1:ブエノスアイレスの冬。ベースラインの面白さを感じてから全部弾くこと。

2:ヴィブラート。左手の安定のためにも有効。

3:どうしてもダイナミクスがつきにくい場合は、クレッシェンド=加速・・・という図式で練習してもよい。ただし、癖にならないように。実際にはクレッシェンド=減速というパターンも多いので。

4:トレモロはPの指の準備が実はなかなか難しい。次に弾く弦を事前にとらえる(プランティングする)練習をすること。結果として低音弦から高音弦へのpのアクションはアポヤンドが最適であることにも気づくかもしれない。

5:pのアポヤンドと同時にimaがアルアイレで綺麗にはまらないと「消音」ができない。こういう人が多い。大問題。

6:左手のレガートさに神経を払い始めると、右手のタッチが明瞭でなくなる。初心者のうちは「レガートではっきりした音量」で弾くことを心がけるべし。左手の押さえの甘さを実感できる。

7:クラシックギターのロングトーンにクレッシェンドがかかるように「聞こえさせる」ことは可能。これは妄想ではなく、テクニックである。

8:クレッシェンドでテンポを落としていく=エネルギーをため込んでいく、、、なので通常のritと違うということを意識。ため込んだものをどこで放出するのか?・・・それも考えるべし。

9:マルボローの各変奏のテンポ設定は慎重に。

10:ソルは非和声音にスラーを付与している場合が多い。

11:あるフーガ的なテーマが「縮小形」ででてくることが多い。それに気付けるかどうか?…けっこう重要。

12:ジュリアーニ。op.100のエチュード。ある意味でジュリアーニのヴァーチュオーソ性が感じ取れて重要なエチュードかも。

13:トローバの和声感は色彩感とエネルギー感の変化である。ほんのちょっとした色合いの変化は中間色に似ている。だからこそジャズでいうテンションコードを多用している。

14:一度はベース奏者になった気分で低音を全部弾いてみるとよい。足りない音のつながりが見えて来る。

15:左手の押弦と離弦時の状態。押弦時は必要最小限の力で。離弦時も「電源スタンバイ状態で」。スタンバイ状態とはいつでも押弦できるテンションを持っていること。完全に力を抜いてはいけない。これはパソコンのスタンバイ状態と一緒である。ただし起動したときもスタンバイ状態のときも「最小の電力」であることが理想。