って思う人もいるかもしれませんが、結構効果的なんですよ。一度全体を書いておくと、脳内で整理できますから。意外と二回目は論理構成がすっきりとした文章を書けたりするんですよね。

そう言えば、最近読んだ本で、その中にも同じようなことが書いてありました。



ああ、なるほどなー、プロのライターの人もそういう感じなんだなあーと。ただ無心に書いていると書き過ぎたり、論理構成がぐちゃぐちゃになったり。とは言え、とりあえず書かないと書けない・・・みたいな話がいっぱいあって、そこをライター稼業の人がひたすら話し合い、自分たちの流儀やメソッドをお話しするみたいな本です。

↑雑だー 苦笑

とりあえず、僕たちが教本書いたり、教材作ったりする作業に似ているなあーと。なんかすっごい面白くて一気に読んでしまった本なのでした。

ということで、僕もとりあえず最後まで譜例作っちゃいます。そこからもしかしたら「全消去」するかもなあ 苦笑















8月がわーーーっと過ぎてしまった

8月が案外忙しかったです。
ということで、またブログをサボってしまいました。ああ、9月ですね。なので、8月の演奏関係の記事をログとして残しておきますね。

8/22 午後のひとときコンサート。西国分寺いずみホール。

スクリーンショット 2021-08-23 0.19.41











主催団体さんの会員さん限定で配信も行いました。うん、これ動画僕もみましたけど、なかなかなハイクオリティ!主催の楠君にマイクとかミキサーのセレクトのこだわりも伺って、なるほどなーと。

演奏曲目は以下。

【当日プログラム】
ボレロ/J.アルカス
パッサカリア/J.ボッシュ
君がいない/J.フェレール
夜の深想/J.フェレール
悲しい思い出 Op.62/トリニダット・ウエルタ
アラビア風奇想曲(セレナーデ)/F.タレガ
モーロ風舞曲/F.タレガ
あなたとわたし(デュエット)/A.ヒメネス=マンホン
ロマンサ/F.カリェーハ
讃歌『ドビュッシーの墓に捧げる』/M.デ・ファリャ
グラナダの花/A.バリオス
(アンコール)
ラグリマ/F.タレガ

スタッフとして手伝ってくれた児玉祐子さんのレポート、適切で、嬉しい。




8/27は「クラギなんか嫌いだ!」というシリーズ物企画。6回目でありました。

そうかー6回もやっているのかーと。
IMG_1027






















きた人と「嫌いだー」と叫ぶのが流儀。一体どんな企画なのか?と疑問に思われる方は是非次回お越しください。

内容は来た方のブログに詳しいです。



翌日8/28は吉井だりあさんの個展での演奏。

久しぶりに千はふりさんと共演。ほんの少しの時間でしたが、吉井さんのパフォーマンスも素晴らしかった。感性が揺さぶられるとはこういうことかー!と。

IMG_1043
























そんな感じで8月後半はドッタバタと。まあ、演奏できるのは嬉しいもんです。緊急事態宣言中で、何だか秋もどうなるんだろ〜って感じですが、気をつけながら地道に演奏続けるしかありませんねー。



レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ