1. 拍子の重さ、軽さがあることは意外に知られていないし、実に教えにくいものではある。物理的な運動をイメージを伝えることで伝授は可能なものであるが、それを各自「もっとも自分のイメージに近いもの」に変換し、しっかりと同化していく作業が実はなによりも大切である。
  2. 和音は思っているよりも、バランスよく鳴らすのが難しいものである。これはある行って期間しぶとく意識しておいたほうがよい点である。
  3. ポジションの把握がしっかりとできるとスラーも安定してくる。
  4. 上行スラーはできるだけ押弦と同じ指の形で行う。要はスピードが大切である。力ではない。
  5. 上行スラーのときの指の関節のロック状態をチェック。「とんかち」にすること。これも上記同様「力む」ということではない!
  6. シンプルな曲を正確に弾こう。楽譜どおりに弾こう。それが「正しい音楽」への道だ。そこを逸れて、先を急ごうとしてもどこかで破綻がくる。
  7. エチュードだといっても、それを「楽曲」として愛することが大切だ。特にヴィラ=ロボスなどにはもっと貪欲になって欲しい。たとえ技術的な課題しか出していないとしても、「好きになって欲しい」楽曲のひとつである。そして、そうすることによって技術への執着が自然にでてくるのが望ましいのだ。
  8. 「音楽性を大切に!」と「技術を大切に!」というのは、鶏が先か、卵が先かという問題と一緒。
  9. 左手の押弦はまずは指先が原則。その原則を破る場合もある。ひとつは消音。そして、もうひとつは低音弦でのノイズ除去。後者のためには、まずは正しい押弦ポイントをマスターすることが大切。
  10. ヴィラ=ロボス、プレリュード5番。中間部の和声の解決を考えるとうねりがでてくる。3拍子と2拍子、、、どのように小節を分割するかも考えること。
  11. 今から、クリスマスソングを練習しておくのも悪くない。江部先生編「クリスマスソング集」は素晴らしいでき。ハ長調の5ポジションの読譜練習には最適かも。はずしたら絶対に「耳でわかる」ので。
  12. 練習時間を生み出すための自分のスケジュール管理は小学生のうちから始めてもよい。まあ、これ教えるのは本来親なんだろうけど・・・。
  13. 昔やったことは確実に覚えておこうという「システム」を作って欲しい。メモをとるのでもいいし。何度でも教えるけどね。
  14. コンポステラ組曲。カンシオン。まずはメロディーを把握。それから伴奏部分を把握。それらが、それぞれの道を歩んでいると考えたほうが理解がしやすい。それぞれに耳がなじんだら、両者を組み合わせて弾いてみる。思っている以上に技術上の怖さがなくなるはずである。
  15. ポジションの各指配置をしっかりと身に着けることを大切に。それになれたら、腕の重みを各指に伝達するように考えるべし。段階をおっていくのが大切。すべてを最初からマスターできないと心得るべし。
  16. こどもギター教室の「ラ・クカラチャ」。けっこう複雑なアンサンブルになっているので、耳を鍛えるという意味ではとてもよい。正確に弾く、という概念を育てることができる。
  17. 悩んでいても一歩前に進むことはできない。練習法で悩んでいる暇があるのであれば、5分でもよいので練習すること。そして長い期間にわたって上達ということを考えること。それと同時に思考をとめないこと。この場合は「前向きの思考」である。
  18. 曲をブロックごとにわける。3回成功したら、次のブロックを。そして、各ブロックをつなげ、同じことをやる。そうすれば、適切に弾けるようになっていく。
  19. 次の和音の左指のイメージを完全に作ってから次の部分にいくべし。当たり前のことのように思うかもしれないが、意外にできている人が少ない。
  20. 装飾音は一度全部とって弾いてみる。和声の進行などが見えやすくなるはず。カルリ45の36番。
  21. ロシアの思い出。左手のポジションを整理。そして、指を離すときの意識をもっともつこと。

 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ