ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みはすぐにできます!
✳︎富川ギター教室Google+ページにてレッスンの空席案内などがわかります。

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

下記も是非フォローしてください。有益な情報満載です!
富川勝智ページ→Google+
富川ギター教室ページ→Google+

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

レッスン覚書12月1日〜2日

レッスン覚書が他の内容のものと混在すると訳がわからなくなるので、ひとつの記事にある程度まとめて書くことにしました。

まあ、これが分かりやすいかどうかは疑問ですが・・・

内容は今までどおり、私にしか分からないものかもしれませんが、勝手に想像してください。(生徒の人は分かるでしょうね・・・おそらく)

 

手の動きはテーブルの上で

テーブルの上で、指を“こするような”動作を何回かやる。これと同じ動作で、弦をはじければオッケーである。その後、その動きに応じた爪の形などを研究する。

爪の形にあわせて、右手のフォームを変えては駄目。

 

時間の無駄を省く練習をしましょうね!

当たり前のことだが、練習時につっ変えた部分のみを“取り出して”練習することが、時間の無駄を省く。頭で考えれば分かるのだけど、これが出来ていない人がとても多い。

 

アポヤンドでも濃淡を!

アポヤンド=強く、アルアイレ=軽く、という図式は、完全に間違いとは言えない。これは手のフォームなどにもよるので、なんとも難しい問題である。

どちらにしても、アポヤンドでも、様々な音量変化を出すことができないと、駄目なことは確かです。

 

トレモロに恐怖感を持たない!

トレモロというテクニックに、以上な恐怖感を持っている生徒がたまにいる。トレモロの曲=最高難度の曲・・・みたいな図式ですね。まあ、確かにトレモロは右手のコントロール力が最高に発揮されるテクニックではありますが、それほどの恐怖感を持つ必要もないと思います。ちょっと“なんちゃって”トレモロでも、スピード感だけ意識して、練習させてしまうのもひとつの方法。精度や粒立ちなどは、後回しでもいい場合も多い。

 

意図的に省略された運指

ここはどう考えるかな?というところを、校訂&運指を担当しているギタリストのよっては、省略している場合もある。結構こういうところに気づけるかどうかが、中級者と上級者の違いだったりする。

 

・・・以上12月1日〜2日のレッスン覚書でした。

 

いけてないジョンと「しおれた心」

人に頼まれて、今日はこのレコードの中から一曲「しおれた心」をMDにダビング。

今となってはレアなレコードです。記念撮影。

ジョン=ポンセ作品集

 

 

 

 

なんといっても、あまり「いけてない」ジョン・ウィリアムスのジャケットがお洒落。

微妙な重ね着である。

内容は「ポンセ作品集」。

レアトラックは、「しおれた心」「8ヶ月前」「愛する母」。

このうち「しおれた心」のダビングを頼まれていたのである。

 

で、この「しおれた心」の譜面もかなりレア。ロランド・ハーカー編曲であり、入手は困難であろう。(自慢ですが、私は持っています)

 

さて、この「しおれた心」・・・とにかく名曲。何故、皆この曲を忘れているのだろうと思うくらいの名曲です。

私は、今まで何回か演奏会で弾いてきましたが、誰に聴かせてもいい曲だと言うと思う。

まだまだ、知られざる名曲はあるのです。

 

渋谷の秋&加湿器

渋谷も秋です。

実は昨日、人間ドックというものに行ってきました。

まあ、フリーランスは体が資本!ということで、体のチェックというわけです。

人間ドックは午前中に終了・・・で、ひさびさに渋谷を散歩。

意外に渋谷にも「秋」はしっかりと訪れています。

某渋谷駅至近の公園で、撮影。結構のんびりとできました。

宮下公園

 

 

 

 

 

 

 

こういうふうに写真で見ると渋谷のど真ん中とは思えないですね。

 

秋になってきて、湿度も下がってきました。

レッスン室の湿度も少しずつ下降してきました。

つまり乾燥しているということです。

昨年までペットボトル式の加湿器を使用していましたが、結露が気になるところが気になっていました。あと、放っておくと湿度が上がりすぎることも、ギターにとっては危険・・・

 

ということで、とうとう湿度調整機能付き加湿器を購入!

40パーセント〜70パーセントまで5パーセント刻みで湿度を調整できるという素晴らしい機械!

加湿器!

 

 

 

 

 

 

とりあえず、現状で湿度設定を45パーセントにして、「乾燥しすぎを防ぐ」役割として使用しています。マンションというのは、かなり乾燥しすぎる傾向があるので、これでちょうどいいみたいです。

壁の湿度計を見ると、大体50〜55パーセントをキープしてくれているので、ギターにとっては適湿であると思います。

真冬になってエアコンフル回転になると、また設定を考えなければならないとは思いますが、便利です。

勝手に消えたり、ついたりしているのを見ていると「ギターのお肌の見張り番!」に見えてきます。

ちょっと頼もしいでしょ?

レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ