私が教えている生徒たちで、ブログを立ち上げている人が増えています。

一部には一般非公開でやっている生徒さんもいて、それはそれで本人と私とのネット上での「レッスン内容チェック」という趣もあって、お互いに勉強にはなります。

あと、私にはアドレスを教えないで、こっそりブログやってレッスンのこととかメモ書きしている生徒さんもいるようです。

(隠してないでアドレス教えなさい!!)

さて、最近も私の弟子2人がブログを始めました。

ひとりは現在私のところで習っている生徒の中で、1番の古株であります尾野桂子さん。すでにプロとして活躍中です。教えたり、演奏したり…。とってもがんばっています。まだ私のところで勉強してくれています。

http://blog.livedoor.jp/ono_guitar/

 

もうひとり、ブログ始めたばっかりです。

プロを目指して修行中の宮島幸太郎君。みなさんで応援してやってください。(噂によると)教室会報で連載中の「悩むコータロー」が読めるそうです。

http://blog.livedoor.jp/xxxfana_lunaxxx/

 

文章というものは、普段と違う生徒さんの姿が見えて非常に参考になるのです。レッスンの覚書をつけるにしろ、発表会の感想を綴るにせよ、文章にはやはり各人のフィルターを通しての世界が広がっているわけですから。絶対に私が見過ごしている何かがあると思うのです。

生徒さんにはレッスンのことなどをメモ書き程度でもいいので、ブログなどに書くことを勧めます。頭の整理にもいいですし、自分が思っている以上に過去のレッスンでいわれたことなどは忘れやすいものです。簡単でいいから文章化することで、記憶が定着します。

そして、更にそれは自分のアーカイブとして機能します。コンピューター上の利点としては、キーワードなどで検索も可能です。なんでもメモ書きとして残しておけば、あとで自分の脳内を検索することが可能となってくる…のですね。

実は私もときどき自分のブログに書いたことを「検索」します。

「あ、何か右手のテクニックについて書いたことあったなあ…」とか「モンポウについて何かまとめたことあったなあ…」とか…。

そうすると、忘れていた思考の断片がちゃんとブログに記録されているわけです。

かれこれ、このブログも2005年2月から書いていますので、過去を読みかえすと「新しい発見」とか「未解決事項」とかが発見できるのですね。そして、それを参考にすることも多いのです。

生徒のみなさんには、ブログを始めることをお勧めします。

アドレスは教えてもらえれば嬉しいです。

ちゃんとチェックしてあげます(余計なお世話?)。

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ