ハロウィーン落雁

生徒さんからは本当にいろいろなものを貰います。今日頂いたのはこれです。ハロウィーンにちなんだものです。お菓子なのですが…

落雁(らくがん)です。和菓子屋さんのハロウィーン小品ということ。淡い色調が素敵で、可愛いです。レッスン室に飾ってます。(多数の目玉おやじとともに!)

さて、最近また初見に強くなる方法を質問してくる生徒さんが多いですね。

簡単にいうと、「量」です。とにかくがんがん楽譜を読んでいくことです。なんでもいいです。簡単に弾けるエチュードなどをとにかくかたっぱしから弾いていくことです。

「ストリング」の10月号にある連載記事、森元志乃さんの「ヴァイオリンぶらり旅」がとても参考になります。(※これは主にヴァイオリン、チェロなどの弦楽専門誌です。実は私の愛読書です。たまに買います)

以下、上記の記事から引用します。初見の「ルール」を挙げています。

間違えず止まらずに弾くことを目標とする
弾く前に譜を見る時間は取ってもよい(実はここがポイント!)
弾き始めたらインテンポ、絶対に止まらない
同じ曲を2回弾かない
毎日30分ノンストップで次々弾き続ける

よくまとまっています。ヴァイオリンでなくても応用できます。
あとはどのような教材でやっていくか?…ですが、クラシックギターであれば、全音のギターエチュードシリーズなどがお勧めかなあ、と思います。

ギタルラ社のシャイトギター曲集シリーズなどもいいかもしれません。

いろいろと思いつきます。とにかく、最初はやさしめのエチュード集などからやってみることをお勧めします。

そして、上記の森元さんも追記していますが、昔やったエチュード集や教本なども「初見ルール」でやってみることもお勧めです。

ジョン・ウィリアムスは若い頃、ソル20のエチュードを毎日1番から20番まで毎日通していたようです。結果『初見能力が身についた』といっています。膨大なレパートリーをもっているジョンのことですから、同時にありとあらゆる曲を譜読みしていたに違いありません。

その結果、驚異的な初見力が身についたということかもしれません。

余談かもしれませんが、教える立場の身になってから、私は初見力がアップしたように思います。考えてみると、昔自分が勉強したエチュードなどを生徒さんのレッスンを通じて、その場で「読んでいる」ことになります。お手本を示したり、その場で表現の可能性を探ったり…結局、上記の「初見ルール」に近いことを毎日レッスンの場でやっているわけですね。

初見ができるようになるととにかく楽しいです。思いつきで友達とデュオを楽しんだりできますから。

プロになりたい人であれば必須の能力でしょうね。選曲のときなど、「これはどうだろう?」って感じで楽譜を棚から引っ張り出してきて、せーの!でリハーサルなんてことはざらですから・・・。

ということで、ありとあらゆるレベルの方に初見の練習はお勧めです。

上記の「初見のルール」、守って1年間やってみてください。驚くほど楽譜を読むのが楽になります。


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ