12/17日曜日、一回目から関わっている「スペイン音楽国際コンクール」の審査に行ってまいりました。
今年は副委員長も努めさせていただきました。なので全部門聞いて、特別賞を選ぶというお仕事もあったわけです。

ひさしぶりのスーツ仕事でした。ああ、首が苦しいw

IMG_0337


















コンクールは全4部門に渡って行われました。

IMG_0340


















ギター部門の順位は以下。
第1位 Flavio Nati(最優秀賞/賞金10万円)
第2位 中林奏太(スペイン大使賞)
第3位 川崎薫(日本スペイン協会賞)

IMG_0342










ほかの部門(声楽、ヴァイオリン、ピアノ)も、大変レベルの高いものでした。
このコンクールの面白さとして、全部門を通して聴くことで「スペイン音楽のエッセンス」を体感できることです。

ギターであろうが、ヴァイオリンであろうが、ピアノであろうが、歌であろうが…スペインの空気感があるものが「スペイン音楽」です。

個人的に嬉しかったのは、スペイン留学時代の同期(留学先は違いましたが)の本田恒一郎くんが出場してくれて、ピアノ部門で二位を獲得してくれたことです!
IMG_0347

















↑声楽部門の審査員であり、サルスエラ音楽の研究家である桜田ゆみ先生も大絶賛でした。

ファリャの「アンダルシア幻想曲」を、スペインの乾いた大地の音色で見事に弾けておりました〜。まさに「スペインの空気を感じさせる」名演でした。

来年のスペイン音楽国際コンクールは、12/14と12/16に行われる予定です。12/14はピアノ部門の予定、12/16は他の部門の予定です。

みなさまの参加をお待ちしております!

コンクールの公式サイトはこちら!


 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ