12月にはいってもひたすら演奏会続きです。

12月9日は作曲家である冨山詩曜さんとのコラボレーションライブでした。そもそもの発端は「名字」です。お互いいろいろなコンクールで審査員などをやっておりますが、かなりの確率で混同されております。

たとえば、「冨山勝智」となっていたりするわけです。なので、いっそのこと一緒にライブでもやってみたらどうだろうか?…という、ただそれだけの発想でスタートした思いつきの企画でした。
12360340_795158730592521_5417210228313075131_n









↑その経緯を説明する二人。

蓋をあけてみたら、すっごい楽しい内容のライブになりました!
富川、冨山のそれぞれの個性がしっかりとでた内容となりました。まずは富川のソロからスタート。ブローウェル、タレガ、デ・ラ・マーサ、バーデン・パウエルなど、僕自身のルーツとなるものをあれやこれや演奏しました。
11227604_1300609789964645_4461022951355848046_n
 












その後、冨山氏のソロ。現在、現代ギターに連載中の「イルミネーションズ」を全曲演奏。曲もよかったし、演奏もよかった!
12308290_1300595923299365_5168056890920347986_n
 









その後、お互いの共通項である「シンガーとのユニット」というテーマで演奏。冨山氏はみななさんとのユニットsemanaとして演奏。個性溢れる音楽で楽しめました。
IMG_2739

 








対するこちらはAcoustic Ladylandで。石塚さんのオリジナル、Womanを演奏。最後に初挑戦の「カヴァティーナ」を!当日のみのリハでしたが、まあまあ、うまく決まりました!まだまだ練り込みたいレパートリーではありますが、思いついたときからおよそ3日、当日リハ一発ではうまくきまったほうでしょう。

IMG_2751








クラシックギター独奏曲としてはよく知られているこの曲ですが、かつては歌手クレオ・レーンとジョン・ウィリアムズのアルバムで「歌バージョン」がありました。今回はほぼギター独奏と同じバージョンとしてアレンジしてみました。初披露記念として、YouTubeにアップしましたので、是非お聴きください。


 
最後にアンコールで「ひこうき雲」をギタリスト2名とシンガー2名で。楽しいセッションでした!
11214142_795158733925854_6181326532848471615_n