ちょっと不思議なタイトルのブログ記事です。

いつまで経っても、教えるのは難しいですね。「え?それは当たり前でしょ?」っていうことが、意外に生徒さんにとって普通じゃないことが多いものなのです。

最近、気づいたことをまずは1点だけ書いておきます。

練習するとき、「えんぴつ」一本身近に置いておこう!

・・・習慣でしょうね。

とにかく練習するときは、運指を書き込んだり、気づいたことを書き込むために「エンピツ」を譜面台の上にでも転がしておきましょう。

そして、楽譜に書き込むことに躊躇しないこと!!

だから「鉛筆」なのです。

鉛筆は消せますから・・・。書き込みが多くなったり、楽譜が見えずらくなったら消しゴムで消してしまえばよいのです。


結局、生徒が「家でどのように練習しているのか」は教師にはわからないのです。他にも練習の必需品っていうのは沢山ありますね。各自、少しずつ「揃えていく」ことが大切でしょうね。

思いつくままに書いていくと、録音器、楽典や音楽辞書、メトロノーム、爪やすり、練習メモ帳・・・。

でも、まず「鉛筆」でしょうね。なんといっても。安い!

そして、もっとも練習効率をあげてくれるものだと思っています。


・・・というふうに、教師といえども、家でみんながどのように練習しているかはまったくわからないものです。まだまだ「修行」しなくてはいけませんね。



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ





富川勝智

Facebookページも宣伝