先日、1月17日(土)に行なわれましたギター連盟主催の「ギター大好き、みんな集まれギターコンペティション」の関東甲信越地区予選に審査員として、先年にひき続きいってまいりました。

審査員は他に、山内 淳、坪川真理子、藤澤 和志。私を加えて4人で審査。朝11時〜午後7時まで…途中、休憩はありますが、その間も各部門の賞を決めておかなければいけません(記憶が新しいうちに…ですね)。

ああ、審査したなあ、という感じ。

でも、非常に楽しく、聴かせていただきました。みな自分の弾きたい曲で参加していますので、非常にバリエーションに富んでいます。だから、飽きないのですね。熱意も伝わってきますし。

以下、金賞と特別賞のみ書いておきます。金賞受賞者は全国大会へコマをすすめます。がんばってください!!(敢闘賞、熱演賞、努力賞が特別賞です)

A部門(11才以下):鬼塚大輔、原田斗生

B部門(12〜15才):斎藤優貴、菅沼聖隆/敢闘賞:鈴木智大

D部門(23〜35才):椎葉太一/熱演賞:矢吹通康

E部門(36〜50才):関口隆正、志賀和浩

F部門(51〜65才):鈴木幸男、中里一雄、種谷信一/熱演賞:岡島正修、敢闘賞:大内廣、努力賞:勝野るり子

G部門(66才以上):萩原ゑみ子

 

全世代を対象に…ということでしたがC部門(16才〜22才)の参加者がゼロ…というのは寂しかったですね。高校生〜大学生にあたり、勉強や受験で忙しいのかもしれません。

このイベントの審査を昨年もやらせていただきましたが、やはり全世代が集まったら、面白いのになあ、というのが私の感想。世代ごとになんとなく共通したものがあって、それをみていると「ああ、人生ってこういうものなんだろうなあ」と思えるわけです。

おそらく、C部門が補完されていたら、もっとその「人生」が見えてきたのになあ、というのが惜しいです。ギター連盟として、この点は課題だと思います。

審査をしての感想です。金賞はスンナリと決まるものですね。銀はかぎりなく金に近いのですが、音楽表現、技術のバランスが悪かったり、片方だけが抜きん出ていたり…。特別賞は、「何か光るものを感じる」演奏をした人に授与されました。

全国大会は3月29日です。詳細はギター連盟ホームページなどでご確認ください。

http://www.guitarists.or.jp/


 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング