ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

2010年10月

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みはすぐにできます!
✳︎富川ギター教室Google+ページにてレッスンの空席案内などがわかります。

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

下記も是非フォローしてください。有益な情報満載です!
富川勝智ページ→Google+
富川ギター教室ページ→Google+

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

講座スタート!

c2cf9745.jpg池田慎司先生によるギターの指盤を把握するためのレクチャースタートしました。
15名の参加です。

第23回富川ギター教室発表会・無事終了!

10月24日(日)富川ギター教室発表会が行われました。
30名の参加者で行われました!

毎回お花を飾ります。これでだいぶ舞台に華やかさがでるんですよね。
仕込み中。

第23回富川ギター教室発表会










第23回富川ギター教室発表会













受付まわりにもお花を。。。参加者の気持ちも和みます。

第23回富川ギター教室発表会











第23回富川ギター教室発表会










そんなことを準備しながらも、舞台上ではリハです。

最年少。
第23回富川ギター教室発表会










うーん、背中から撮ると、いいですねえ。何を背負って弾いているんでしょうか?

第23回富川ギター教室発表会













小学生くらいになると構えもしっかりとしてきます。背骨すっと通ってくるんですよね。

第23回富川ギター教室発表会










 

控えのあたり。いろんなギターケースの種類があるなあ。

今回のゲストはリコーダー奏者の高橋明日香さん。
ピアソラ、マシャード、プホールなどを演奏。

素敵な音色だ!、いいなあリコーダー!

第23回富川ギター教室発表会











発表会終了後、みんな控え室に戻って反省会をします。

「悪い点、いい点」・・・参加者全員各自発言します。

そのあと、私の辛口コメントが。。。

で、今回は生徒さんから「ちょっと時間をください!」ということだったので。。。。

あれ、私にプレゼント?

第23回富川ギター教室発表会










なんだろー?と思ってあけてみると・・・

おお、立派な教室プレート!

第23回富川ギター教室発表会










実は今年は私のプロ活動10周年なのです。。。

その記念に、、、ということで生徒さんたちがサプライズでそれぞれお金を出し合ってこんなプレゼントを。おお、感涙でございます。メールだけでこっそりやりとりしていたんだそうです。。。

まったく気づきませんでした。

んで、楽しい打ち上げ!



第23回富川ギター教室発表会














第23回富川ギター教室発表会











5時間くらいエンジョイしました。しかし、何故か打ち上げだけ参加する人もいて(お仕事の関係でお昼にこれなかったのね)、そういうのも悪くないなあ、、、と。

・・・というわけで、今年の独奏発表会も無事終了いたしました!

みなさん、お疲れサマー!






BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

レッスン覚書ミニ〜2010年10月19日〜21日

  1. カントリーグリップの発想で押弦すると手首の関節と腕とのリンクが途切れない場合が多い。その場合でも左手親指の位置を微調整すること、そして、指の曲げ具合など各人の体格に合わせた指導が必要ではあるが。
  2. アメリアの遺言。和音を押さえるところで腕の重心を意識する。もちろん体の中心線を意識するように。正しく身体を位置させること。
  3. 盗賊の歌。原曲をしらないと、あの「ほうりなげるような歌いまわし」は再現できないし、リズムを間違うことになる。正しくスペイン民謡のリズム感で弾けている人はほとんど日本人でみたことがない。(注:日本に戻ってきてからね)
  4. 盗賊の歌。そのアーティキュレーションは正確に楽譜に書き込んである。各スラーの意味をしっかりと考えることで、だいぶ「本来のリズム」が再現できるはず。
  5. パガニーニ。ちゃんと楽譜を読むことで、いろいろなアイデアがでるはず。機械的に弾いたらロマン派にならない。レガートとスタッカートもしっかりと弾きわけること。立体感のある構成にすることが大切。あとキーワードとなる音(何回もでてくる音)にも意味を持たせること。
  6. 弾き始めるまえに「どのような場合でも」テンポ設定を自分の中で済ませること。
  7. トリーハ。美しい曲。和音はきりっとした音色でやったほうが、各音の分離が可能となる。柔らかい音は和音の各音の粒立ちを殺す。名器であれば、これは柔らかろうが硬かろうが、声部の分離が比較的実現しやすい傾向にはあるが。
  8. 音色の変化は右手のアングルによるところが大きい。弾弦位置がブリッジよりでも、まろやかな音はでる。音色は、アングル+弾弦位置によって無限のバリエーションが得られる。
  9. 音高が高い音ほとエネルギー量が多い。音量が大きいほうがエネルギー量が多い。フォルテアのワルツの連続するレの低音はPのタッチによる音量コントロールの練習に最適である。こういう風にどのような曲でもその生徒の欠点を補強するように利用できるのが、教育者の腕。
  10. だから、先日述べたように「まったく基礎から習いたい!」といっても、僕はその生徒が今までやってきた楽曲のなかでしばらく様子を見ることにしている。同じ曲を習っていても、教える側の手腕で、まったく違う様相を見せるのが曲というものだ。そこから生徒が今までの自分のテクニックや音楽観を再検討し、新しいディレクションに向かおうとする姿を見たいと思ってレッスンしている。
  11. そのディレクションに気づいたとき、まったくその生徒さんがやったことがない曲やメソッドで再確認していくことはある。
  12. アナクルーズ、デジナンス。頂点。車のドライビングに似ている。完全停止は楽曲の最後だけ。「あ、信号だ!」と思ってブレーキを軽く踏む。これがデジナンスのお尻のほう。さて、快調に60キロまでアクセルふかすかーと思って、60キロちょいでてしまうのがアナクルーズから頂点。でも、楽曲全体は平均60キロで。ブレーキ踏みすぎると、ある部分だけ40キロとかになってしまって、後ろの車からクラクションならされますよ。
  13. ヘンツェのノクターン。かなりゆっくり弾いてもフレーズ感が明確ならば、ちゃんと曲になります。
  14. 生徒に左手だけ弾かせる。私が右手。左手だけでもイメージがしっかりと作れるように。暗譜の確認。
  15. ヴィラ=ロボス。エチュード4番。リタルダンドとアラルガンドの表記の違い、ニュアンスの違いをチェック。ヒントは前後にある。グランジオーソのイメージもしっかりとつくること。アクセント後の音色の変化をしっかりとつけるべし。
  16. カルッリ45の17番。八分音符の音価をしっかりととる。ゆっくりとしたテンポで表現をつくる。全体のテンポ感をイメージするためにメトロノーム聴きながら練習すること。どの点でジャストに合うか?・・・ということを意識して練習すべし。アナクルーズの部分、デジナンスの部分をしっかりと定め、頂点にむかって「しっかりと向かっていくこと」。慌ててはいけない。慌てるとテンポが乱れる。
  17. ヴィラ=ロボス、プレリュード5番。中間部。音程に気をつける。3度以上の音程は基本的に「跳躍」とみなす。エネルギー量が高い。それを消化するための音の処理に気をつける。

 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

発表会に出る方へ(舞台上でのプロセス)

さて、10月24日は当教室の発表会です。
舞台上に出てから以下のプロセスを行います。

是非イメージトレーニングを!

  1. 舞台袖から舞台の椅子のところまで歩いていきます→足元注意!
  2. お客さんのほうに向かってにっこり笑います!
  3. お辞儀→イチ、ニイ、サンとゆっくり心の中で数えましょう!
  4. 椅子に座ります。体のセンターを意識します
  5. 足台や椅子の高さなど調節します。※ギターを床面におく場合は壊さないように注意を。お勧めはギターを抱えたまま高さ調整することです!
  6. 調弦します。(※調弦するフリでもいいです)
  7. (※調弦するフリをしながら)今から弾く曲の音程をとります。→最初の和音を軽く弾きながら「調弦するフリ」をするのも良い手段です。
  8. 頭のなかで今から弾く曲の冒頭1小節程度を何回も繰り返します。→適切なテンポが設定されるまで何回でも繰り返してください!
  9. そのまま脳内で繰り返しているテンポにのっかって、演奏をスタートします。
  10. (演奏!)
  11. 演奏が終了したら、ギターの音を消します。→ぴたっと音を切るか、フェイドアウト気味に切るかは楽曲によります。確認しておきましょう!
  12. 音が消えたら、そのまま微動だにせず「いち、にい、さん」と心の中で数えます→無音状態になってからすぐに立ち上がるとお客さんには「拍手をするタイミング」がわからないのです!
  13. 無音状態を3秒程度作ったら、体を起こします。→椅子から立ち上がれば、お客さんの盛大な拍手が起こるはずです!
  14. 丁寧にお辞儀します。このときも「スマイル!」&「いち、にい、さん」と数えてお辞儀します!
  15. 舞台を去ります。→この場合も足元注意!
  16. おわり!

上記のプロセスを家での練習のときも、実際数回繰り返してみましょう。

上記の「いち、にい、さん」と数えることは意外に重要です。ゆっくりと数えるようにしましょう。それによって、舞台上での動きが優雅に見えます。
お客さんに「慌てているなあ!」と思わせないことも、ステージマナーのひとつです。

舞台上で、どのようなアクションをするのか・・・しっかりとまとめておくことで「動揺」が減ります。

では、みんな、あと数日、がんばってね!!!

 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

今月の月イチ講座!〜ギターのフレットに詳しくなろう!

さて、今月末には九州のギタリスト、池田慎司さんが東京にやってきます。ちょうどよいので、今月の当教室の「日曜ワークショップ」は池田慎司先生に講師をやってもらうことになりました!
面白そうな講座です。面白いアイデアを持っているギタリストですから、きっと何か「!」ということが学べる講義となるでしょう!

是非、みなさん今から予定を空けておきましょう!

マンドリンやヴァイオリンでもOKです!・・・このあたりに深い意味が・・・(あるのかもしれません。)



2010年10月31日(日)

午前9時30分〜12時

講師:池田慎司

講座名:「クラシックギターステップアップ講座〜フレットボード上の音を覚える!」

(内容)
ギターは一般的に6本の弦が張られていますが、それら各弦のどこ(何フレット)を押さえれば何の音があるのか皆さんは知っていますか?

もちろん各弦の開放弦から丁寧に数えることで音を探す事は可能です(1弦の開放弦はミだから1フレットはファであるという様に)。
ところが曲が複雑になってくると、今まで使っていたファのポジションが、1弦でなく2弦や3弦で取らなければならなくなってきます。
結果ハイポジションで弾く事を余儀なくされる訳ですが、こうなってくると毎回開放弦から数えるとなると時間を浪費してしまいます。

「同じ高さの音が複数存在する」という弦楽器特有の機能を、「この音よそにもあるんかぃ。面倒くせ〜」と感じるか「ラッキーここにもあった。お陰でポジション取りが楽になった」と捉えられるかは・・・あなた次第!

音の場所の探し方は実にシンプルです。今回の講座では実際に譜例から楽器を使ってじっくり記憶する時間もありますので弦楽器なら(バイオリンでもマンドリンでも)どんな方も大歓迎です!

 

場所などの詳細はこちらでご確認ください。

日曜ワークショップ特別ページ


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ