レッスン覚書を書く前に、今日購入のCDについて、ひとこと。

Lucian Plessnerという人のCDを購入。どうしてかというと、アリリオ・ディアス編曲のナポリ民謡集を収録しているからだ。で、聴いてみた。

あれ?一曲足らんぞ?・・・そう、フニクリ・フニクラを弾いていないのだ。

まあ、それでも9曲までは収録してあるので、レアなものではある。フニクリ・フニクラは柴田杏里さんがCDにいれていたような・・・それでコンプリートか?

しかし、それにしてもディアス編は癖がある。

やはりディアスが弾かないと駄目なのかな?とも思う。Plessnerさんも、健闘はしているのだが、やはり微妙なノリとかニュアンスがちょっと足りない。

ちょっとマニアなCDでした。参考という意味ではとてもいいCDです。

 

さて、本日のレッスンメモ。といっても昨日のことですが。帰ってきて、だらだらしていると夜中12時を過ぎてしまうので、昨日の記録になってしまうことが多いですが、勘弁くださいね。

今日は現代ギター社でのレッスン。昼12時〜で、夜9時45分まで。とはいってもぎっしりではないので、途中GGショップで買い物をしたり、練習したりしています。

主婦の生徒さんのレッスンの覚書です。最近始めたばかりですが、音感が良いので進みはいいほう。で、話の流れで、「ギター侍って、どんなコード弾いているんですか?」ということだったので、教えてあげた。

これが一番印象に残ったようで・・・なんだかね。まあ、楽しんでくれればいいけどね。