来週の当教室の企画の「神成理を聴く会」でのプログラムです。

いいプログラムです。

 

特にトローバの「ラ・マンチャの唄」は最近弾く人も少ないので、私自身が楽しみです。

 

テデスコ「悪魔の奇想曲」も名曲。

悪魔とはパガニーニのことです。

 

レイスは最近、びみょうにはやっていますね。

聴きやすく、美しい。定番になりつつある楽曲です。

 

まだ、若干空席があります。

予約はお早めに。

 

3つのソナタ・・・・・・P・アントニオ・ソレール(神成編)

n37、87、84

 

 ファンタシア・・・・・・J・アルカス

“Fantasía sobre motivos heterogéneos”

 

ラ・マンチャの唄・・・・FM・トローバ

Jeringonza / ヘリンゴンザ

Ya llega el invierno/もう冬がやって来る

Coplilla/ 小唄

La pastora/ 牧人

La Seguidilla/ラ・セギィデイージャ

 

悪魔の奇想曲・・・・・・MC・テデスコ

 

3つの作品・・・・・・・D・レイス

Si ela Perguntar / もし 彼女がたずねたら

Dois destino /二つの道

Xodó Da Baiana / ショドー・ダ・バイアーナ

 

カタロニア民謡による主題と変奏op25・・ジョンW、デュアート