「シルバーウィーク」特別連載企画です。

「教える」ことについて書いてきましたが…とうとうこれで最終回!


さて、最近とくに気になるのですが、情報に惑わされる生徒さんが多いようです。

インターネットではこういっていました…とか、「〜奏法」というのではこうやるそうです…とか、知り合いのギター弾く人がこういってました…とか。

いままでの連載でいってきたとおり、それは「その人自身にのみ有効なテクニック」かもしれません。そういう可能性があることを知っておいてください。

もちろん、そのことを自分で実践し、役にたつと思ったら取り入れればいいわけですが。

まずは、私のところに習いに来るのであれば、こちらの知識量と経験値、その時点での私の奏法理論を信頼してください。現時点で私が「普遍的」とおもうことをレッスンでは伝授しています。

そして、この理論は今後修正、変更される可能性もあることも同時に知っておいたほうがいいです。

最終的に楽器演奏、音楽というのは「独学」であると思っています。各自が多くの知識の中から、それぞれの奏法、音楽観を形成していくしかありません。なので、巷に溢れる情報から勉強していくのも一つの方法であると思います。

ただし、一般の方は、それらの大量の情報に流されてしまう可能性があります。なかには「明らかにそれは違うだろ!」という情報もあります。先生につかない「独学」は非常に危険度が高いのです。

一例をあげましょう。

「Fコードで挫折」という考え。

これはよく見かける「有名フレーズ」です。実際今まで300人近く、生徒をレッスンしてきましたが、そのような人は出会ったことがありません。

段階的に学んでいけば、セーハ(バレー)にはひとつのコツも秘伝も必要ありません。

間違ったイメージが伝播していった恒例だと思っています(似たようなことを先日の藤井眞吾先生が公開レッスンでいったいたことを思い出します)。

コンサートの打ち上げなどで、独学でギターをやっている方から「セーハのコツはありませんか?」という質問がよくあります。このこと自体がいかにもっとも初歩的な奏法の理論が浸透していないか…ということの証明であると思っています。

ということで、まとめにもなんにもなっていないかもしれませんが、「教える」ってことは実に面白いです。


考えることが好きな人間、勉強を続けることが好きな人間、柔軟な考え方ができる人間、自分の理論を自分でしっかりと実践している人間…「教えること」によって、自分がきちんとした人間になろうと意識することができます。

「先生」という仕事が、昔から尊敬を集めていた理由が分かってきたような気がします。

ということで、「教える」こと…連載終わりです。

また、近い内容のことを書くとは思います。

BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ