1:迫り来る感じ、遠ざかっていく感じ…このあたりをテンポの設定で出したい。

2:久しぶりにギターを弾いてみても、指がわくわくする感じを忘れてはならない。

3:コンクールのテープ審査は冒頭が重要。審査員の気持ちになってみれば、最初にその先を聴く気になるかならないか、、、決まってしまう。

4:クレッシェンド、自分で単音で練習をしてみる。自分の楽器で、最初はpp〜ffまで6段階くらいで設定をしてみる。pp,p,mp,mf,f,ffである。それができたらpppとfffを加える。8段階。その後はそれを倍にしていったり。

5:「時間をとる=ゆったり」ではない。もちろん一致する場合もあるが。

6:メロディーのグルーヴ感。極端に強弱のみで最初は弾いて感じてみることも大切。楽譜に書き込みましょう。最初からスムーズな歌い回しを考えるよりも、まずはアクセントとノンアクセントをがっちりと固めてしまうことも大切です。

7:ヴィラ=ロボス、ヴァルス=ショーロ。録音が少ない&あまり親しまれていない楽曲をやる場合の譜読みは正確に。数少ない録音をたよると、それが正確に譜読みされているかどうかの保証がない。

8:あまり有名でない曲をやる場合には、その作曲家の有名な作品を多数やっておくこと。あ、これはこの作曲家の語法だな…と思えるところまでやっておければ、とてもよい。

9:ブローウェルのシンプルエチュードのダブルスラーの練習はじつは左手各指の効率のよい動きの習得に役に立つ。

10:市販の楽譜でかなり適当に運指を変えてしまっている曲集も多いので注意。

11:アルペジオは分散和音のことである。和音をばらして弾く。このことを忘れるべからず。

12:ドミナント7thを想定した場合に、主音は和声進行上、非和声音として扱われる場合もある。

13:変奏曲のテンポ設定はなんども考えること。ある変奏のテンポ設定が変われば、その前後の変奏のテンポも必然的に変化してくるものである。

14:トレモロばかり練習していると、通常の曲が弾きにくくなったりする。できればトレモロ以外の曲も同時進行すると、どのような場合にも対応できるタッチや爪の形ができてくる。

15:旋律を緊張感をもって弾けること。フルート奏者がずーっと息をいれつづけてゆっくりとして旋律を吹くように。歌い手がロングトーンでずーっとレガートに歌い続けるように。

16:ギタリストはゆっくりとした旋律を歌わせることが苦手である。アタック+音の減衰を当たり前と考えずにイメージだけでも「アタック+音が増大して次の音のアタックまで維持される」という意識を持ちましょう。