今年もあと少しで終わりますので、時間あるときに「今年のまとめ」を少しずつ…。

まずは執筆活動について。

実は今年はほとんど執筆仕事がありませんでした。とはいえ、過去にやったものの新装版などは出ております。

「てんこもり」というクラシックギター曲集の新装版が今年は二つ出ました。そのいずれにも解説をたくさん書いております。

てんこ盛りはこれでvol1〜vol3まで揃いました。音源付き名曲集としてプロからアマチュアまで活用できる素晴らしいものだと思っています。お持ちでない方は是非この機会に全巻そろえてみては?






あと、これも新装版ですが、でました。僕もいくつかの質問に答えています。



執筆というわけではないですが、この本には僕と「愛器」が掲載されています。

愛器を語る・第3巻(No.650)
現代ギター社
2017-12-14


そして、実は来年からまたすこーしずつヤマハ関係の執筆の仕事も再開するかなーという予感…秋になったころにかるーく打ち合わせに行ってきました。まだまだ未定ですし、企画段階ですが、もし実現できたらかなりニッチでいてクラシックギター奏法の細部にまで触れることができる内容になってくるのではないかと期待しています。

あと、個人的なライフワークなのですが、「ギター奏法」に関する本をまとめてみたいなあと考えています。ギター奏法やその伝授方法など、ここ10年くらいでだいぶ整理されてきましたし、生徒さんへの伝え方もわかってきました。来年からはそのあたりの「まとめ」の作業にはいろうかなと思っています。

(興味のある出版社の方、オファーお待ちしております!)



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ