2015713日〜723日にかけて行われた「ChamberArt@Madrid」のギター部門ですが、そのまとめを書いております。

「まとめぁ廚任后

まとめ,任蓮⊆禺堝麑召残り四名の「プロ」との差に気づくのか?…そして彼らがどのように「差」を埋めていくのか?…。(ブログ記事
まとめ△任蓮⊆講生たちが各自の課題を意識できるのかどうか・・・について。(ブログ記事
まとめでは、それを「殻をやぶる」について。受講生の変化について書きました。(ブログ記事

世阿弥の「守破離」の思想みたいですね・・・。

さて、今回は「まとめのまとめ」。

今回の講習会は「Festival&Course」となっています。フェスティバルですから、一般の方を対象として演奏会を行います。そしてコースですから、「学びの場」もあります。つまりそれはリハーサルを通じたレッスンがあるわけです。

本番を繰り返すなかで学び、それを具体的に指摘&指導してくれる人がいる…指摘する人や指導する人=今回の講師である私…なのですが、もちろん他のアンサンブルメンバーからも多くを学べるわけですから、パート練習などの間に他メンバーからの指摘を受けることもあるでしょうし、「あ、そうやっているのか!」と気づく瞬間もあるでしょう。

つまり、私の役割は各人に適切なアドバイスや指導をしながら、そういう場を作り上げることであるわけです。言ってみると「現場監督」ですね(事務的なこともたくさんやりましたので、マネージャーと事務員兼任でもありましたが…)。

 
考えてみると、こういう形式の講習会ってなかなかないなあ…と。かなりの長期間にわたって、ひたすら本番とリハを積み重ねる…言い換えると「プロがどのように現場をこなしていくか?」をテーマとした講習会だったわけです。

もちろん、これはメンバー構成や各奏者の経験値によっても変化していくテーマではあると思います。もっと基礎演奏力が低いメンバーが揃った場合は、基礎技術と表現力の兼ね合いを考える必要があるでしょう。プロレベルに人がほとんど場合は、もっと音楽表現と現場の音場に集中しての音楽作りが中心テーマになってきます。

今回はそのちょうど真ん中くらいのレベルの人が集まったので、とても面白い講習会になったと思います。

さて、来年もChamberArtのギター部門の担当講師になりそうです。このような「学びの場」に参加したい方を募集いたします。「リオリコギターアンサンブル」という形態で行きますが、外部からの参加者も積極的に受け入れたいと思っています。

プロの方、プロ志望の方、プロでなくてもスペインでしっかりと演奏してみたいなあ!というアマチュアの方…もちろん、演奏はしたくないけど、近くで見てみたい!…という「聴講」の方も歓迎。

11787260_10204882352286210_466152362_n










なかなか興味深いフェスティバルですので、興味のある方は是非個人的に連絡ください(下記メールへ)。来年は6月末〜7月頭くらいの時期になりそうです。
tomikawaguitar@gmail.com