ひさびさのブログです。

かつて個人レッスンで行っていた「ギター教師養成講座」をやっと開講いたしました。もう第一回は終了。2月2日〜3日で行いました。

詳細は下記「ギター教師養成講座blog版」をご覧ください。

http://guitar-teaching.sblo.jp/

大きな告知をせずスタートしましたが、幸いなことに3名定員で、満席となりました。大まかなテーマを決めておいて受講生の意見などを聞きながら講義を進めていくというものでした。「教える上で知らなければならないこと(知識)」を整理することが今回の主眼でした。ギター奏法上の変遷やギター史、奏法史、エチュードなどの分類・・・ギターを教える上では多くのことを知らなければなりません。もちろん「教えるためのテクニック」(ティーチングやコーチングの技術)を教えることだけでも役にはたつのですが、「教える」ということの責任感はより大きいものであるという観点から講座を進めることにしたのです。

この講座を開講するにあたって準備に時間がかかったのは、実はこの点であって、まずは「クラシックギターを教える」「音楽を教える」ということの社会的な意義がはっきりしないと講座そのものが漠然としたものになると考えたのです。この点を講座の最初で定義づけすることからスタートしました。この求心点を定めておくと、そのほかの知識的な部分の意味がわかってくるのです。(実際に講座をおこなっていてもそうでした)

この講座は一般のギターを学んでいる人にも役立つと思います。「学ぶべきものが理解できた!」という感想もいただきました。おそらく受講すると「クラシックギターというのは途方もなく広い世界なんだなあ!」と実感できると思います。

次回は5月です。詳細などは「ギター教師養成講座blog版」をこまめにチェックしてください。

 

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング