さて、記憶と演奏(予測と裏切り)の第3回です。

昨日のブログでは下記の本を紹介しました。

演奏法の基礎―レッスンに役立つ楽譜の読み方

認知心理学的なアプローチで演奏解釈というものを考えようという本です。具体的にいうと第4章がその解説に割かれています。

私のレッスンを受ける人は、是非読んでおいて欲しいなあ、と思う本です。

(もちろん、私のレッスンを受けていない人でも役には立ちますよ!)

さて、パターンと裏切り…というテーマでもうちょっと文章を書いてみましょう。

一般的にパターンというものを徹底して用いているものとして、ぱっと思いつくのがやはりポピュラー音楽ですね。

ボサノバとか、ロックとか、ブルーズとか…やはりリズムそのものに「定番のパターン」があるわけです。

実は私は、そういうのを研究するのが大好きなのです!!(別に声を大にしていわなくてもいのですが…)

 

なので、簡単に実際の例を出していきましょう。(てきとーな箇条書きです)

  1. 何故YMOで細野晴臣がベースラインをシンセサイザーで指弾きしているのか?
  2. ロックという分野でも、「プログレ」という分野のリズムに変拍子が多い理由
  3. スタジオミュージシャンがやるブルーズが何故か眠くなるのは何故だろう?(上手いはずなのに)。昔の地元のおっさんたちがやるブルーズが眠くならないのは何故だろう?(ギターのピッチもあってないし、合ってないところ一杯…正直言えば下手なのに)。
  4. (私の実体験)昔某営業仕事でボサノバ演奏のBGM仕事をしたとき、ギターのリズムを聴いていたらどんどん眠くなっていって“ある種のトランス状態”になった。もちろんきちんと演奏はしましたが…。

ぱっと思いつくだけでも、そして最近の例でも上記のようなことを生徒とレッスンで話し合いました。それらはすべて上記の「パターンと裏切り」理論(?)で説明することが可能でした。

もちろん、それらのことをクラシック音楽の解釈の問題点として話すことができます。(当たり前ですが、私はクラシック音楽の専門家です!)

 

…という上記のようなことをブログ記事に書くのに、用いているBGMは「ブラックサバス」だったりします。

やはりギーザー・バトラーのベースにも、なんともいないグルーヴがあります。でも基本は8分音符です。これを「パルスの均質化」といいます。

これが、非常に文章を書くのに、心地よい進行感を与えます。でも、ギーザー・バトラーのグルーヴ感がなければ、とげとげしいです。楽しい気分でかけません。純粋なテクノ(グルーヴ感なし)のものを文章を書くためのBGMにはできません。ベートーベンの交響曲もBGMにはできません。そしてソルの音楽も。

何故かというとベートーベンとかソルの音楽を聴くと「分析」してしまうからです。記憶を使わなければいけません。身体だけでは対応できない音楽だからです。

ちなみに今聴いているBGMはこれ。

Heaven and Hell

ロック&音楽に詳しい人は、何故私がBGMにこのアルバムを選ぶか分かるかもしれません。

…これについては上記にヒントは書いておきましたので、是非みなさん考えてみてください。

なんどいうようですが、このブログ、クラシック音楽家が書いているブログです。私のなかではブラックサバスもソルも同じように「素晴らしい音楽家」であるのです。

という感じ、なんだか、テキトーな締めくくりとなってしまいましたが、なんとなくお分かりいただけたでしょうか?

 

わからない?…まあ、いいです。

是非、レッスンにお越し下さい。「なんとなく」分かるようにはしてあげます。

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ