ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みはすぐにできます!
✳︎富川ギター教室Google+ページにてレッスンの空席案内などがわかります。

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

下記も是非フォローしてください。有益な情報満載です!
富川勝智ページ→Google+
富川ギター教室ページ→Google+

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

旅に出る前に・・・

明日は宮崎に演奏旅行。

ギターを持っていくのが面倒くさいが、初めていく宮崎なので、ちょっと嬉しい。

そんな感じで、荷物を詰めて今ついでにホームページを更新し、このブログを書いて、それからまたもうひとつ仕事用のメールを打たねばなりません。

最近結構まめにこのブログも更新しているので、ここでやめるわけにはいかない・・・しかも明日から地方だしね。

 

ホームページの更新情報です。

10月20日(木)オリーブダイニングでの演奏についての詳細を書いておきました。特にライブチャージはとらないようですが、食事代はかかります。ワンドリンク&食事(オードブル、パスタ)で4500円とのことです。まあ、もっと食べたい人は追加注文もできるのだと思います。

先着20名だそうです。3週間前から予約を受け付けるということですので、「富川の演奏なんて飯でも食わなきゃ聴いてられね〜」という人は是非お越しください。

酒でも飲まなきゃ聴いてられね〜という方は9月16日クラスタへどうぞ。

 

では、今日のレッスンメモです。書いていても、読んでいても、どこまでが同じ人だか分かりにくいので、頭のところに絵文字でも使用してみようと思います。

(絵文字の種類は直感で選びますので、ご了承を)

カルカッシのエチュード全音版を使っている人の言・・・「とりあえず、書いてある運指を守って弾けばいいんですよね?」とのこと。

まあ、その通り。だけど、運指の意味をしっかりと考えて、こうだからこうなるというふうに練習していかないと応用が利きませんよ。

ちなみに最近の私はレイ・デ・ラ・トーレ編カルカッシ25のエチュードが好みです。

 

ソル「主題と変奏」を持ってきている生徒さん。

ある程度独学でやっていて、わからん曲や練習は飛ばして、なぜかこの曲にたどり着いているあたり・・・渋いです。さて、とにかく左手運指で、どの指を残しておくか&押さえている指を「どの時点で放すか」を中心にレッスン。

残しておくことは皆よく考えるのだけど、指を放すタイミングというのが意外と意識していない生徒が結構多いものです。

 

プホールの「9月」をレッスンに持ってきている生徒。やりたいことがはっきりとわかる「いい演奏」。こういう演奏を聴くと、嬉しいものです。

もう少し音量を出したいところなどテクニック不足でコントロールされていない部分もあるが、なによりもまず、「やりたいこと」があることが曲の解釈では必要なことです。

「ヒロシマという名の少年」で2重奏レッスン。8分の6のリズムが硬いので、4拍目までをひとつ、5拍6拍をひとつという風に意識させるところからデュオをしながら練習。すこしずつ8分の6のリズムの自然なプロポーションにしていく。

いい曲だけど、表現が単調になりがちな曲。また機械的な演奏になる傾向もあるので、このあたりから攻めていくと俄然いきいきとした曲想になる。

また武満の曲は、ダイナミクスの指示が的確なので、これをしっかり守っていくことで音楽が動き出す。この点もチェック。

 

では、そんなところで、2.3日このブログもお休みです。

では。

吉祥寺教室

はてさて、吉祥寺の宮地楽器ミュージックジョイというところで、今日はレッスン。

レッスンの空き時間があったので、久しぶりに担当氏とお話をする。

こちらも立ち上げの段階から付き合っている担当さんなので、なんとなく生徒の在籍状況とか聞いてみる。

あちらのほうからもこちらの仕事の状況などを尋ねてきたので、近況などを報告・・・というほど堅苦しいものではないのだが、こういうコミュニケーションというのは、ほんと〜にこの業界では珍しい。

運営側というのは、とかく「エラそ〜」にしているところが多いのだが、やはり音楽教室というものは講師と運営側の共同作業で「場の雰囲気」というものを築きあげていくべきであると思う。

この吉祥寺の教室は私も気持ちよく仕事できるところである。

受付の感じの良さも生徒達から好評である。

興味のある方は是非ホームページを見てみてください。

ちょっと雰囲気までは感じられないかもしれませんが・・・

 

そんな感じで、今日のレッスンメモです。

生徒には様々な教材を使わせていますが、やはりなんといっても30分しかないレッスン時間をどのように使うかを考えます。(吉祥寺は30分レッスンです)

ある一定期間習っている生徒とのレッスンだと、基礎をやって、エチュードをやって、曲をやって・・・と時間配分は体内時間でできるのですが、入って間もない生徒だとこの時間の感覚がちょっと違うようです。

生徒もまだ教師に慣れず、教師のほうも生徒のキャラクターが掴めていないからなのでしょうか。

 

レッスンの最初に毎回右手のタッチなどの確認のために簡単なアルペジオなどを用いています。生徒によっては音階であったりする場合もあります。

このことをレッスン始めに行うことによって、生徒の姿勢などもチェックしていきます。カルリのエチュードなどはそういう点において非常に効果的。

最近あまりこの教材を使っている先生もいないみたいだけど。

個人的にはカルリはフェイバリット・エチュードだったりします。

ソルのエチュード&サグレラスのギターレッスン

今日のレッスンメモ。

たぶん明日になると忘れてしまうので、夜中だけど書いときます。

ソル20のエチュード、セゴビア編の1番は、非常に美しい。

この曲をここ一週間、3人にレッスンした。それが面白いことに、一人はセゴビア版、ひとりはイエペス版、ひとりは原典版(シャントレル社よりでてるものを使用)という全員、版が違うという面白い現象が起きている。

これは素敵な偶然です。教師としては、これほど勉強になるものはありません。

イエペスのフレーズ解釈も素敵です。音楽がイキイキとしてきます。セゴビアのダイナミクスにも、音楽解釈の基本がしっかりと伝わってきます。

イエペスの表現が2弦、3弦のハイポジションを利用して、カンタービレで滑らかなフレージングを求めていることが、原典版と比較するとよく分かります。

今日の生徒は、「セゴビア版」でした。

 

今日最後の生徒は、サグレラスのギターレッスンを副教材に使っています。

本当は「副教材」のはずだったのですが、本人がサグレラス・ファンになってしまって、「これだけやりたい!」というので、主教材になってしまいました。

確かに、サグレラスの「ギターレッスン」は簡単な曲でも、美しいものが多い。最近、あまり見かけないけれど、もっとメジャーになっていい教材ではある。

同じような和声進行が繰り返し出てくるので、初見や暗譜の能力向上もレッスンの仕方によっては図れる、というスグレモノである。

 

そんな感じで、なぜか生徒全員ばらばらの教材を使用しているので、私自身も結構、勉強になります。

なぜ、ばらばらになったか?というと、一応生徒個々人の性格と進度などを考えての結果です。

まあ、ギターエチュードというのは、本当は「副教材」なのだけど、はまると結構楽しい。まれにサグレラス・ファンになってしまう人もいるくらいだから。

レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ