さて、10月24日は当教室の発表会です。
舞台上に出てから以下のプロセスを行います。

是非イメージトレーニングを!

  1. 舞台袖から舞台の椅子のところまで歩いていきます→足元注意!
  2. お客さんのほうに向かってにっこり笑います!
  3. お辞儀→イチ、ニイ、サンとゆっくり心の中で数えましょう!
  4. 椅子に座ります。体のセンターを意識します
  5. 足台や椅子の高さなど調節します。※ギターを床面におく場合は壊さないように注意を。お勧めはギターを抱えたまま高さ調整することです!
  6. 調弦します。(※調弦するフリでもいいです)
  7. (※調弦するフリをしながら)今から弾く曲の音程をとります。→最初の和音を軽く弾きながら「調弦するフリ」をするのも良い手段です。
  8. 頭のなかで今から弾く曲の冒頭1小節程度を何回も繰り返します。→適切なテンポが設定されるまで何回でも繰り返してください!
  9. そのまま脳内で繰り返しているテンポにのっかって、演奏をスタートします。
  10. (演奏!)
  11. 演奏が終了したら、ギターの音を消します。→ぴたっと音を切るか、フェイドアウト気味に切るかは楽曲によります。確認しておきましょう!
  12. 音が消えたら、そのまま微動だにせず「いち、にい、さん」と心の中で数えます→無音状態になってからすぐに立ち上がるとお客さんには「拍手をするタイミング」がわからないのです!
  13. 無音状態を3秒程度作ったら、体を起こします。→椅子から立ち上がれば、お客さんの盛大な拍手が起こるはずです!
  14. 丁寧にお辞儀します。このときも「スマイル!」&「いち、にい、さん」と数えてお辞儀します!
  15. 舞台を去ります。→この場合も足元注意!
  16. おわり!

上記のプロセスを家での練習のときも、実際数回繰り返してみましょう。

上記の「いち、にい、さん」と数えることは意外に重要です。ゆっくりと数えるようにしましょう。それによって、舞台上での動きが優雅に見えます。
お客さんに「慌てているなあ!」と思わせないことも、ステージマナーのひとつです。

舞台上で、どのようなアクションをするのか・・・しっかりとまとめておくことで「動揺」が減ります。

では、みんな、あと数日、がんばってね!!!

 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ