ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

教材

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
https://tomikawaguitar.sakura.ne.jp/wp/lesson/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

左手運指の学び方(「理由」を探す)

先日、ちょっと「深めに」左手運指の話を書きました。

抽象的でわかりにくかったかもしれません。

巨匠の美は伝承されないのではないか?・・・という私個人の勝手な危機感から書いた文章です。おそらくクラシックギター初心者や中級者の方には理解しにくいものであったと思います。

まずはコメントに質問がありましたので、そちらにお答えします。

1弦と2弦のラが同じ音に聞こえるような楽器というのは、安い楽器を指しているのでしょうか。

この質問に関する答えは「安価な量産タイプの楽器だけを指しているわけではない」ということだけを言っておきましょう。

楽器に関しては、今も私は研究中でもあります。いずれ、考えがまとまったら記事にしたいと思います。


さて、今日は初心者や独習者に向けて、左手の運指について「学び方」を書いていきます。

結論から言うと・・・

1.左手運指の理由を考えること
2.習っているのであれば、その先生の左手運指の指示を守ること(※)
(※習っている先生が生徒さんの将来を見越してしかるべき運指を与えているということが前提)

2.に関しては、非常に難しいです。信頼できる先生につくことです。1.とも関連してくるのですが、先生が全ての運指に関して説明するわけではないということです。つまり、ある程度の曲が弾けるようになって初めて、理解できる運指のルールというものも存在するということです。

1.はとても大切なことです。初心者にとって、ポジションをとれるようになったあと、実際の楽曲にはいったとき、必ず「?」という左手の運指にぶちあたることになります。それは必ずしも押さえ易い運指とは限りません。まずはその理由を考える。その理由をきちんとした先生であれば説明してくれるでしょう。
独習者の方は、自分でその理由を考えてみることです。これがとても大事です。

2.も学習者にとっては大切です。なんでもかんでも「理由」を尋ねてもしょうがない場合もあります。私も「とりあえず、そのとおりやっておいて!」と言うしかない場合もあります。これは中級者や上級者になって、より複雑な楽曲をやるときになって、やっとその運指の理由が実感できる場合もあるということです。

つまり、2.は「運指の理由を考えない」ということでもあるわけです!

(まるで、禅問答?・・・わかってくれるかな?)

きちんと左手の運指について理解しているギター教師であれば、全ての運指に関して説明できます。しかし、その説明は「それを理解するのにふさわしい時期」に生徒さんに対して行なわれます。

例えば、初心者の段階でポジションの本当の概念を理解することは難しいと思います。なぜなら、ハ長調のローポジションである限り、4フレットは登場しませんから。

なのに、何故1フレットは1の指、2フレットは2の指、3フレットは3の指と押さえねばならないのか?・・・このことはやはりト長調にいってからでないと本当の意味は理解できないと思いますし、単旋律の楽曲をやっているときには必要は感じないかもしれません。より難易度の高い曲になればなるほど、ポジションに則った運指の重要性は実感されてくるということです。

・・・上記のレベルのことであれば、私は初心者であろうが、その「意味」をしっかりと説明することができます(実例などを示しながら)。一般的にローポジションはフレット間が広くて「押さえにくい」と思いますが、ギターのフォームや左手の構造などを理解すれば、誰でも押弦できるように指導することが可能です。

なので、どの生徒も初心者の段階から、ポジションの意味を「おぼろげながらでも」理解できているようです。そして、難しい曲をやったときに、「やっと意味が理解できました!」と言ってくれることもあります。

ただし、このレベルのことを説明できないギター教師もやまほどいるようです(もしくは秘密主義?)。なので、1と2のバランス(線引き)はとても難しいのです。


左手の運指には必ず理由があります。

ソルやアグアド、そしてカルッリなどの初心者用エチュードでも、以下のようなパターンの運指が登場します。

1フレット=人差し指、3フレット=小指

ポジションのルールからははずれています。それまでさんざん1フレット=人差し指、2フレット=中指、3フレット=薬指・・・とやらされて、具体的なエチュードに入った瞬間に、このルールが破られます。この理由がしっかりと説明できる先生であれば、信頼して良いと思います。

この初心者用のエチュードを『1フレット=人差し指、3フレット=薬指』という運指に振りなおしている教本も多いです。私はこれを改悪であると思っています。

みなさんも是非、このあたり考えてみてください。

ヒント=「12フォーム」と「34フォーム」(※先日行なわれた池田慎司氏の基礎テクニック講座に出た人ならぴんときますね!)



・・・初心者向けとはいいながら、なんだかかなり上級者向けの記事になってしまったような気がします。

私に習っている生徒さんも、是非自力で考えを整理してみてください。1年程度習っている方であれば、どの生徒さんにも一度は説明しているはずです。

生徒以外の方で、分からない方は私が定期的に行なっている「ギターテクニックの基礎の見直し」(日曜ワークショップ)にどうぞ。ほとんど毎回、左手のテクニックについて説明する場合は、説明していますので。





BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

おやじキャラメル&売れてます!!

まだまだ世の中には未知の「おやじグッズ」があるようです。

目玉オヤジ好きな私のもとに、ぞくぞくと生徒さんからの貢物が届きます。

今日レッスンで頂いたのが、これ。


おやじキャラメル

「とうさん、甘いですね」

「いちごの上にも三年じゃ!」

…意味が分かりません。

味は普通のイチゴ味です。

 

さて、真面目な話題。

上級者のための3本指技法〜メカニカル・トレーニングvol.2(柴田健著)は著者である柴田健先生に頼んで数冊送っていただけました。私の生徒の方で興味がある方にはお分けいたします。お問い合わせ下さい。』と先日のブログで書きましたが、反応がすごいです(すごい…といっても小規模ななかでの「凄い」ですが…)。

レッスン時に直接&メールにて取り置き…という感じで、残り一冊となりました。

早いもの順です。

右手3本指奏法(a,m.iを均等に使って音階などを弾く)のための教則本。特に音階の部分の左手の運指&右手の運指は非常に参考になります。具体的にバッハのシャコンヌなどを三本指でどのように処理するか…などにも触れており、クラシックギタープレイヤーであれば、是非目を通しておきたい一冊です。

柴田健先生教本

 

 

 

 

 

 

 

 

(※2009年3月13日追記)

上記の教本、私の手持ちは全部売り切れました!

多数のお問い合わせ、ありがとうございました。

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ

音階練習教材

「音階練習」。

無駄であるような…有益なような…結論からいうと、やった人しか「有益」という感覚は得られないのかもしれません。

自分自身の経験からいうと、がむしゃらにやっても何かは学べます。理論立てて目的意識をはっきりもってやったつもりでも、何も学べないこともありました。

とりあえず、試してみて…それから結果を待つ…。生徒を指導していても、とりあえずやらせてみて本人が何らかの効果を実感してもらうのを待つしかないのかもしれません。

どちらにしても、音階練習を通じて、技術面、音楽面において実に多くのことを学べると私は信じています。

私がレッスン時に実際に使用していたり、参照している音階練習のテキスト(もしくは理論書)をご紹介します。

.▲鵐疋譽后Ε札乾咼◆屮瀬ぅ▲肇縫奪・スケール」→クラシックギター学習者の定番です。基本的なクラシックギターの運指法を学べます。ある意味でセゴビアの運指法を学べるものでもあります。初心者の人でも、とりあえず入手してハ長調だけでもやっておけばだいぶ役にたちます。

ホセルイスゴンサレス ギターテクニックノート/手塚健旨・訳→音階だけを扱った本ではありません。左右の指のテクニック練習が載っている本です。ある意味で,離札乾咼▲好院璽襪茲蠅癲⊃得擇如▲蹇璽櫂献轡腑鵝▲魯ぅ櫂献轡腑鵑硫山がわけて出ていますので、実にわかりやすい。左手運指も適切で信頼できる本です。そのほかの練習もたくさんはいっていますので、買って損はない本ですが、独学では危険。できれば先生に練習方法などをアドバイスを受けながら使いましょう。

ギター上達のための ブロックスケール練習帳→最近のヒット教材。指盤の知識をつけるためにこれほど素晴らしい本はないかもしれません。ハイポジションが苦手、読譜が苦手…という人には良いです。上記、,泙燭廊△魴擇終えた後に取り組むと効果的です。私自身似たような練習を自分で作ってやっていたことがありますが、このように一冊にまとまっていると便利です。中級者以上の方には特にお勧め。指盤上の音の整理に向いています。

ギター、ベースのための読譜と運指の本(理論編)→私が大学生の頃にもっとも影響を受けた音階本(?)かもしれません。著者はジャズ奏者の濱瀬元彦氏です。楽譜を脳内でどのように処理し、指盤上の音に移し変えていくか…ということを徹底的に解明しています。しつこいくらいに理論的ですが、具体的にこの著作にかいていることを実践していくことは難しいことではありません。ただしある程度素直に本に書いてあるとおりに実践する一定期間は必要かもしれません。この本で書いてあることが理解できると、楽譜のみで運指を考えることなども苦痛ではなくなりますし、実は今まで無意識で用いていた運指などの理論的解明もできるようになります。ギターのための読譜と運指の本[実技編]という実技編もありますが、理論編を読まないと効果は半減です。理論編のみでも効果は絶大です。現在入手困難なのが残念です。

コ很薪音階練習(玉木宏樹著)→レッスンの友社刊。最近入手しましたが、この本も実に素晴らしい。ある意味でモード的な練習を取り入れた本です。上級者向けかもしれませんが、集中力を養う&音感を養う&音程感を感じる…という3点において、名著だと思います。ヴァイオリン用の本ですが、ギターでも音域的に使用可能です。実際に音に出して、その練習の意味を考える…というプロセスを辿っても効果的だと思います。かなり面白い本です。音楽が理解できている…という自信がある方は是非!

上級者のための3本指技法〜メカニカル・トレーニングvol.2(柴田健著)→右手テクニックに特化した本です。クラシックギターの3本指奏法(a,m,i)を用いた音階練習本(!)。イエペス的な音階(a,m,iを使って速い音階を弾く)を学びたい人には最適な本です。右手各指の力&コントロールを均等に養うためにも役に立ちます。各練習に具体的なメトロノーム指示があるので、段階的に3本指奏法を鍛えることができます。

 

以上、様々な音階練習についての教材&著作をあげました。よく中級者程度の生徒から「音階練習は何故やるんですか?」という質問をうけますが、ひとことでは答えることができないのが正直なところです。各自の生徒さんのレベルに合わせてそれなりの回答(「左手のポジションを正確に保つため」とか「ポジション移動を意識して練習してね!」とか…)はするのですが、その全体像となるとなかなか説明がつかないのですね。

上記のような音階に関する著作を読んでいくうちに、様々なことに気づくはずです。実際に機械的な練習というのはある程度必要なのですが、最終的には「音楽のため」にやっているのですから、耳をトレーニングし、音楽性を洗練させるために音階練習はあるというのが私の意見です。

 

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

ギターと初見

「極楽ソロギターサウンド」に関して私が書いたブログ記事にたいして、生徒さんから質問がありました。

この仕事について、ほとんど初見で録音・・・のいうくだりに反応したようです。

「初見力はどうやったら養われるのか?」・・・という非常に純粋な質問ですね。

 

一般的な答えは「質より量」です。

なんでもいいからまだ弾いたことがない楽譜を弾いてみる。各自のレベルに合うものを初見で弾いてみます。あまり難しいものは駄目ですね。ぱっと見て、「あ、これなら弾けそう・・・」というレベルの曲を選ぶ。

この場合、「絶対に止まらない」というルールを自分に課しておこなうほうがいいです。

もうひとつ、普段練習している曲を折に触れて「楽譜を読んで」演奏する・・・という癖をつける。これも重要。

もう既に暗譜してしまっている楽譜でも、もういちど「楽譜を読みながら」演奏する。ただこれだけでも、初見力は養われます。

ジョン・ウィリアムスは若い頃に、毎日ソル20のエチュードを最初から最後まで(!)通して弾いていたといいます。これで初見が強くなった・・・ということです。(この場合も間違えても気にせず、最後まで弾きとおすこと・・・が重要!)

ものすごくゆっくり楽譜の音を『読みながら』弾く訓練も大切です。全音から出ている「ギター・ベースのための読譜と運指の本」(濱瀬元彦著)という本を時間のある方にはお勧めします。一見、字ばっかり!ですが、理路整然と読譜という行為を解明しています。

楽譜を読む→音を出す・・・という「→」の間に行われている脳内の処理を扱った貴重な著作です。ゆっくり弾くことの重要さが理解できます。

 

ギターは同じ音がいろいろなところにありますので、この点にも考慮したトレーニングも必要です。

簡単なメロディーを様々なポジションで弾いて見るのがお勧め。ドレミから出ている「ポップスギターデュエット」などはメロディーだけのパートがあるので、そういう意味でお勧めですね。

中級者以上には、楽譜だけを見て左手のポジション選びや運指が浮かんでくるか?という訓練も必要でしょうね。

この訓練に特化した教材もあります。

「Guitar At Sight」(Charles Duncan著)というもので、一問一答形式になっています。ギターを触らずに指盤上の指の動きをイメージできるか?という教材です。

ある程度ギターのポジションなどに馴染んだ後にこの訓練を行うほうがいいでしょうね。

 

・・・とまあ、いろいろなアプローチがありますが、とりあえず毎日何らかの形で楽譜を読むという行為を行っていれば、自然に初見力はつくとも言えます。

私のギターレッスンで、エチュードは徹底的に量を!・・・はそういう意味もあります。

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

パークニングの教本

この前の記事で、クリストファー・パークニングの教本を紹介しました。

いくにんかのレッスンでは抜粋で使用しており、大変効果をあげています。

パークニングだからちょっと古い教材なのではないか?と思われる方もいるかもしれませんが、非常にオリジナリティ溢れる内容で、練習曲もこの本のために書き下ろされたものが多く、音楽的にも素晴らしいものばかりです。

数人の生徒から『どこで売っているのですか?』『是非欲しいです!』と言われましたので、アマゾンへのリンクを張っておきます。

↓第1巻です。

The Christopher Parkening Guitar Method: The Art and Technique of the Classical Guitar in Collaboration With Jack Marshall and David Brandon

第2巻もなかなかよいです。

これ↓

The Chritopher Parkening Guitar Method: The Art and Technique of the Classical Guitar

この第2巻の曲集も良く考えられており、中級者以上のかたにお勧め。1曲ごとの奏法解説&表現解説も丁寧です。ポイントがしっかりとわかります。

難点は(もちろん)すべて英語で書かれていること。

爪の削り方や練習方法なども「ひとくちエッセー」みたいな感じで書かれていて、とても勉強になります。

 

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ