珍しく年末にお仕事が入りました。
クローズドイベントのゲスト演奏ということでしたが、Acoustic Ladyland(石塚裕美&富川勝智)で呼ばれて行ってきました。

IMG_0600


















会場は日本一のホテル「帝国ホテル」でしたー!
IMG_0594










IMG_0592

















由緒正しきホテルです!…高級感がありながらも、無駄がなく、ずーっと居たくなるような雰囲気がある。。。演奏の前後にふらりと館内を見て回りましたが、やはい良いものです!

演奏のほうはリクエストなどがあったものを含めて以下のような感じでした。

1:amazing grace
2:fly me to the moon
3:tomorrow is another day
4:酒と泪と男と女
5:ワルツ
6:草原のマルコ
7:ヒマラヤ杉に見守られ

アメージング・グレイス。好評だったようです。すこしだけ和声に通常じゃないものを実験的にいれてみましたが、不思議なくらいブルージー。なかなかよいネタを考えついたかも。
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーンはジャズのスタンダードですが、なかなかこのコード進行いじれないですね。バラードとボサノバをまぜたスタイルで。
3は石塚裕美のオリジナルで、4〜6あたりは言わば「ザッツ・アコレデ」なレパートリーなのですが、マルコあたりはやはり人気ありますね。会場に一緒に歌っていた人が何名かおりました。
7の「ヒマラヤ杉…」は実はアコレデ初の共作です!

作詞:石塚裕美、作曲:富川勝智。実はこのイベントに呼んでくれたのはとある病院なのですが、そこの依頼で作った「病院のテーマソング」なのです。その初お披露目という意味もあったのです。大好評でした。いずれ、一般公開されたときにはみなさんに是非聴いて欲しいと思っています。しばし、お待ちください。

さて、アコレデのライブで、ライブ納め…演奏納めとなりました。来年もあれこれがんばっていきたいと思っております。みなさまご贔屓に!


:::::::::::::::::::::::::
Acoustic Ladyland Live

石塚裕美(Vo.)と富川勝智(Gui.)によるユニット”Acoustic Ladyland”の音楽はミニマムでありながらマキシマム。「ギター一本と歌一人とは思えない」という多くの声が届く独自の音世界。 通称”アコレデ”。


:::::::::::::::::::::::::::

Acoustic Ladyland(石塚裕美&富川勝智)ってどんな音楽やっているんだろう?…という方は当ブログのライブレポート記事を御覧ください。今までのライブレポート御覧いただけます。

Acoustic Ladyland Vol.1 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.2 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.3 ライブレポ


Acoustic Ladyland Vol.4 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.5 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.6 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.7 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.8 ライブレポ 

Acoustic Ladyland Vol.9 ライブレポ 

Acoustic Ladyland Vol.10 ライブレポ
 
Acoustic Ladyland Vol.11ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.12ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.13ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.14ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.15ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.16ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.17ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.18ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.19ライブレポ