1. 曲の解釈は、メロディー、リズム、和声・・・という3つにわけてまず分析。なれていないうちは、とりあえずひとつに集中。慣れてくると、これら全てを同時に考えながら解釈できるようになる。というよりは、できなければ曲全体の解釈は不可能。
  2. 一音では音楽として成立しない。次の音が現れてくるとき、やっと意味のある単位となる。
  3. 暗譜法。記憶術の本を読むとか、脳関連の本を読むと役立つ。これはギターだけでなく日常生活にも役立つ。
  4. mを弾くときもa、ch(小指)を連動させてみる。これでじっくりと音階練習していると、手の動きの仕組みがじょじょにわかってくるはずだ。aを動かすとき、chを連動させるのは言うまでもない。
  5. ラリータ・アルミロンの演奏。アラールの華麗なる練習曲などは参考になる部分が多い。ターレガがどのような演奏スタイルだったのかは想像や文献に頼るしかないが、できるだけ近い時代の演奏家のスタイルを研究することは楽曲解釈のうえで重要だ。
  6. セゴビア編ソルのエチュード5番、6番。アナクルーズとデジナンスと明確にすることが大事。これをしらないとフレーズ内の起伏が曖昧となり、ぼんやりとした演奏となる。フレーズの頂点はどこか?しっかりと把握しなくてはならない。
  7. ソル月光。リョベートの演奏は、楽曲全体を大きく捉えた演奏で参考となる。リズムの揺れは、3拍目と1拍目のつながりを意識したもので、なれないと気持ち悪いが、普遍的な西洋音楽のリズムとしては妥当なもの。最終フレーズのデジナンスの処理のしかたは、理想的。是非参考にすべし。
  8. セゴビア編、ソル。ソーファーミというつなぎのフレーズが次の部分で引き継がれていることに注意。そして、これを強調するためのアゴーギグの処理が大切。
  9. 複付点などの複雑な部分はとにかく分割して考える。四分で取れない場合は、8分でカウント。それでも駄目なら、16分でカウント・・・というようにいくらでも分割して、メトロノームで練習しよう。
  10. 細かい盛り上がり、落ち着く部分・・・を積み上げて曲全体の流れを作る。後半部分で、盛り上がりが続きすぎると逆に単調に聴こえるもの。緊張感を緩める部分(じらす部分?)を作ると、曲全体の緊張感は増すものである。
  11. プーランク、サラバンド。左手運指が絶妙。一体だれが運指をつけたのだろう。ギターのハイポジションとローポジションの音色を知り尽くした運指である。献呈されたイダ・プレスティかなあ?

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング