ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

2005年08月

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

弾けないところの理由&CD到着!

さて、夏休みボケも少し収まってきました。

今日のレッスンから覚書。

弾けないところには何か(絶対に)理由がある。

・・・あたりまえのことなのだけど、これがなかなか意識できない生徒が多い。今日のレッスンで、「ここがいつも決まらないのだけど・・・」とある部分を生徒が言うので、その部分だけ弾かせると・・・ちゃんと弾けるのである。

つまりその部分が弾けないのではなく、その前の部分と続けて弾くと決まらないのである。今日の生徒の場合、1の指の移動が問題であった。

1の指を前の部分でキープしておかなくてはならず、問題の部分はその1の指を瞬時に2弦から4弦へ移動させなければいけない。この移動を意識していなかったから、その部分が決まらなかったのである。

通しで弾いてみると、その部分が決まらない・・・

じゃあ、その部分だけ取り出して弾いてみよう・・・あれ?きまるな・・・おかしいな?・・・ま、いいか・・・

と思っては駄目ですよ。

問題のある部分には必ず原因があるのです。

 

当たり前のことではあるけれど、うまくいかない部分はそのまま放置せず、右手左手の動き、そして前後の関係などをしっかりとチェックして解決方法を探すこと!がとても大事。

このことを自分でやれない生徒が結構多い。

 

続いて・・・

今日の覚書パート2です。

本日ポストを見ると、注文していたCDが到着。

かなりマニアなCDです。同時に現在とてもレアです。

以下2点。

 Lily Afsher/possession」

◆Harris-Coates Duo/The White Peacock」

,離タリストは女性です。私が愛奏しているサルバドール・ブロトンズの「スケルッツォ」を献呈されたギタリストで、ずっとCDを探していたのですが、やっと発見。大体の曲には楽譜に「だれそれに献呈」とあるものです。これがギタリストであった場合、とても気になるものです。少なくとも私はそういうタイプです。

で、このブロトンズの曲はとても難曲。というか、楽譜通りには演奏不能。いろいろと細工をしないと弾けません。

当然、被献呈者であるギタリストの技量を加味して作曲している場合が多いのです。弾いてもらえると思うから、作曲家はその音楽家のために作曲するのですから。

そういう意味でとても興味のあるギタリストでした。Lily Afsherというギタリスト。で、やっと、その実態がつかめました。ライナーも充実。なによりもブロトンズ自身による楽曲解説があるのが嬉しい(嬉しいのは私くらい?)。

 

△CDは、これもまたブロトンズ関連です。

フルート&ギターの秘曲「Tre Divertimenti」が収録されている珍しいCD。かつてチャビエ・コイというギタリストがCDに録音はしていたが、これは現在入手はとても困難(フルート奏者は忘れてしまった)。

この曲は演奏される機会がほとんどない。ブロトンズお得意の「リフ」満載の熱い曲想。ブロトンズ自身、フルート奏者としての経歴の持ち主なので、非常にフルートの持ち味を活かした楽曲。

その他、収録曲にダマーズなども含まれており、非常に面白い。録音の質も素晴らしい。大手のレーベルではないので、これも入手は困難。

 

と、なんだが、マニアなCDが2枚到着して、ひとりで、ホクホクしている日曜でした。

 

盆休み明け

 

さあて、やっと私のバケーションも終了。

どちらかというと、盆休みではなく、バケーションでした。ほとんど、引きこもりで・・・調べ物とか本を読んでだらだら過ごした。久々にテレビもやまほど見たな〜。

 

ということで、今日からレッスン開始!

朝10時から途中昼を挟んで、午後2時から夜9時半まで空きがなし!・・・のはずだったが、生徒が仕事の都合で欠席してくれたので、休み時間がとれた。とはいっても普段はこんなに詰まったスケジュールではないのだが、振り替えなどや体験レッスンが入ってしまって、こんな感じである。

久しぶりにレッスンをするので、なんとなく懐かしい感じ。

皆、割合しっかり練習していたようで、ほっとした。一番ぼんやりしていのは私かも(笑)。

ぜんぜん関係ない話であるけれど、昨日友人と飲みにいった。その友人もブログを始めたという。そんな流れの話で、このブログの方針がいまいちはっきりしていないということが分かった。

本来は私の活動や教室でのレッスンの様子を中心にアップしていく予定であったが、あまりそういうこともなく・・・すこし考え中であるわけです。

とりあえず、毎日何らかの形で、ギターという楽器には関わっているので、もう少し更新頻度を上げたいと思います。

まあ、とりあえず。そんなところで。

アリリオ・ディアスと「暁の鐘」

最近、こんなCDを購入。アリリオ・ディアスの録音である。日本では「アリーリョ」ではなく「アリリオ」のほうが一般的らしいですね。今まで、私は無意識に「アリーリョ」とこのブログでは書いていましたが。

さて、地味ながら、最近ディアスのCDが発売されました。とはいっても、1965年録音ですが。

これね→近代スペイン・ギター曲集

昔からディアス・ファンです。なんだか、廉価版ばっかりでしかお目にかからないのだけれど、アリリオ・ディアスは大巨匠です。

で、このCDの帯のセリフが泣かせます。

「入手困難だった名盤、待望の復活。」とあるのだ。だったら、“税込み1260円”でなんぞ売るな!という感じ。内容を聴けば・・・3000円以上の価値はあります!。

デ・ラ・マーサ(兄&弟)の演奏は特筆ものです。弟エドゥアルド作曲の「暁の鐘」は最近、弾かれる機会の多い曲ですが、校訂版で演奏されています。つまり出版されているものとは違うものです。この校訂版は出版されていません。

解説では「ディアスの演奏している版が最終校訂版」と言っていますが、それなりにこの意見は正しい。でも正しくないともいえる。エドゥアルドの作品を兄レヒーノは愛奏した。その兄も、また作曲家としての眼力があった人物であったので、演奏をするたびに弟の作品を改訂していったことが考えられる。

つまり、ディアスが演奏しているバージョンは師匠である「レヒーノ版」とでもいうべきものである。つまりエドゥアルドが心の中で本当はどう考えていたかは分からないのである。ある意味「口頭伝承」のようにデ・ラ・マーサ一門の間で伝えられてきたバージョンなのである。

まあ、結果として「格好いい」バージョンは、やはり「ディアスが弾いている版」ということにはなるでしょう。私自身もレヒーノ校訂版で弾いています。

(ちなみに私のバルセロナの師匠であるアレックス・ガロベーは出版譜バージョンで弾いていました。その理由は、“出版されているものに基本的には準じる”という点にあったようです。)

また、このCDには「アンダルシアのスケッチ」が入っています。これは表現方法といい、音色といい、ほんとに名演!。この曲はレヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサによる作曲ですが、私が所有している楽譜のバージョンだけで、2種あります。「アンダルーサ」「ロンデーニャ」です。前者は1955年出版とあり、ディアスはこの版に準じて演奏しています。現在入手可能な「ロンデーニャ」はもう少し込み入っているバージョンとなっています。

私の師匠であったホセ・ルイス・ゴンサレス氏も「ロンデーニャ」として録音していましたが、基本は「アンダルーサ」に近いバージョンでした。

好みによると思いますが、「アンダルーサ」バージョンを聞いた後に「ロンデーニャ」バージョンを聴くと、ちょっと「くどい」感じがするような気がします。

ディアスの演奏はゆったりとしながらも、後半に向けての適切なテンポコントロールが気持ちいいです。現在の奏者はあまり、この「じっくりと盛り上げていく」という雰囲気を大切にしない人が多いような気がします。ディアスのようなテンポ設定のほうが、最初はさらっとしていても、何回か聴き込むほどに味がでてくるものです。

これと同様のことが、「朱色の塔」にも言えます。このテンポ設定も楽曲の魅力を余すところなく伝えるのに効果的に設定されていて、すっきりとした気品のある演奏。

ディアスの演奏を聴いてみて、改めてギターの音を再確認できました。これが全体の感想。とにかく音がすっきりとしている。これぞギターの音!なのだ。

ディアスを聴かずして、クラシックギターを語るべからず!・・・である

夏休みのお知らせ

 
17日まで、富川ギター教室及び、私個人もお休みです。
 
生徒のみなさま、間違ってレッスンに来ないようにご注意ください。
 
レッスン開始は8月18日からです。
 
このブログは、気が向いたら更新します。
 
 
 
(休み中の私)
 
ここから雑談。
 
エアコン掃除を一日かかりでやりました。
東急ハンズで、エアコンクリーナーを購入し、徹底的にやりました。
ほんの数ヶ月で、かなり汚れるものですね。
 
夏休み後のレッスン室のエアコンの空気はきれいになっているはずですので、ご期待ください(?)。
 
そんな感じで、別に帰省するわけでもなく、
だらだらと過ごしております。
 
普段ノンビリ行けないCDショップ巡り、本屋巡りをして、
過ごすのが、私のリラックス法なので。
 
そんな感じの「バケーション」です。
 
 
 
 

フニクリ・フニクラ

最近買った本で、こんなのがある。
 
長田暁二著「世界の愛唱歌」(ヤマハ)


世界の愛唱歌―ハンドブック

サブタイトルに「1000字でわかる名曲物語」とあり、楽譜と歌詞&解説があって、読み物としても面白い。

普段、この本に載っているような「ポピュラーソング」を演奏したり、レッスンの教材に使用することも多いので、勉強のために購入した。

・・・「勉強用に購入」とはいうものの、結構「へー!」というトリビア的なネタが多くて、単純に楽しめた。

たとえば、「線路は続くよどこまでも」がもともと「線路の仕事」という労働歌であったとは初めて知った。

歌詞が「線路の仕事はどーこまでも〜」という歌い出し・・・なんだかブルージーである。そういわれると、どことなく憂いが含まれている旋律に聴こえてくるから不思議である。

「フニクリ・フニクラ」の項を読んでいて、この曲が世界初のCMソングということも、新発見。

で、連鎖で、アリーリョ・ディアス編の「フニクリ・フニクラ」を練習しようとして、忘れていたことを思い出した。名アレンジで、譜面を入手したのはいいものの、まだ手付かず。難しいのは取り掛かる前からわかっているので(なんといってもディアス編だから)どうしようか迷っているうちにわすれていたんだな。

そんなことを思い出させてくれる本でした。

面白いので、一般の人にもお勧め。

結構話のネタになるかも。

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ