ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

編曲&録音

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みはすぐにできます!
✳︎富川ギター教室Google+ページにてレッスンの空席案内などがわかります。

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

下記も是非フォローしてください。有益な情報満載です!
富川勝智ページ→Google+
富川ギター教室ページ→Google+

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

2015年のまとめ Part3〜勉強編

教えながらでも勉強できます。演奏しながらも勉強できます。
好きなことなら勉強できます。いままでもこれからもずっと勉強していくのだと思います。

学ぶことを本番とリハーサルを通じてできた一年でした。本番があるという強制力は一種の「締め切り効果」を発揮します。ある意味、締め切り効果でフォーカスしたものを実戦で使えるかどうか試す…このような状況下でしか学べないものはたくさんあります。

バロックギター。これはやっと本番で使うことができました。歌の伴奏のために通奏低音の勉強も集中的にやってみましたが、相方さんの古楽知識と経験に助けられました。リハーサル、本番通じて、バロックギターの可能性をしっかりと感じることができました。
IMG_2796


















アレンジもたくさんしました。主にAcoustic Ladyland用のアレンジでしたが、歌とギター一本でいかに広い世界観を演出するのか…ありきたりのアレンジではつまらないですが、どのあたりで「行き過ぎないように」落としどころを見つけるのか…数十曲アレンジし、本番で効果を試していくとじょじょに勘所がつかめてきます。

IMG_1302


















いずれにしても、今年の勉強は「本番」を通じてしたという印象が強いです。実際に本番数は多かったですし、新しいジャンルへもチャレンジしました。なので、とりあえず経験を積み重ねながら足りない部分を補っていくしかありません。

昨年までは著作や講習会で学ぶという形で、溜め込んでいく時期だったのかもしれません。そして、やっと今年表にだしながら学ぶという形になったのかもしれません。

そう考えると、来年は表にだしたものをより洗練された形に仕上げていく時期なのかなあと漠然と考えています。

そして知識や経験を溜め込みながら、ある程度のカタを抽出できればよいなあと考えています!


出版物に歴史あり〜我がアレンジの旅

昔、ヤマハの出版物のためにたくさんアレンジをしておりました。

それが最近また再編集されて出版されたようです。
Amazonでもなかなかのランクに入っています。(一時期はクラシックギター著作部門で一位!)




元の本はこちらでした。
今は絶版。Amazonさんだと中古で8000円近くついています(うわあw)



実はさらにその元版があります。。。

GTM01081300













私のブログ記事はこちら
ヤマハさんのサイトでももちろん絶版。2006年の仕事でした。

つまり「美しく奏でるクラシックギター」→「さらりと弾けるクラシックギター」→「憧れのクラシックギター名曲選」と変化していっているわけです。

うーん、出版物に歴史あり。我がアレンジに歴史あり。我が録音に歴史あり。
…といったところ。名前が出ている仕事もありますが、名前がでていない仕事もあります。もう自分でもいろいろと忘れてしまっているものもあります。

とはいっても、本屋なので「あ、これ、自分の仕事だ!」というのはすぐにわかります。



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ


 

「Acoustic Ladyland〜Sing and Strum!」(石塚裕美&富川勝智ライブ)終了!

3月22日下北沢SEED SHIPにて行われた「Acoustic LadylandSing and Strum!」が無事終了しました。なかなかない組み合わせだったので、集客が怖かったですが、蓋を開けてみれば…たくさんの方にご来場いただけました!そして、反響もたくさんメールなどでいただいております。

DSC01594
 









出演は石塚裕美(ヴォーカル)と富川勝智(クラシックギター)のみ。石塚さんはソロシンガーやコーラスとしての活躍中、レコーディングやヴォーカルディレクションの仕事で、引っ張りだこのばりばりの現役ミュージシャン。

かたやこちらは「クラシックギタリスト」…いったいどんな組み合わせで、どんな曲をやるのかなあ?…と様子見の方が多く、集客が直前まで見えない状態でした。

当日はたくさんの方にいらしていただけたわけですが、いったいこの二人がどんなことをやるんだろう? という物珍しさを感じている方がほとんどだったような気がします。

裕美さんの関係者も「え???クラシックの人とやるの?」という感じでしょうし、私の関係者は「え?ポピュラー??どんな曲やるんだろう?」という気持ちだったとは思います。

終わってみれば、「また聴きたい!」「是非、この組み合わせで続けていってほしい」という意見がほとんど!嬉しかったです。裕美さんの関係者にはプロシンガーやプロミュージシャン、音楽業界の方がたくさんいましたが、その方々から様々なアドバイスをいただきました。

録音作品作ってみたら?とか・・・こんな場所でやったらいいとか・・・選曲はこんなテーマでやってみたら?・・・次はPAやりますよ!・・・とか。打ち上げでいろいろな意見がでました。たくさん意見が出たということは、この組み合わせ(ポピュラーヴォーカルとクラシックギター)の面白さと可能性をみなさんが感じてくれたのだなあと嬉しく思いました!ほんとうにみなさんありがとうございます!

セッティングはほぼ生音。会場の広さの関係と音の質感のコントロールの関係から、ヴォーカルにのみ、うっすらマイクを通しました。ギターは完全生音。

DSC01585









セットリストは以下。括弧内はその曲を歌っている人です。実に様々な歌手のものをセレクトしました(そして、かなりマニアック!)

  • Water is wide(カーラ・ボノフ)
  • Both Sides Now(ジョニ・ミッチェル)
  • 制服(松田聖子)
  • Tomorrow is Another Day(石塚裕美)
  • 愛のままで(秋元順子)
  • Dancing Days(レッド・ツェッペリン)
  • Woman〜Wの悲劇のテーマ(薬師丸ひろ子)
  • 夜へ急ぐ人(ちあきなおみ)
  • 夏なんです(はっぴぃえんど)
  • 機関車(小坂忠)
  • 陽気なマルコ〜草原のマルコ
選曲の段階から、かなり話し合いながら、歌詞の内容を吟味し、編曲のイメージを探しながら、準備しました。ボツにした曲も結構ありました。

クラシックギターらしさを求めること。歌と歌詞の内容をしっかりと伝えること。この二点を基本に編曲しました。普通にコードをかき鳴らすのでは、クラシックギターらしさは出てきません。必要最小限の音で、歌のもつ世界観を伝えることに主眼をおきました。

結果として、普段みなさんが馴染んでいるバージョンとは違うイメージの編曲になったものもあります。とはいっても、曲や歌詞がもつ世界観を私と裕美さんでしっかりと伝えることはできたかなあとは感じています。

MCも、なぜか好評でした。曲の内容やそこから脱線した話もたくさんしましたが、たのしーくライブできました。

DSC01608

 







初の試みでしたが、石塚さんも私も手応えを感じております。次のライブ、近いと思います(現在企画中)。歌の凄さ、クラシックギターの新しい可能性を感じたい方にも是非聴いてもらいたいデュオです!

DSC01615









↑最後に・・・友人が撮影してくれたお気に入りの写真。

ありがとう!


 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ


 
 

声音とアレンジ〜ギターパート編曲の方法論

本日は3月22日は「Acoustic LadylandSing and Strum!」のための最終リハーサルでした。演奏曲も本日でほぼ確定!

hiromi&tommy リハ風景









おおまかなアレンジはしてあります。でも、リハーサルをしながら、石塚さんの声音や歌い回しに合うように編曲を微調整したい。なので、ビデオに撮って後からYouTubeにアップしておきます。便利な時代です。

(もちろん、自分の練習用&確認用なので一般公開はしていませんが)

これを見ながら、あとから楽譜に微調整をいれます。

IMG_0587

















アンサンブルのために、アレンジをするためのアプローチとして、おおまかに以下の二つがあります。
1:自分の世界観でアレンジしてしまう
2:アンサンブルする相手の世界観を加味した上でアレンジする

アレンジにはどうしても「個人のくせ」がでてしまいます。その世界をとにかく盛り込んでしまって、きめきめのアレンジを作ってしまって、相手にはそれに合わせてもらう。そういう方法と、もうひとつ「2」のように、相手の癖や長所などを見ながらアレンジをしていく・・・というアプローチもあります。

今回の石塚裕美さんとのセッションでは「なんの曲をやるか?」という段階から、お互いの癖がうまく折り合うところを探るというアプローチで打ち合わせ+リハを行ってきました。なので、必然的に2の方法でアレンジしていることになります。

つまり、現在進行形・・・という感じで作業を進めています。

歌とギター、特に歌とクラシックギターでのデュオという形態はとても珍しいです。そして、その中に、シンガー石塚裕美さんという個性と私の個性が折り合う点を探しているという状況です。

リハーサル動画、1時間弱を見終わって、ブラッシュアップすべき点がかなり見つかりました。日曜日まで数日ですが、より良いステージするために推敲を重ねたいと思います。

チケットは当教室でも販売しております。また私へのメールでも予約が可能です。ぜひ、たくさんの方に聴いてもらいたいライブです。
tomikawaguitar@gmail.com

Acoustic LadylandSing and Strum!

2015.03.22(Sun.) 

13:30 start (open 13:00)


出演:石塚裕美 富川勝智

場所:下北沢 SEED SHIP http://seed-ship.com/index.php

世田谷区代沢5-32-13 露崎商店ビル3階 電話:03-6805-2805

13:30スタート (13:00オープン)

チャージ:2500円+1ドリンクオーダー 


リハーサル風景はこちら!
曲は薬師丸ひろ子さんの「Woman」です!
 

賢者たち(作曲すること)

来年、2月28日に当教室の生徒さんたちで結成しているリオリコ・ギターアンサンブルの第2回目の定期演奏会があります。渋谷の伝承ホールにて行います。

全体の合奏だけでもよいかな?…とは思ったのですが、小編成のアンサンブルもあったほうがいいのかなあと思ったので、曲を作りました。

こんな曲です(私のひとり三重奏…ミスタッチとかは多めにみてくださいまし 苦笑)。
los sabios

 
初心者でも抵抗なく譜読みができて、アンサンブルとして楽しめる&アンサンブルが成立したときはそれなりにアダルトなサウンドになる…という条件で書きました。

日曜日にアンサンブルの練習日がありましたので、その時間でちょっとだけ合わせてもらいました。

10593230_1539703752933579_182928652884367522_n










うーん、なかなかいい感じ!…アンサンブルにいると、どうしても「あのひとが同じパートにいるから、なんとなく誤魔化しちゃえ!」というノリになるものです。トリオであれば、ひとりが1パート担当しますので、責任感が必要となります。逆にいうと、自由に歌うことができます。この楽しみはトリオやデュオでの醍醐味となります。

今回、私が書いた曲は、どのパートもほとんどが単旋律です。弾きやすさととっつきやすさを求めたという部分はありますが、各パートが対等な関係を持ちながら最後までひとつの道を歩み続けるという面白さを味わってもらいたいというのがありました。

さて、来年までどうなるかな?…非常に楽しみです!

 
レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ