ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

執筆活動

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みはすぐにできます!
✳︎富川ギター教室Google+ページにてレッスンの空席案内などがわかります。

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

下記も是非フォローしてください。有益な情報満載です!
富川勝智ページ→Google+
富川ギター教室ページ→Google+

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

著作新刊!〜名曲てんこもりBOOK Vol.2

2006年に出版された「クラシックギター 名曲てんこもりBOOK vol.2」の新装版が発売されます。その見本誌が届いたのでご紹介します。てんこもりBOOKのシリーズは以下の内容になっています。

1:楽譜
2:楽曲解説と奏法解説
3:模範演奏CD

IMG_0124


















楽曲解説と奏法解説は複数の執筆者で書いております。僕もvol.1からvol.3までたくさん執筆させていただきました。

たとえば、今回はラウロの曲ではホローポについて解説しております。

IMG_0127










ヘンデルのサラバンドでは左手の和音の押さえの難所のコツを解説していたり…。

IMG_0128

















…と、いろいろと文章でかいていたり、図をつかったり、楽譜をつかったりして解説を丁寧にしております。

実はこの解説はかつて現代ギター社からでていた「名曲演奏の手引き」というものに掲載されていた先輩ギタリストのものも一部転載されており、それもとても参考になるものなのです。この「名曲演奏の手引き」は僕は修行中に手垢がつくほど読み込みました。それが、今でも役にたっております。

その意味でも、この「てんこもり」ですが、若手ギタリストやプロ志望の方は必携といってもよいレファレンスとなるでしょう。

さてさて…かつて出ていたバージョンはこんな感じです。
IMG_0129

















かつてのこのバージョンにも実は良い点があったのです。「楽譜が分冊になっている」ということです。実はこの分冊の楽譜は「コンパクトな小品集」ということでとても重宝しており、今でもちょっとしたコンサート仕事などにはアンコール曲集として持ち歩いたりしております。

この分冊という点がなくなったのは惜しいなあとは思いますが、その分値段が安くなっています。お買い求めやすいお値段…ということでそのあたりは妥協しましょう。

その後、実は「帰ってきたてんこもり」ということで、2009年に一巻と二巻の合本がでたこともありますが、解説がばっさりとカットされた「ただの曲集」だったので、かつての「てんこ盛り」ユーザーからは不評だったようです。

ということで、ふたたび解説つきで新装版がでるということになりました。トータルな面でおすすめの楽譜集です!とにかく名曲揃い。




vol.3とvol.1もすでの発売中です。





…なるほど、こう並べてみると、、、、信号機の色ですね!

いずれも独学の方にも習っている方にも「おすすめ」の曲集です。そして、ギターを教えている方にも「おすすめ」です。日本のトッププロギタリストが楽曲解釈をどのように考えているのか…それがわかります。

もし、ここに解説を書いているギタリストにレッスンを受けることを考えたら…なんとリーズナブル!…vol.1からvol.3まで全部買っても、一万円以下。是非、全部購入してくださいね。



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ







2016年まとめ Part3〜原稿執筆編

今年もたくさん原稿を書きました。

雑誌に掲載されたもの、出版物としてだされたもの…書くことによってこちらも知識を整理できますので、勉強も兼ねています。来年もいろいろと執筆依頼いただけると嬉しいなあ!以下に今年のメインの原稿仕事をまとめておきます。

1:女性ギタリストの系譜→現代ギター2016年1月号に掲載

2:レパートリー充実講座→現代ギター2016年3月号〜6月号まで掲載

3:アリリオ・ディアス追悼→詳細

4:パセオ原稿→フラメンコ音楽専門誌に「ギター史とフラメンコ」についての記事を寄稿。パセオ2016年10月号。詳細



5:愛器を語る→自分で書いた記事ではないのですが、自分と楽器との関わりについて取材を受けました。詳細
IMG_4754













6:クラシックギター音楽ガイド→こちらは出版物への寄稿です。10曲ほど楽曲解説を担当しています。


以上。

来年も原稿執筆依頼お待ちしております!クラシックギター音楽、スペイン音楽、ギター奏法全般に関して…お問い合わせお待ちしております。

tomikawaguitar@gmail.com



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



 

アリリオ・ディアス追悼記事書きました

20世紀のギター界を代表する巨匠が先日、7月5日自宅のあるローマで逝去しました。1923年11月12日にベネズエラ生まれの巨匠。92歳で他界…。ということで、現代ギター誌から「追悼記事」を書いて欲しいと依頼されました。

実は彼が死んだ時にこちらのブログで簡単に「彼の功績」をまとめました。
こちらの記事です。)

今回寄稿したものは、ブログで書いた内容をもう少し広げたものになっています。
IMG_5671

















4ページの内容になっています。アリリオ・ディアスの生い立ちからキャリアを積んでいく段階を描きながら、彼がギター界に与えた影響や残した功績を明らかにしています。

この中で久しぶりに「天才」という単語を使いました。アリリオ・ディアスは本当に「天才」です。類稀な好奇心を持ち続けた点と人脈に恵まれた点…「天才」は簡単には生まれません。

天才=自分が理解できないもの…と考える人が多くいます。でも、それは自分の理解力が足りないだけです。まあ、言ってしまうと、世の中の人たちが「天才」と呼んでいる人間で、本当に人間の理解を超えたセンスやグルーヴを発揮している人ってほとんどいた試しがありません。

彼の録音を聴くと、「ああ、弾けそうだな」って思う。だけど、かれの編曲したものの楽譜を追っていくと「なんで、こうなっているの?」と思う。

逆に楽譜から読み取ってから音源を聴くと「なんで、こういう感じになるのだろう?」と思うはずです。

たぶん、実演と楽譜に書き下ろしたものの間の差異がとても大きいタイプの音楽家だったと言えます。とはいっても、楽譜にはきちんと「書いている」のです。

うまく説明できませんが、アリリオ・ディアスのことを「天才」という呼び名で呼びたいのは、それが理由なのです。わかるようでわからない。とはいっても全くわからないわけではない。きちんとヒントは与えてくれている。それを「天才」と呼びます。

そんなことを、この追悼文を書きながら考えました。

そんなことがあってからまたアリリオ・ディアスの演奏を聴き直していますが、とにかく魅力たっぷりの演奏。そして楽譜になっているものを聞くと、なぜこれがこうなるのだろうと思います。

まだまだ勉強が足りない。そんなことを感じさせてくれるのはやはりアリリオ・ディアスが本当の「天才」だからです。




 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ




 

楽器を撮影されるということ(「愛器を語る」裏話)

現代ギターの「愛器を語る」というコーナーに掲載されました。
現代ギター2016年7月号


この撮影は去る5/18現代ギター社のGGサロンにて行われました。

こんな感じで大きく載せていただいております!
IMG_4754














カメラマンは木田新一さん。楽器の特徴と丁寧丁寧に探りながら撮影していきます。

IMG_4133
 
















さて、ここからは「ラベル撮り」。ラベルとは楽器の内部にある「製作者名、サイン、年号、通し番号」などが書かれている紙です。実は僕のこのテルツギターはこのラベルがでっかい!

こんな感じで撮影していきます。

IMG_4139

 















そして・・・
IMG_4142 

















楽器の内部構造はどうやるのか…企業秘密だそうですが、ちょっとだけお見せします。

IMG_4146 

















ただしこれを一枚の写真にするのは…これはなかなかの「匠」の技でした!

あとは僕との2shot! これは本誌をごらんください!

採寸!

IMG_4152
 
















板の厚み、あれこれ丁寧に計測していきます。へえ、こっちのほうが厚かったんだなあ…とか。オーナーが知らない情報が次々と。

皆さん是非、本誌をご覧下さい!全国有名書店で入手できます。もちろん現代ギター社通販サイトでも扱っております。

アマゾンでも入手できますよ!




サンプルページのほうはこちらでもご覧いただけます。

…山下和仁さんのインタビューもとても興味深い内容になっております。そのほかに内容充実の号です。是非みなさまのお手元に!

 

「クラシックギター音楽ガイド」執筆担当しました!

クラシックギターのレパートリーって一体どのくらいあるのだろう???…若い頃にそう思いました。そもそも一体何を勉強していけばいいのだろうか?…悩んだ時期もありました。

みんなと同じ曲レパートリーにしてもつまらないなあ…もっとかっこいい曲ないのかな?…と思った時期もあったなあ。

さて、そういう悩めるクラシックギター学習者のためのガイドブックがとうとう現代ギター社からでました。もともとは1977年に出た「ギター音楽ガイド」のギターレパートリー555のアップデート版ということだそうです。

執筆陣は現代のクラシックギター界を代表する33名。私も担当させていただきました。

オリバ、カサド、ホセ、シャンカル、ハウク、野田暉行…このあたりの項目を担当させていただきました。簡潔に楽曲の内容を説明するのはなかなか大変な作業でしたが、このような後世に残る著作に関われて大変光栄です。

大きさは通常の現代ギターと同じサイズ。

13178802_1432505593441730_2046892761938226393_n

 















なかはこんな感じです。
13151449_1432507430108213_3885665712795316856_n
 

















ざーっと暇をみつけて眺めていますが、痒いところに手がとどく選曲になっております。「ああ、そういう曲もあったよね!」とプロギタリストでも唸ってしまう内容。クラシックギター学習者、プロ志望、コンクール挑戦者のための良いガイドブックとなると思います。必携です。




現代ギター社サイトのページはこちら
レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ