ギター奏法についての「基礎の見直し」を1月の日曜ワークショップ(通称“月イチ企画”)で行ないました。

約2時間強の講義でした。

みなでギターを持ち、ギターの奏法理論を根本からチェックしました。

その様子はこちらでご覧下さい。

http://guitar.livedoor.biz/archives/51839099.html

 

何故ギターから音がでるのか?

どのようにして音色を変化させるのか?

右手の指の動かし方と機能は?

右手の爪の削り方は?

…上記の点を最新の研究をもとにレクチャーいたします。カルレバーロ奏法、ターレガ奏法、セゴビア奏法…様々な「奏法」(流派?)がありますが、特定の奏法に帰属したレクチャーではありません。

そのいずれも奏者自身の「合理性」に基づいた奏法であり、その根本にある思想は同一です。

「弦=振動」であり、できるだけ身体の構造に合致した動作でその「振動」を「音色」に変換する方法を学んでいただく講座です。自分に合ったフォームを探すためのヒントを伝授いたします。

奏法を考えるためのヒントを与える講座であると考えて下されば結構です。もちろん具体的に音は出していきますし、個人へのアドバイスもいたします。

門下問わず、多数の方の参加をお待ちしています。

期日:2009年3月22日(日)午前9時30分〜12時

場所:渋谷リフレッシュ氷川 多目的室C

参加費:2,000円

準備物:クラシックギターと足台

申し込み:不要。当日会場に直接お越し下さい。参加費も当日徴収いたします。

より詳しい詳細は下記でもご確認いただけます。

http://guitar.sakura.ne.jp/school/contents/tsukiichi.html

 

事前に「こういうことを知りたい」などリクエスト、質問などあれば、下記メールにお送り下さい。

tommig@livedoor.com

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ