昨日は恒例の日曜ワークショップでした。

今回は私の担当。ギターの基礎技術についてのワークショップです。15名ほどの人に参加していただきました。

指の関節を解剖学的に解説。もちろんギターを弾くという前提でポイントを絞って解説です。

左手の押弦の原理とポジション、各弦上でのフォームを定めるうえでどのように関節が用いられているか?・・・またそのトレーニング方法を伝授しました。

日曜ワークショップ2010年6月










毎回、講座にでてくれている人はほとんど問題なし!・・・そして経験者も多かったので、「80パーセント」フォームはできている・・・というわけで、よりブラッシュアップしていく方法を講義の中心とし、時間もあったので、各自へのアドバイスを多めにしました。

日曜ワークショップ2010年6月

















手根部分とCMC関節の柔軟さが腕とのリンクと密接に関わっていること・・・については最後にチラッと触れました。

日曜ワークショップ2010年6月

















昨年の池田慎司さんのテクニック講座に出席したかたは、「!」と思ってくれたはずです。

次回の私担当のテクニック講座は8月の予定です。

是非、多数の参加、お待ちしています。

尾野桂子さんのサイトにも、講義の内容が記載されています。あわせてお読みください。


http://blog.livedoor.jp/ono_guitar/archives/1436591.html




BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ