ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

ギター&ギター関連グッズ

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

左手指の準備(TAB譜スタンプと付箋を使った便利グッズ!)

左手指をどのように準備するのか?…これがクラシックギター演奏をスムーズにする秘訣といえます。どの段階でどのような指の形になっているのか?…なかなか記憶するのが難しいものです。
実際レッスンに際しても、手の形をテキストなどに書き込むのは面倒…なので、試行錯誤の上、このようなものを作ってみました。

R0026541









ピックボーイから発売されている「タブ譜スタンプ」と普通の付箋です。付箋にスタンプしてレッスン用に用意しておきます。

こんな感じで生徒さんのやっている曲の部分で「左手指はこんな感じに準備しておけばいいんだよ〜」と張ってあげます。

R0026540R0026539R0026538






















括弧でくくってあるのが、その時点で準備されているべき指と場所です。

ちょっとこれだけではわかりにくいので、説明ビデオを作ってみました。カルカッシ25のエチュードの2番と3番の部分について説明しています。



TAB譜付箋、とても便利です。

タブ譜スタンプはこちら。

左手の準備に関して更に知りたい方のための参考書としてはこちらをお勧めします。


上記の本は、ギターテクニック全般を扱っていますが、左手の準備を徹底的に解剖しています。筋感覚のメモリーも扱っていますので、更に高度なテクニックを習得することができます。



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ


 

レッスンの道具〜長く使っているもの

クラシックギタリストの道具。
みなさんは何を思い浮かべますか?…爪やすり、音叉、チューナー、メトロノーム、ギター用のクロス…いろいろありますね。

そして、教える上で必要な道具、便利な道具というのもあります。

普段私がレッスンをしていて便利だなあ、という道具をご紹介します。いずれも長ーく使っていて、「うん、便利だな!」と思うものばかり。

まずは筆記用具。

R0024607






コクヨの鉛筆シャープです。芯が0.9ミリです。太いです。なので、「鉛筆」シャープなのです。生徒さんの楽譜などにラインや書き込みをいれてあげるのに便利です。芯が折れにくいので不安定な譜面台の上で書くのにも重宝します。(写真は芯がでていない状態です。)

本物の鉛筆を使うほうがいいのですけどね。やはりたくさんの人数を教えていると芯を削るのがちょっと面倒。なので、シャープペンですね。

…とはいっても、もうひとつ好きなシャープペンがあります。

これです。

R0024609







とっても「鉛筆」っぽく見えるシャープペン。これはかれこれ10年近く使っていて、このシャープペンがないと、落ち着きません。このシャープペンがなくて、あたふたしている僕の姿を生徒さんは何回か見ているかもしれませんね。芯は0.5です。普通のシャープペンですが、レッスン用のものとしては一番愛着があるものかもしれません。

さて、次に便利なのは五線譜です。

R0024610






ルーズリーフタイプを僕は生徒さんとのレッスンでは使います。

簡単な基礎練習や、和声の簡単な説明などをするときに使います。ルーズリーフなので、書いてそのまま渡せます。安価なのも使用している理由のひとつです。

通常の五線譜ノートだと切り取り線などがはいったものをあまり見かけません。入手しやすく、安価なものが一番ですね。

さて、最後は…ほんとにこれは便利です!(全ての音楽教室に常備してもらいたいくらい!)

R0024602







ブギーボードです。「電子黒板」ですね。
KING JIM 「電子メモパッド」ブギーボード 黒 BB-1
KING JIM 「電子メモパッド」ブギーボード 黒 BB-1 [Personal Computers]

レッスンのときは、爪で引っ掻いて書きます(まさにクラシックギタリスト向け!)。上記の写真の字と図は爪で書きました。コクヨの鉛筆シャープ(芯を出さない状態で)を使って書くこともあります。ボタンを押せばすぐに消えます。

その場に楽譜をさらっと書きたいときや、図やイメージなどを使って説明したいとき…これはとても便利です。

かれこれ2年ちょっと使っています。それまでは終わったコンサートのチラシの裏とか小さなメモ用紙を使っていましたが、電子メモパッドなのでゴミが増えません。電池は内臓式で、交換不可ですが、5万回つかえるのだそうです。

…まあ、あと数年は使えそうですね。

実は僕は文房具が大好きなので、まだまだ紹介したいものは一杯あります。はさみ、メンディングテープ、ノート、あれこれ…。趣味ですね、半分。



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ





 

10月29日「アルカンヘルを弾く名手たち」コンサート情報

10月29日にコンサートを行います。

出演:手塚健旨、井桁典子、富川勝智、池田慎司、吉川久美子

場所はセンター南駅 SENCE
住所などはサイトで確認してください。

独奏、デュオ、合奏など幅広いプログラムで楽しんでいただける内容となっています。

詳細やチケットご予約などは下記チラシをチェックしてください。

20111029concertpanf

なんといっても、全員、名器アルカンヘル使用です。こういう機会は滅多にありません。
必聴です。(出演者の私自信も楽しみ!)

チケット予約はお早めに!



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

富川勝智





Facebookページも宣伝

プレスティ&ラゴヤ(最近のヘビロテ)・・・編曲譜

いままで数え切れないほどの曲をギターデュオで演奏してきました。
そのため普段から意識してギターデュオのCDを聴くことが多いのです。とにかく最近よく聴いているのがプレスティ&ラゴヤデュオです。

このCDは一見アレクサンドル・ラゴヤのソロCDに見えますが、、、、実はプレスティとのデュオの名演奏が収録されています。

L'Art De Alexandre Lagoya
L'Art De Alexandre Lagoya
クチコミを見る

6枚組みです。実はラゴヤの独奏よりも、デュオが多く収録されています。しかも、結構珍しい曲がはいっているのがうれしいところ。

プティのトッカータ、タランテラ・・・などは最高にすばらしいですが・・・。

特に最近はまっているのが、ヘンデルのシャコンヌ。これは是非クラシックギターデュオに興味のある人ならば一度は聴いていただきたい名録音であり、名演奏。そして、なによりも名編曲なのです!

実はプレスティ・ラゴヤの楽譜コレクションがイタリアのベルベン社から出版されています。

このプレスティ=ラゴヤコレクションシリーズは現在日本では第4集まで入手可能です。この伝説的なギターデュオチームが実演や録音などで用いた楽譜を出版していこうというプロジェクト。実に長い間待望されていたシリーズなのです!

プレスティラゴヤコレクション


















1巻はヘンデル集。
2巻はバッハ集(平均律クラビーア曲集)。
3巻はバッハ集(イギリス組曲、フランス組曲)。
4巻はスカルラッティ・ソナタ集。


それぞれ、スコアと各パート譜が入っています(その分、ちょっとお値段が高めですが・・・)。

でも、ギターデュオを本格的に研究したい方は持っていおいて損はありません。編集はフレデリック・ジカンテ(※しかし、この人もものすごい仕事量ですね・・・)。信頼できるエディターであると思います。

それよりもなによりも、プレスティ&ラゴヤデュオの音色のすごさを是非聴いてみてください。

技術的にも音楽的にもすばらしいコンビネーションですが、なんといっても「ギターの音色の可能性」を感じることができるデュオという意味で希少です。二人の音色を聞いていると、しっかりと芯のある音をもとにしてその上で色をつけているという印象を受けます。

しっかりとしたギターの音を聴きたいという方にもお勧めのデュオなのです。

良い演奏を聴いて、研究です!クラシックギターは深いなあ!と思わせるデュオです。



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

調律とピッチのお話(アドリアンさんが使っていたチューナー)

先日アップした「アドリアンさんバロックギター調弦中!」の写真が思いもよらぬ反応を見せています。

バロックギター











・・・ごらんのとおり、アドリアンさんがバロックギターをレクチャー前に調弦している風景なのですが、手前にあるものが何かみなさん分かるでしょうか?

そう、iPhoneです。

iPhoneのアプリのチューナーなのですが、これが優れものでミーントーン調律などにも対応。もし、これを通常のチューナーで買えば、かなり高価なものになるんです。

この手前のチューナーアプリが高田ハープさんのオーナーさんのブログで紹介されているのを指摘してくださった方がいて、さっそくそのブログへ行ってみました。


高田ハープさんのチューナー紹介記事。
http://blog.livedoor.jp/ces_dur/archives/51103500.html


Cleartuneというチューナーアプリケーションであることもわかりました。

アドリアンさんと仕事したときは「へえー、面白いねえ!」くらいで終わったのですが。。。。こうやって、情報が伝わることによって、高田ハープさんのブログに行き着いて、そうかこういう世界もあるのか!って思えるのはほんとうに楽しいめぐり合わせですね!


iPhoneをお持ちの方で、ギターなど弾く方はお使いになると楽しいかもしれません。各種古典音律がプリセットではいっているようです。20種類以上の調律法がはいっているようですね。

ところで「古典音律」って何?って方は以下の本をお読みになるとよいかもしれません。

「チューナーで調弦すれば、それでOK!」という方や、先日お話した「ピッチ」の問題・・・これらが良く分からない!という方にもお勧めです。

ゼロビートの再発見 復刻版ゼロビートの再発見 復刻版
著者:平島 達司
販売元:ショパン
発売日:2000-01-01
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

私個人としては、この本でピッチの問題や音楽の「美しさの源泉」をだいぶ理解することができました。

本気で音楽に取り組みたいという生徒さんにも常にお勧めしている本です。

上記、チューナーアプリを使って上記の本を読んでいけば、より理解度が深まるでしょうね。



・・・しかし、こういうチューナーアプリが数百円で入手できるなんて・・・いい時代になったもんです!(私はiPhoneユーザーじゃないですが・・・誰かください!)



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ