昨日は朝から月イチ講座(日曜ワークショップ)を行いました。
今回はソルの教則本の「3度」の考え方を概説しました。

いってみれば音楽理論講座ですね。とはいっても一杯弾いて貰いました。
結局、理論をしっても脳みそのなかだけのものであれば、意味がありません。それを実際に自分の指で実現できるかどうか?・・・そしてどのように感じるのか?

指板で遊びながら、練習していくしかないのです。

昨日は若い方の参加も含め、たくさんの方に参加していただけました。毎回じょじょに「富川ギター教室外」の方の参加が増えてきているのが嬉しいことです。

2010年11月14日ソルの3度理論講座












自分自身の経験からいうと、こういう機会には是非「自分から積極的に参加すること」が大切だと思っています。なにかのしがらみにとらわれてチャンスを逃すことのほうが長い人生を考えると(特にプロ志望の方などにとっては)損のほうが多いといわざるを得ません。

さて、ソル講座のお話に戻ります。

ソルが3度をギター上で実現すること、そして、それをギターの機能性の中でスムーズに(自動的に)実現すること・・・これをギター音楽の作曲上における最大のヒントとしたことはいうまでもありません。

そのヒントはギターの調弦の中にあります。

そしてソルが3度について執着したのは、やはり音楽史の流れのなかで必然であったともいえます。 そして、その後もバークレーなどのジャズ理論、ポピュラー音楽の流れにおいても3度堆積による和声理論は主流となっていきます。

いずれにしても3度というものが音楽理論上どういうものであるのか、そして、それをギターの機能性のなかで生かすためにはどのようなアプローチがあるのか?・・・これを知ることがギターのフレットボードの知識を深める意味で重要なことなのです。


午後からはアンサンブルの指導です。クリスマスに行う門下でのコンサートのために弟子の宮島君がクリスマスソングをアレンジしてくれました。

非常によいアレンジです。丁寧に推敲を重ね、音楽を作っています。それを指導したわけです。

あくまでも楽譜どおりに丁寧に弾いてもらうことを主眼に指導します。僕はいつもそうです。まずはそこから音楽というのはスタートします。休符、音価・・・きっちりと書かれているものはしっかりとそのとおりに・・・。

この当たり前のことをやって、そこから音楽が生まれてきます。そして、そこに作曲者なり編曲者の意図が含まれているのです。


実は、このアンサンブル、12月11日に本番なのですが、もうひとつサプライズがあります。おそらくクラシックギター界初の試みです!



期待していてください。


 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ