昨日の国分寺クラスタでのライブレポートです。

弾きたがりS氏のブログに詳細がありますので、どうぞご覧ください。

(右手の写真のアップがいい感じです)

もちろんクラスタのライブレポートもご覧ください。

 

さて、個人的感想。決まりきったことをやるのは“ライブ”ではありません。

ということで、古い「ギターを弾こう!」のテキストから数曲演奏したり、会場に来てくれた楠君と即興2重奏をしたりしました。

(ちょっとやりすぎた?)

まあ、その場の雰囲気を感じ取りながら行う・・・というのがライブです。

そのあたりが分かっていない“ライブ”じゃない“ライブ”をやっているクラシックギタリストというのが多いですね。

というか、そもそも“ライブ”をやっているクラシックギタリストが少ないな〜。

私も国分寺クラスタでやり始めた頃、「芸が荒れるよ」という言葉をアマチュアのギタリストから言われたことがあります。

まあ、そのようなことを言われたことがきっかけになってライブとは何か?そもそも演奏とはなにか?ということを考えて毎回演奏しています。

 

さて、クラスタでの演奏で楽しいのが終演後の「お客さん弾きっこ大会」です。

私の生徒も数人来ていましたが、全員弾きました!

(偉い!)

発表会も4月16日と近いので、良いリハーサルになったと思います。

弾ける機会があれば、できるだけ弾く!というのが上達の条件です。どんなに恥をかいても、人前で弾くこと!・・・これが大事。