1. ジュリアーニ「ラ・メランコニア」。ドミナントートニックの和声解決における低音の処理には細心の注意を払うべし。左手の運指を丁寧に見直すことも大切。
  2. 右手。アポヤンドにおける第3関節(指先に1番近い関節)の固定具合がとても大切である。どのくらい固定するか?…によって弦の振動方向が変化する。変化すれば音色も変化する。一般的にこの関節のコントロールにはかなりの集中力が要求される。無意識にやると大概は緩んでしまう傾向にある。そして緩んでしまう「悪癖」を身につけてしまうと右手のフォームは崩れやすくなる。
  3. 基本的には独奏楽器であるクラシックギターは「リズム面」で無意識になりやすい楽器である。一般的には早いアルペジオの部分などで、音と音の間が詰まってきたり、つっこんでいったり…アッチェレランドがかかってしまう傾向にある。独奏楽器奏者には必ずアンサンブル経験が必要である。
  4. レッスンをするときにはいろいろな表現を使う。同じアクションを教える場合でも「押すように」と言ったり、「つぶすように」と言ったり、「弦の張力をしっかりと感じて」と言ったり…。その時々の生徒の状態によって、こちらもボキャブラリーを変えていくものである。
  5. 初心者の生徒は時に右手の弾弦位置が極端にブリッジ寄りに行き過ぎたり、またはその逆(つまりスル・タスト)になりすぎたりするものである。基本弾弦位置はギターのモザイクの上であると意識すること。この位置の張力に慣れることがとても大切。
  6. ハ長調の音階。ミーファ、シードの半音の意味を考えて練習する。音楽的なトレーニングである。その後、簡単な同じ調のエチュードなどを練習して音楽的に解釈するようにする。ソルのエチュードなどを徹底的に利用すると良い。
  7. 非和声音の種類、扱い方を一時期、徹底的に勉強することが大切だ。自分が作曲家になったつもりで、もとのメロディーはどのようなものであったのか?…そしてそれをどのように作曲家が(非和声音などを用いて)変化されていったのか?…じっくりと考えよう。

BLOGランキング(今このブログは何位かな?)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ