ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

合本の悲しみと喜び〜全音ギターピース復刻セレクション

僕は楽譜コレクターです。趣味=楽譜収集と言っても過言ではない。
楽譜の後ろにある出版リスト的なものを見るとそれを全部集めてみたい・・・というのがコレクター心理です。

ギター曲はピースで発売されています。ある出版社からある作曲家や編曲者やエディション監修者のコレクションが出ている。そうなると、それを全部集めたくなる。

そうやって集めていたものが、その出版社が「合本」にしてしまうことがあります。その時の衝撃と言ったら!

何年もかけて、一曲ずつ集めてきたものが全部一冊に!!!!・・・そんな経験をかつてもブログ記事にしております。

この記事

アリリオ・ディアスのエディションは本当に一曲ずつ、ピースを集めたものです。彼が生きているときに合本になって、ぜーんぶ入手しやすくなったのはギター界のためにはとても嬉しいことだったのですが、今までの努力は一体なんだったのか・・・などと、ちょっと悔しい 苦笑。

さてさて、最近こういうものが出ました。

9c0L8wdcSG6dg8kKRio3mA






























かつてピースで全音楽譜出版から出ていたクラシックギターピースが合本で!!!

出てしまいました。

全曲という訳ではないので、セレクションなのでしょう。今までなかなか入手しにくかったものや海外版では高かったものが安価で手に入ってしまうというお買い得感満点です!



この中にはタイトル通り、湯の町エレジーなどの懐かしの演歌ギターっぽいクラシックギターアレンジが収められているのですが、しれーっとファリャの「ドビュッシー讃歌」が収録されています。トローバのソナティネも入っているので、とってもお買い得。それぞれを輸入版ピースで買ったから、結構しますから。



これにはなんと!!!ジュリアーニの120のアルペジオが入っております。まー、今はファクシミリ版で当時の出版譜でpdfなどで無料で手には入りますけどね。でも、この全音版の綺麗に浄書されたものは僕も修行時代重宝したものです。
人見徹先生の「六段の調べ」も隠れ名編曲ですよ。

さてさて、もう一冊。



これが一番、すごいかもしれません。
芳志戸幹雄先生編の「聖母マリア頌歌集」が収録されているのです。名編曲なのですが、ずーっと入手困難なアレンジだったのです。この一曲のためだけでも購入の価値あります。

…という風に、超お買い得です!とりあえず買ったらいいんじゃないかなあ?と。

個人的には戦後日本のクラシックギターという楽器が「演歌」「ラテン」「フラメンコ」「純粋はクラシックギター楽曲」とクロスオーバー的に扱われていた時期のピースがいい感じにセレクトされていて、当時の雰囲気を感じ取れるという意味でも、楽しい。

ということで、実は全音ギターピースも色々持っていたのですが、、、ちょっと悲しいです。ですが、入手困難だったものや、レアなものがまとまって手に入ることはとても良いですね。


そして、とにかくジャケがいい。顔がいい。ちょっとレトロな感じがしますが、それが楽譜の美しい顔となっていたのだなあと。

合本の悲しみと喜び、ここにあり。










 

スペインギターフェスタ間近!〜5周年&1stCD発売記念

スペインギターフェスタのコンサートが近づいて参りました。今回はCD発売記念でもあります。あと結成5周年。今までの活動の集大成と言える内容となっております。スペイン音楽の魅力を追求してきたメンバーの最強の「スペイン音楽」を感じてください。クラシックギターをやっている方はもちろんですが、スペイン音楽を愛する全ての方にきていただきたいコンサートです。

2019.スペインフェスタ完成版

































スペインフェスタ2019裏完成版

































チケットは都内有名クラシックギターショップや杉並公会堂、チケットぴあで買えます。

今回割安なペアチケットもございますが、残りわずかです。出演者から直接かスペインギターフェスタ事務局からしか購入できませんので、お早めに。お問い合わせは下記からどうぞ。

スペインギターフェスタホームページ

PVもあります!

是非ご覧くださいませ!





レコーディングの様子をファリャの「粉屋の女房の踊り」をバックでどうぞ!









「スペインの恋歌」終了!〜スペイン音楽の根幹にあるもの

バックインタウンにて行われた「スペインの恋歌」ライブ、終わりました。
ルネッサンス期からバロックのアレンジや作曲作品を演奏しましたが、自分たちで選曲しておきながら、終わってみるとああスペイン音楽ってこういう感じだよなあ〜と実感いたしました。

FD9F6DD2-4790-4423-83D1-D2E86AC56F16























聖と俗。ビウエラの歌曲の内容には世俗曲から取られたものが多く、その歌詞の内容はシンプルでありながら、人間の性(さが)をしっかりと描き出したものが多い。バロックの曲はホセ・マリンのものを中心にやりましたが、これも同様ですね。ああ、人間なんて変わらんねえ・・・というのをただただ我々に突きつけてくる。

旋律やハーモニーやポリフォニーの扱いに関してもスペイン音楽独特のものがあります。

それを実現するためにはやはり撥弦楽器、ぴったりだなあと。抽象的ですが、そう思いました。

IMG_6138


















今回使用した楽器はビウエラと19世紀ギター。
A8395494-9E06-446E-A0E3-8E3AED6F05D7























ビウエラ歌曲はやはりビウエラでやったほうがいいかなあと。バロックとマチルデ・サルバドールやタラゴー編のスペイン歌曲集やセファルディーは19世紀ギター一本で行こうかなあと。歌の輪郭やリズム面やハーモニー面という意味では、一本でやるほうがベターかなあという目論見。うまくいったと思います。

各時代ごとの楽器で忠実に再現していく良さもありますが、たまにはこういう試みも良いかも。

さてさて、藤沢エリカさんとはイベロリベロというグループもやっておりますが、そのライブは6/7に「音や金時」にて行います!どうぞ、そちらもよろしく!
レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ