1. 練習の仕方を学べる人は必ず上達する。
  2. 和声と楽曲分析。難しいことは考えず、とりあえず其の曲のドミナントとトニックを探す。そして、そのドミナントへどのように緊張感を高めているかを分析。
  3. パターン=安定(&予測)。パターンを破る部分に音楽の緊張感が生まれる。もしパターンを用いて緊張感を高めなければならない場合は、なんらかの工夫が必要でもある。
  4. 消音すべき音を気づくために、最初ははっきりと全体を弾く。そうすれば「濁り」が気になるはずである。開放弦が登場したときに、常に注意。あと、楽譜の段が変わるときに忘れがち。
  5. 版について。どの版を選ぶかは、その作曲家の作品についての知識が必要。出版史とでもいうのだろうか?…録音史といってもいいし。どのように普及していったか、誰が弾いたことによって人気になったか?…など色々と知らなければならない。
  6. 左手のスラー。しっかりと形を決めてから、それを崩さずに指盤上に指を落とすこと。関節のロックをチェック。
  7. 私が問題点と思っているところと、生徒さんが自分で気づける問題点が一致するまで、レッスンは続くのかもしれない。
  8. 左手をしっかりと押弦してから、右手を弾く。あたりまえであるが、これができている人は極めて少ない。特にコンクールのようなミスが致命的なものとなる場合には、その方針で攻める。そして、その中で音楽的な必然性を失わないアゴーギグを設定する。本人の中に内在する「理想の音楽」とは違うのかもしれないが、破綻するよりはマシである。
  9. ディアンス。リブラ・ソナチネ2楽章。最初の符割り。適当にとってはいけない。あと、ハーモニクスにひきずられてテンポを崩さないように。
  10. ソルエチュード。イエペス編5番。amiの流れを崩さない運指となっている。また右手全体のフォームを崩さない運指となっている点にも注意。
  11. さくら変奏曲。日本的な情緒をところどころに感じさせることが大切で、それは音色だけでなく、リズムの感じ方にもいえる。

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング