2/17、本郷三丁目にある「名曲喫茶カデンツァ」さんでのトークライブ、本当にたくさんの方においでいただきました!ありがとうございます。

11040836_1017878684951310_4598940998255509237_o









「名刺だけは”ギタリスト”だった〜どうしたらプロ音楽家になれるの?」というライブタイトル。なんだか普通にライブをやるより満席???…もちろんゲストの小川悦司さんのファンの方もたーくさん来てくれましたが、本当に楽しいトークセッションでした。

最初はひたすらに私が帰国してからどんな感じで仕事を増やしていったのか…ということをしゃべりました。いくつかの裏技を公開しましたが、マネしちゃだめですよ!…と言ってから、「背水の陣」をしく…という危険な裏技も大公開。自分でしゃべっていて「俺って博打うちなんじゃないだろうか?」と思ってしまいました。

とはいっても、お越しいただいた方には「普通の仕事でも役立つスキルが確認できた」と言ってくださる方もいたので、よかったかなと。

音楽プロデューサーでありギタリストの小川悦司さんとのトークセッションも、こちらの話のひきだしをたくさん開けてくれたような気がします。
12734146_1071762906201432_7086238002876685223_n









最後は悦司さんとのギターセッション2曲。
12764812_968253199911664_5619245813319059868_o 


















結局ぼくらギタリストなんだよねー!…ということが結論だったのかも(苦笑)。悦司さんのサウンドプロデューサーとしての耳のよさ…それが演奏通じてわかってもらえただろうなあというセッションでした。ぼくも最高に気持ちよくギター弾くことができました。

ギター演奏がメインではなかったのですが、大好評でした!

トークライブっていうのは、実は初めてでした。一体どのくらいの人が集まるんだろう?…どんなことしゃべったらいいのかなあ?…と少し悩みましたが、やってみるもんですね。普段ぼくが「こういう考え方普通だよね?」って思っていても、音楽家の卵さんにとっては「ああそういう考え方もあるんだ!」って思うことも多いようなのです。

それなりに音楽家稼業で修羅場はくぐり抜けていますので、ちょっと特殊なビジネスセンスが身についてしまったんでしょうね、無意識に。

キーワードは「ふられた仕事は断るな」という点と「打ち上げはでろ!」でした。簡単に言えば、仕事しながら勉強しろ!っていうことと、仕事は人からしかこないということですね。

実際、打ち上げは大所帯になりました。アイドルの卵さんから音楽プロデューサー、ワインの大家からミュージシャン、楽器店に勤めている方、楽譜浄書を専門としているかた…新たにたくさんの仲間たちと出会うことができました。そして、改めてトークライブの感想などももらうことができました。

名曲喫茶カデンツァさんからも「また次回もやってください!」と二度目のトークライブオファーもいただきましたので、日程をすり合わせ中です。次回のゲストも打診中です。

ちなみに…2016年4月27日に新宿曙橋Back In TownにてAcoustic Ladylandのライブが決定していますが、ゲストに今回のトークライブのゲストでもある小川悦司さんを迎えます。みなさまそちらもよろしく!