まずは写真をご覧下さい。

090403_2345~01

なんだか意味不明な組み合わせ。

タイトルどおり、友人(ギタリスト)の本人のお仕事と、友人(ギタリスト)のご兄弟のお仕事のご紹介です!

ギタリスト坪川真理子さんのお兄さんは作家です。

結城充考さんといいます。

光文社のミステリー文学大賞新人賞を受賞されました!

…という話を先日のギター連盟主催「ギター大好きみんな集まれ!ギターコンペティション」の審査員控え室でされました。

宣伝してね〜!と言われたので、その通りしておきます。

そして、宣伝用に雑誌ダ・ヴィンチのカラーコピーを頂いてきました(強奪?してきたという噂も…)。あと、坪川さんの推薦文も貰ってきました。教室に張っておきますので、生徒のみなさん見てくださいね!!

アマゾンのリンク張っておきます。

どうぞ。

プラ・バロックプラ・バロック
著者:結城充考
販売元:光文社
発売日:2009-03-24
おすすめ度:3.0
クチコミを見る

ゴールデンウィークの読書にいかがですか?

 

さて、金曜日は現代ギター社で私はレッスンしているのですが、お隣にもうひとり先生がいます。益田正洋君です。彼が新譜を出しました。そして、お隣のよしみでプレゼントされちゃいました!!

なので、宣伝しておきます。非常に録音もよく、彼の持ち味である「勢い」がある素晴らしいCDです。ヴィラ=ロボスのギター独奏作品集です。

難曲ぞろいであるヴィラ=ロボスのギター作品ですが、非常にクオリティの高い演奏です。テクニックは確かです。しかし、それに溺れずにしっかりと緩急をコントロールしています。勿論、益田君はテクニックに余裕がありますので、「逃げ」の表現へはいきません。勢いを貫き通すところは貫いています…それがとても心地よいアルバムとなっています。

初心者〜上級者まで、参考になるアルバムでしょうね。使用楽器ロマニリョスの響きもすっきりとしていて、気持ちいいです。

詳しくは発売元fontecの新譜案内でどうぞ。

 

さて、また1番最初の写真にお戻り下さい。

向って左側にあるのが、普段私が使っている月間レッスンスケジュール表です。これがとっても細かい!!…のです。なので、とうとう大枚をはたいて買いました!!(とはいっても1000円ちょっとくらいですが…)

「くるとが」です。ほんとうに常にシャープな線がひけます。私はけっこう文房具にはうるさいほうなのですが、この「くるとが」は高校生の女の子の生徒さんが教えてくれました。今、高校生の間で大ブームなんだそうで。

こまかーい生徒さんの名前を書き込むには最適な文具です。素晴らしいです。このよろこびは、「メンディングテープ ハンドカッター」以来かもしれません(これは大概の生徒さんに見せると『すげー』と言ってくれます)。

ということで、今日の記事は、「ギタリスト関連」ということで、CDやら本やら文具の紹介でした。

みなさん、是非、本、CD、文具…お買い求めください。

 

BLOGランキング(今このブログは何位かな?)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ