ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

2007年05月

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
https://tomikawaguitar.sakura.ne.jp/wp/lesson/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

フルート&ギター演奏会終了!!

「フルートとギターによるアフタヌーンコンサート」

無事終了です。

プログラムは以下でした。

フルートは山下兼司氏。

(第一部)

ファンタジー(アーノルド)

ソナチネOp.205より「シチリアーナ」(テデスコ)

協奏的二重奏曲(大ソナタ)イ長調Op.85(ジュリアーニ)

(第二部)

タンゴの歴史より「カフェ」「ナイトクラブ」(ピアソラ)

魅惑の夜明け(ラヴィ・シャンカール)

 

当日は午後1時に会場に到着。

椅子を並べたり、いろいろと仕込み。2時30分開場。

おかげさまで定員オーバー!椅子を増設して当日券の方もお入りいただけました。

3時から本番。

超満員だったので、途中でエアコンを強くしましたが、その吹き出し口がギターの後ろ側にあって、調弦が安定しませんでした。それに寒いし・・・。

それでもなんとか演奏しました。そういう環境の部分は弾いていくうちになれて調整が取れてくるものです。後半はそういう調整がうまくいったと思います。

アーノルドはシンプルながらいい曲ですね。弾いているよりも聴くほうがいい曲でしょうね。途中の「苦悩・・・」な感じの不協和な音使いはまさにアーノルド印、です。

テデスコは、こうやって単品で弾いても味があります。ギターとフルートが対等な関係に書かれているのは嬉しいですね。爽やかではあるけれど、ちょっとした「けだるさ」がある・・・という雰囲気をなんとか演奏で出そうとしてみました。リハでは気づかなかったことなのですが、間合いが結構難しい曲なのですね。

ジュリアーニは普通に古典の様式を理解していれば、素直に響きますね。その中でいかにギターらしい音色を印象つけるか?がポイントかもしれません。

ピアソラは、何度もやっているのでだいぶイメージが固まってきました。そしてちょっと遊べるようになってきました。あまり上品になってもいけないのですが、繊細な感じも捨ててしまってはいけないので、心臓に悪い曲ですね。「ぎこちない」感じが「自然」に聴こえるようにテンポなどの揺らし方に工夫を凝らさなくてはいけません。ぐいっと引っ張ってパッと放す・・・という感じがでればいいなあ、と弾いていて思いました。

「カフェ」のイントロで、そういうことを意識し始めたら、その後もそういう感覚に頼らざるを得ません。それが、いい具合に機能していたと思います。そういう本番での変化や発見を楽しめると、演奏しても楽しいですね。

「ナイトクラブ」での本番での発見は、アポヤンドです。勢い余って、伝統的スペイン式アポヤンド(ターレガ風?)を使用してしまいました。それが面白いくらい演奏のノリを変化させてくれたので、そのまま使用。粘りと重みがある低音が演出できたと思います。

 

さて、いろいろと研究したシャンカール。結果、いい演奏だったと思います。リハでなかなか合わなかった部分も本番ではスムーズに決まりました。例えば、フルートが5+5+3+3で、ギターが4+4+4+4というリズム感で同時進行する部分は、相手の演奏を聴くとアクセントにつくと「つられます」。リハをすればするほど、実は合わなくなる曲というのが存在しますが、この曲はまさにその典型。

しかしそれを理解していないと、「合わせる」面白みがないわけで・・・。

今日、演奏してみると、それらの悩ましい問題が全て解決されました。勿論、細部などは不満足な部分もありますが、音楽の流れとしてはよく弾けていたと思います。

終結部へのテンポの上げ方もうまくいったと思います。とにかく楽しく演奏できました。

 

やはりフルートとギターはよく合います。ひさびさの山下兼司氏との演奏でした。大ベテランを捕まえて私がいうのもなんですが、確実に腕を上げています。

そういう音楽家に私もなりたいなあ、とも思いました。

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

フルート&ギター演奏会の本番・・・明日です!!

明日はとうとうフルート&ギターの演奏会本番です。

プログラムは以下です。

協奏的二重奏曲(大ソナタ)イ長調Op.85(ジュリアーニ)

ファンタジー(アーノルド)

タンゴの歴史より「カフェ」「ナイトクラブ」(ピアソラ)

ソナチネOp.205より「シチリアーナ」(テデスコ)

魅惑の夜明け(ラヴィ・シャンカール)

 

アーノルドとシャンカールが珍しいかもしれません。

テデスコはかつて他のフルーティストと全楽章やったことがあります。今回は1曲のみ。フルートとギターが旋律おっかけっこをする面白い&美しい曲です。

アーノルドは購入するのがためらわれるくらいシンプルな曲。ギター曲は独奏曲をいくつか書いています。フルート側ではあまり有名ではないみたいです。

シャンカールは、弾いていると妙に盛り上がってきます。数回リハをやりましたが、今でも不安・・・。盛り上がりすぎないように気をつけないと・・・。もろにインド音楽の風情が感じられる唯一のギター関連作品(?)であると思います。

ラヴィ・シャンカールはインド古典音楽の音楽家です。シタール演奏で有名です。この曲に合わせて、サイケシャツ(ペイズリー柄?)でも着ようかと思いましたが、ジュリアーニに失礼なので普通のシャツにします。

 

今から、明日のしたくをします。シャンカールの譜面がでかいので、譜面台シートを作成しないといけません。足台も忘れないようにしなくちゃ!

&MCも担当する予定なので、ネタも今から整理します。とはいってもまじめな楽曲解説ですが・・・。

 

では、また明日。会場にてお会いしましょう!!

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

GLC学生ギターコンクール一次結果発表!!

毎年夏休みに開催される、GLC主催の「学生ギターコンクール」の一次予選の結果が発表されています。

GLC学生ギターコンクール

なんとか私の教室の生徒は全員通過!!・・・あとは二次の曲の仕上げと本選曲をがっちりと練習していくだけですね。とりあえず、教師として責任は果たせたかなあ、とほっとしているところ。

テープ審査で落とされると悔しいですよね。指導する側としても、ちょっと熱がはいります。自分が審査員になったつもりで、チェックしていく場合が多いですね。

消音、ダイナミクス、正確さ、フレージング、音色の変化・・・いたって基本的なところから攻めていくことが多いですね。当たり前のことができていれば・・・という観点なのですが、生徒には細かいと感じられることも多いかもしれません。

 

どちらにしても、本気で録音してみると、最初はみながっかりすることがおおいようです。それだけ普段の練習において客観的に自分の演奏を聴けていないということですね。

おそらく、このテープ審査用のテープ作りだけでも、とても勉強になると思います。参加することに意義があるとはいいませんが、たとえ落選していたとしても勉強の一過程だと思えれば得るものは多いでしょうね。

・・・まあ、そういいつつも私の生徒全員通過には、それなりにほっとするものがあります。ああ、良かった、良かった。

 

これからどんどん暑くなっていく中、本番までにどれだけ集中して練習できるか?・・・あとは生徒次第ですねえ。

(私も体調崩さないようにがんばろう!!)

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

5月20日残席僅か!!

来週の日曜、20日は新高円寺にて演奏会です。

「フルートとギターによるアフタヌーンコンサート」です。

50席限定・・・ですが、残りあと数席です!!

当日券はでない可能性もあります。お越しになる予定の方は、是非とも早めにメールにてご予約ください。

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

ホームページ更新!(おもに演奏会スケジュール)

さて、ひさびさにホームページ更新しました。

富川ギター教室&富川勝智のホームページ

スケジュール部分を更新。

5月20日→来週日曜は、フルート山下兼司氏と演奏会です。午後3時からですので、みなさまお昼を食べて、デザート気分でお越しください。定番ピアソラ&ジュリアーニのほかは、けっこうマニアックです。

シャンカール「魅惑の夜明け」やアーノルドの小品など、あまり他で聴けない曲を用意しました。

限定50席です。残席わずかです。お早めにメールにてご予約ください。

tommig@mouse.livedoor.com

 

5月31日→定期的に出演しているクラスタでのライブです。毎回割りにお客さんがくるので、こちらもお早めにご予約を。クラスタホームページから予約できます。

 

6月9日→カルステン・グロンダルという1弦ギター奏者とのジョイントリサイタルです。午後6時から。こちらも予約受付中!!・・・6弦と11弦の響きの違いを堪能してください。

tommig@mouse.livedoor.com

 

6月24日→教室発表会です。デュオを中心とした発表会です。場所は下高井戸の中国茶専門店。美味しいお茶と軽食を楽しみながら、みなで演奏しましょう!という会です。弾く人と聴く人も参加費は3000円。弾いたほうが得です。

パートナーがいない方は早めに私に相談してくださいね。

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ