さて、2009年度概観。執筆活動編です。

なんの因果かギター史に関しての記事を頼まれることが多いです。

まずは大きい仕事が「タレガの時代」です。

アルベニスのギター編曲についても書きました。

ほか、ローマ時代に女性ギタリストに絡んで、ギターの歴史を概観する・・・という記事も。

あと、セゴビアの初来日についても記事を書きました。


ギター史に関しての、「ネタ」はたくさんあります。

ネタはどのようにして拾ってくるのか・・・これは日常の活動から得ていくことが多いです。何か疑問に思ったら調べる・・・そして「ほほお!」と思っておくと自然にネタは溜まってきます。

実は記事を執筆しているときにも「ネタ」は溜まっていきます。

あ、このテーマをもっと広げたら面白いだろうなあ!っていうのをストックしていくわけです。

御陰で、ひとつ記事執筆依頼を頂くたびに、ふたつかみっつは「研究テーマ」が増えます。

ということで、今後も研究したいことが一杯です!

困ったことに時間がありません。でも、隙間時間を見つけて研究していきます。応援よろしく!!

今年の大きなテーマは「カタルーニャ」かな?・・・と勝手に思っています。ソルもアルベニスもこの地方出身ですし・・・。


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ