ギター支持具についてまだまだ続いています。なんとか今日で終わらせますね。

私は多くの人にレッスンして来ましたが、アマチュアの方や当然プロも含めて、何故かギター演奏姿勢の相談を受けることが多いのです。

私が留学から帰国してホームページ上に書いた「ギター奏法論」というものを読んでもらえば分かるかもしれませんが、このあたりに反応してきた人が私の教室には多いのかもしれません。

私は基本的には現在ギター支持具は使いませんが、留学から帰国直後はギターレストを使用していました。留学中から使用していましたので、ほぼ3年程度は様々なタイプの支持具を使用しました。その当時書いたのが「奏法論」で、基本的な考えは変化していません。要点は自分の体の動きを中心に考えてギターを弾く・・・その一点だけです。

そういう考えからギター支持を使うのがベターだと考えていたのです。

しかし、どうしてもギターのアングルを演奏途中で変えるのが難しいのと、器具が外れるのではないか?という恐怖感から来る体の力みを拭いさることができませんでした。

あるときの演奏会で、演奏途中でギター支持具の吸盤が完全に外れました。曲終盤だったので、なんとか終わりまで弾きましたが、一瞬パニックにはなりました。

ですが、この経験が改めて自分の演奏姿勢を見直すきっかけとなりました。やはりギターの位置を『動かないように』『固定しよう』と足にかなりの負担が掛かっていたことが分かってきたのです。

それで、足台を使用することにしました。

足台を「地面」だと思えるように意識を変えていきました。地面に足をついているとき無駄に力んでいる人もいませんよね?。意識をそのように変えると、新たなギターと自分との関係を築くことができました。

現在、まだその感覚をより身近に感じようと努力中ではありますが・・・

足台を地面の感覚にするためには、しっかりとした安定したつくりのものが必要です。なので、市販されている様々な種類を試しました。(御陰で無駄に種類が増えました。)

 

冗談のような話ですが、「左足の部分だけ高くなっている床」があればな〜と最近思います。

左足の部分だけ丘のようにぽっこり高くなっている床・・・。少なくとも演奏会用のプラットフォームとして販売したら物好きな人は購入するかもしれません。(冗談のようで、本気かも・・・)

 

とりあえず、このテーマは一旦終了。

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング