ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

2009年01月

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

リハーサル中

83bd3930.jpgバムも探してね!

昼間の三軒茶屋

c7b9f0a9.jpg明るいうちに来るのは久しぶり。
今日は演奏会です。

九州ギターコンクール課題曲発表!!

もう1月も終わりかけですね。昨年12月に京都の藤井眞吾先生より連絡をいただきまして、「あれ、何か忘れているなあ…」と思っていたのですが…。
 
今年の九州ギターコンクールの要綱が発表されました。
下記要綱です。(…結構ボリュームたっぷりの課題曲ですね)
 
ターレガイヤーを意識した選曲になっているようです。
 

 
第55回九州ギター音楽コンクール
http://kyusyuguitar.org/Contest/55/index.htm

●開催日時   
第一次予選(非公開) 2009年10月3日/(福岡市内の会場を予定)
第二次予選      2009年10月4日/大博多ホール
本選         2009年10月4日/大博多ホール

●課題曲
◎第1次予選
課題曲A/M.カルカッシ作曲「練習曲Op.60-3, Op.60-21」
課題曲B/F.タレガ作曲「マズルカ イ短調《マリエッタ》」(現代ギター社 版)

◎第2次予選
課題曲A/M.カルカッシ作曲「練習曲 Op.60-3, Op.60-21」
課題曲B/J.マラッツ(F.タレガ編曲)「スペインセレナーデ

◎本選課題曲&自由曲
課題曲A/F.タレガ作曲「マズルカ イ短調《マリエッタ》」(現代ギター社 版)
課題曲B/F.タレガ作曲「アルハンブラの思い出」(現代ギター社 版)
※ただし「アルハンブラの思い出」のダカーポは省略すること 
課題曲C/F.ソル作曲「序奏と魔笛の主題による変奏曲 Op.9」
課題曲D/H.V=ロボス作曲「5つの前奏曲集」から任意の1曲(Max Eschig 版)
課題曲E/H.V=ロボス作曲「12の練習曲集」から任意の1曲(Max Eschig 版)
課題曲F/自由曲 (ただし1910年以降のギターオリジナル曲であること、複数曲でもよい)
(注意1)以上の課題5曲と自由曲を演奏し、25分以上30分以内であること
(注意2)「A、B、C、D、E」の課題の演奏順は任意でよいが、自由曲(課題曲F)は必ず最後に演奏すること

 
…私も帰国してすぐに参加しました。本選には残れましたが、次席…でも審査員の方々や参加者と朝までギター談義…とっても良い思い出になっていますし、このコンクールがきっかけで、九州のフォレストヒル楽器さんとも仲良くなれました。
 
今まで出たコンクールのなかでも、雰囲気が一番良かったコンクールとして印象に残っています。
 
是非、若手のみなさん、チャレンジしましょう!!

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

会報第9号完成!とチェリスト

教室会報第9号完成です。生徒の皆さんは教室にありますので、お持ち下さい。

毎号のタイトルの下に書いている「今月の言葉」。

前にもブログで書きましたが、けっこう選ぶのに時間がかかるのです。

今月はこれです。

「正確な楽器のコントロールの裏づけなしに美しい芸術的なアイデアが一人歩きするさまは、豪華な車が未舗装の道路を走るのに似ている。」

 さあ、誰の言葉でしょうか?

チェリストのヤーノシュ・シュタルケルの言葉です。

下記の本を読んでいるときに見つけた言葉です。

ヤーノシュ・シュタルケル自伝ヤーノシュ・シュタルケル自伝
著者:ヤーノシュ シュタルケル
販売元:愛育社
発売日:2008-03
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

非常に興味深い自伝です。音楽家の自伝というのは好きでよく読みます。もちろん自分が音楽家であるので、「何か役に立つことないかなあ〜」とか、若干の“欲”をもって読むのは確かです。

しかし、音楽家というのは社会の関わりなしには生きられない存在であり、それでいて音楽という抽象的なものを「実体験」でリアルに学んでいかなければなりません。特殊な職業であると思われがちではありますが、実に「人間的」な存在なのです。

私は、音楽家の伝記をそういう観点から読んでしまうことが多いです。

そういう意味でシュタルケル自伝は読み応えがありました。

さて、上記の言葉ですが、この本の終わりのほう、「組織的な弦楽器奏法」という部分にあります。当たり前ですが、音楽を作るためのテクニックについて論じた文章です。これは自伝とは関係なく、補遺として掲載されているもの。

ギター奏者が読んでも、なるほどなあ、と思う部分がかなりあります。

お時間ある方はどうぞ。

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

チケット完売御礼!

今日は明後日のコンサートの最後のリハーサルでした。

チケットは「完売」だそうです。

当日直接いらしても、当日券はございません。予めご了承ください。

2009年1月25日ヴァイオリン&ギターコンサート

2009年1月25日ヴァイオリン&ギターコンサートチラシ裏

 

さて、気合が入ります。がんばりまーす。

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ