ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

2008年夏期講習会

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みはすぐにできます!
✳︎富川ギター教室Google+ページにてレッスンの空席案内などがわかります。

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

下記も是非フォローしてください。有益な情報満載です!
富川勝智ページ→Google+
富川ギター教室ページ→Google+

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

あづみ野ギターアカデミーレポート(個人的感想)

2008年8月8日〜10日にかけて長野県安曇野にて行われた「あづみ野ギターアカデミー」についてのレポートです。

今回の講習会の参加者から多くの感想をメールなどで貰っています。また各受講生が立ち上げているブログのなかからも、さまざまな「思い」を感じることができて主催者としては非常に嬉しい限りです。

さて、今回のブログ記事は客観的な感想ではなく、ごく私的なレポートです。いわば、私が学んだこと、勉強したこと、再確認したこと…の発表です!

受講生とのレッスン。実に楽しかったです。やはり新しい空間、普段のレッスン室とは違う空間でのレッスンは面白いものです。できれば、本館ホールでずっと通してレッスンしたかったなあ、というのが個人的感想(各講師、午前、午後…などに分けて場所を移動しながらレッスンしていたので…)。

今回、受講生をレッスンしていて気づいたことを書いていきます。普段私のレッスンを受けている人であれば、いくつか思い当たることもあるでしょう。

 愡悗旅舁的な動きの基本は“握る動作”』。最近、ちょこっと思いついた(というよりやっと整理できた)「i-mach」理論で、一応トレモロのレッスンを段階的に説明してみました。これが結構うまくいきました。聴講生の中には『あの方法ならスムーズにトレモロがマスターできそう』という感触を得たという方もいて、ああ、公開して良かったなあ、と思いました。

◆惷間にある音を聴くこと』。これはおそらくアンドーヴァーの講習会とリンクするとよく理解できると思います。生徒さんの受講曲はエストレリータでしたが、家に帰って練習してみると『音量が増した』と実感できた、ということでした。

『音楽のリズムの変化に敏感になること』。ある決まっているパターンを破るときに音楽は動き始めます。この単純なことが分かるだけで、表情付けがかなりうまくいくようになります。

ぁ慍賛Г諒儔宗畧鴫擦諒儔宗戞F辰鵬諒の場合は、この発想がないと音色の変化が均質になります。また発音の仕方も『柔らかいー固い』というふうに発想していく…など、いろいろなイメージをもって、それを事前にイメージしてから弾くことが大切なのです。

ァ惻,硫擦悗硫残をしっかりと予測してから弾く』。プラテーロ『死』のレッスンです。実はこの曲、ものすごくメロディーの音程をとるのが難しいのです(やってみると分かる)。同じ音程でも、その前後のハーモニーによって表現法は変わってきますし、いくつかのバリエーションはあるでしょうが、やはりこの音程感を感じることが音色やダイナミクス、アタックのタイミングを規定するといえます。音程をとるのが難しいところは、次の音に行く前に演奏をストップし、自分の声で次の音高をとってから、ギターで弾く…というプロセスを繰り返しました。

Α愡悗瞭阿にあった爪の形を作る』。これができていないと、いくら指が自然に動いていたとしても、弦をしっかりと捉えることができませんし、弦を『スムーズに動かす』ことができません。爪の形は指の動きを決めてしまいます。『正しい爪の形が正しい指の動きを導く』ともいえるわけです。もちろん、その前提として、右手の指の動きは自然で無理のない動きをしていなければなりません。しかし、この動きができたとしても、爪の形がその自然な動きを妨げている…という危険性があることは是非知っておくべきです。ドイツのギター界の重鎮、佐々木忠先生のレッスンを昔受けたことがありますが(中学生のとき)、延々と爪の形を削られた記憶があります。佐々木先生は、まさに『爪の形ができていないと、正しい指の動きは得られない』という考えだったのでしょう。

А惷覆里覆で常に音程感などを感じながら、驚きや意外性などをイメージしながら演奏する』。これは上記、とイ箸盍慙△靴泙后アストゥリアスの中間部などには、「?」や「!」という音程が実に多く登場します。自分がその音の中に存在するとイメージし、行き着いた先(次の音)の“感情”をしっかりと噛み締めながら弾いていくこと…これができれば、同じ曲を弾いても、常に新鮮な感覚で演奏することができます。

─愕擺錣寮能に先入観を持たない』。“自分のタッチや自分の楽器ではいい音はでない”と最初から思ってしまうと、“いい音”はでません。もちろん、最終的には楽器の性能は大切です。右手は私、左手は生徒さん、という二人羽織で弾いてあげると「自分の楽器でこんな音がでるんだあ!」とびっくりする生徒さんもいます。で、ちょっとだけタッチのコツを教えてあげれば、同じ音量、音質がでるものです。

次は番外編。

真夜中に、余興で楽器当てクイズをしました。弾き手を1人用意し、アルカンヘルやロマニリョスなどの音を当てるというクイズ。これも、随分弾き手によって変化するものだなあ、と思いました。やはり、「その人の音」になるのです。また、普段身近にある楽器は当てやすいようです。私が弾いたアルカンヘルの音は、やはり私の生徒さんには「当てやすい」ようです。でも、私は自分の生徒が弾いたアルカンヘルの音を当てることができませんでした。

あと、目隠しをして「自分の楽器を当てる」というゲームもやりました。普段、如何に客観的に自分の楽器の音を聴いていないのか…このゲームに参加した人は皆思ったようです。つまり、なかなか確信をもって、この楽器はマイギターというふうには言えない…のです。

これらのゲームは、非常に新鮮な感覚を参加者に与えてくれました。結局、『弾き手が8割かなあ』とも思います。また、普段如何に客観的に自分の音やタッチを分析していないかも、実感しました。

それでも、やはり各楽器の音には個性があります。このパーセンテージとしては小さな個性が、実際の演奏では大きな深みとなって現れてくるのかなあ?…と漠然と思いました。しかし、まだ結論はでません。ますます自分のタッチと楽器に課題が増えてきたような気がします。

本来であれば、楽器に見識のある人(楽器製作家やギター専門店の方)を招聘して、レクチャーなどをやってもらってから、このゲームをやると面白いかもしれませんね。でも、そうなると、また複雑な問題が絡んできそうで怖いような…楽器製作家が自分の楽器を当てられなかったりして…。

お楽しみ、でやるほうがいいのかもしれません。でも、このゲームの参加者は皆「勉強したな〜」という顔をしていましたね。実に楽しかった。

次も番外編〜帰りの指遊び編。

帰りはスタッフ全員同じバスで東京へと戻りました。戻る途中、皆何故か「眠気覚まし」のため、指遊びをしておりました。また逆アポヤンドの練習の話とかもしましたね。また「挟み打ち」の話題にもなりました。やっぱり、みなギター弾きですから、みな『それどうやるの?』といった感じで、必死で(バスの中で)練習。

こういうのも、みな色々とネタをもっているもので、ギターを離れたこのような指トレーニングは「リスト」を作ってみると、実に楽しいものになるかもしれません。

では、『(無理やり)まとめ編』です。

今回の講習会の運営をやってみて、感じたのは、やはり色々な人が集まると『面白い』ということです。皆ギターを愛している人ばかりです。そして音楽を愛している人ばかり…そして、ギターや音楽を愛している人が集まる場が好き!…というスタッフがいますね。そして、その「熱」に巻き込まれていく人々…このように音楽やギターというのは「伝染病」のように広がってきたんだなあ、と。

このことで一番面白かったのは、会場となったセミナーハウス花村のオーナーご夫妻の変化だったかもしれません。『これほど情熱を感じる講習会や集まりは初めて見た!』といってくれて、それまでのビジネスライクな雰囲気から一転。その変化が訪れたのは、やはり最終日の受講生コンサートだったような気がします。オーナーの奥さんのほうが『ギターがこれほどまで“優しい”音色の楽器だと思わなかった』と仰ってくれました。

もう、この言葉を聞いただけで、この講習会をやって良かったなあという気がします。

来年もやります。今年参加した人は又是非ご参加ください。

参加できなかった人は、来年是非。何かは得られます。

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

あづみ野ギターアカデミーレポート(運営編)

2008年8月8日〜10日にかけて長野県安曇野にて行われた「あづみ野ギターアカデミー」についてのレポートです。

(↓これは講習会終了後、約90パーセントのスタッフが含まれている写真です)

第1回あづみ野ギターアカデミー

今回は運営面について。

昨年までの教室合宿と違ったものにしようと考えて、いろいろとアイデアを練っているときに、やっぱり個人レッスンだけでは味気ないなあ…と思いました。また昨年までの経験で、自分ひとりで動いていると時間的にも精神的もやられるなあ、という思いもあって、運営委員会を立ち上げました。そうしてゼロから企画を考えていきました。

今年早々から定期的にスタッフ会議を招集し、ミーティングを重ねました。直前になれば、宿長(Sさんです!)と予算&現地ディレクター(Yさんね)との連絡のやりとりも非常に頻繁に…。

ロケーションの設定、スケジュールの調整、講師の選択、申込者への郵送、細かい備品やグッズの製作…いろいろと考えることが多く、やはりかなり慌ただしかったです。それでも、宿や現地との交渉、収支の計算、実際の運営などスタッフに一任して正解でした。私ひとりでやっていたら「穴だらけ」だったでしょう。

私は、チラシ作りやホームページ管理、ブログの更新にがんばりました。結構ゼロからつくるのは大変でした。まあ、今回雛形を作ってしまったので、次回以降はちょっと楽になるかなあ…とは思います。

基本は私の生徒からスタッフは選びましたが、みな優秀すぎるくらい優秀で、まさに適材適所…綺麗に整った動きを見せてくれました(うまいこと、彼らの本職とリンクした得意分野で活躍してくれました)。また多治川純一(講師兼任)と丸山耕太郎の両氏は若手ギタリストとして実に頼もしく活躍してくれました。実際彼ら、若手ギタリストがいた御陰で、アンサンブル指導なども実にスムーズに進行したと思います。

また、ラジオ体操代わりに「朝の基礎練習」というのを朝7時〜行いましたが、それも多治川&丸山に任せました。短時間で効果的なトレーニングをいろいろ考えてくれました。

あと、直前でスタッフTシャツを作ろう!ということで、製作。これも私の生徒さんにTシャツ作りのプロがいたため、安価でグレードの高いものができました。多めに作って、希望者に売る予定でしたが、ちょっと余ってしまったのが残念!

(※みな助けると思って買ってくれればいいのに〜…ちょっとだけ愚痴)。余ったTシャツは来年の富川ギター教室の弾き初め会景品…ですね。

ということで、優秀なスタッフがいた御陰で、講習会開始〜終了まで、私はのんびりと生徒の指導と面倒見に専念することができました。

どちらにしても、直前になって、「朝の基礎練習講座」と前日になって(!)「アンサンブル講習会」もプラスになったので、ハードなスケジュールでした。受講生にとってもハードでしたでしょうが、裏で支えるスタッフはもっとハードだったと思います。

また、正式スタッフ以外でも、カメラマンとして各部屋を回り撮影にいそしんでくれたKさんにも感謝。また受講生ですが、「ドクター」として受講生の体調管理に奔走してくれたSさんにも多謝。その他、バーベーキューの調理人として大活躍してくれたM君とS君(宿のオーナーには相当可愛がられていました)。…いろいろ考えると、スタッフ以外にも裏で大活躍の当日スタッフが一杯いましたね。

やはり、講習会っていうものは、参加者とスタッフがみなで作り上げるものなのだなあ、と実感(もちろん、受講生なので、音楽とギターに集中するのも講習会の「力」となります。これはこれでOK!!)。

ということで、信頼できるスタッフと優れた講師に恵まれ、実に幸せな気分で講習会を終えることができました。

もう本当に感謝の言葉しかありません。

来月あたりから次回に向けてのスタッフ会議をスタートしたいと思います。次回はより良いものにすることを目指していきたいと思います。

さて、このレポート、もうちょっと続きます。次は「個人的な感想」編、です。しばしお待ちを!

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

あづみ野ギターアカデミーレポート(演奏会編)

2008年8月8日〜10日にかけて長野県安曇野にて行われた「あづみ野ギターアカデミー」についてのレポートです。

前回はレッスンとアンドーヴァー及びアンサンブルについて書きました。

今回は演奏会について書きます。

初日夜は多治川純一と丸山耕太郎(※今回の事務局長でもある彼はレッキとしたプロギタリストです!)とのジョイントコンサート。デュオもあり、ソロもあり…これはある種私が強引に組ませたという部分もあるのですが、いい感じにはまりました!

カーネモーケ

二人とも若手のプロです。おそらく今まで各種講習会やマスタークラスなどで多くを学んできたことと思います。それぞれ、すでに教授活動も演奏活動も始めていますので、これからは共演者から多くを学んでいくという経験がなによりの「勉強」となります。そういう意味で、ちょっと組ませたら面白いかなあ〜と私、富川は思ったわけです。

実際に私も多くの優れた共演者に恵まれてきました。一緒に演奏して初めて『こういう演奏スタイルがあるんだなあ』とか『え?そういう表現もあるの?』とか分かるものなのです。そのようにして共演者から多くのものを学んできたような気がします。

さて、2日目夜は、私、富川勝智と池田慎司のコンサート。もう、何回もやっていますので、楽です。この「楽」っていうのが、いいですね。勿論、時間もなく細かい打ち合わせはできませんが、お互いの「方向性」が定まっていれば、細かい部分は直感であたりをつけていくという感じです。毎回会うたびに池田君の進化を感じることができます。リハでも、一回目からそれを感じることができるので、こちらもちょっとしたネタをもらうことができます。そして、こちらのネタをお返しする…。こういうプロセスが本番でもできるというのが、とても楽しいです。

あづみ野コンサートホール演奏会

あづみ野コンサートホール演奏会

ソロはそれぞれ、スペイン物で固めました。これは電話打ち合わせで、おおまかに決めておいて、前日に正式な流れを決める感じです。私も結局前日にソロプログラムを決めました。

演奏会本番で弾いた感触は、ホールの響きをうまく活かせたと思います。良いホールでした。音色の「手触り」がしっかりと感じ取れる…というか…。いくつかコンサート後に頂いた感想をここに記しておきます。

M君のコンサートを聴いた感想。

もちろん全て良かったですが、富川先生のデラマーサ、本当に良いなぁ‥と思ってしまいます。今回はいつも以上に。何だか至高‥って感じ。弾きたいけど、もはや高みに至っていて近づきがたいのかな。ギターを聴いていて、あんな風に弾きたい、より、聴きたいが優先される音楽って余り多く巡り会わない気がする。人間的な深みが音楽に現れているのか、凄い演奏だなぁと思っていました。人間的な深み、自分にももっと欲しいなぁ。それから。池田先生のラグリマにも感動してしまった‥。一音一音に対して考えて理想の音を追及して音を出して、音楽を作って‥。ゆっくりなテンポで、一音一音への繊細で優しい気配りがこれでもかと言うばかりに感じられて。このように弾いていくのだな‥こんなに音を大事にして弾くのだな‥と感じて感動してしまった。これも、音に対する優しさが感じられると言うか‥いつまでも感じていたいと言うか、いつまでも聴いていたかった。
他も、当然のように良かったですが、特に感動してしまったので‥。デュオも、もう‥絶品でした‥!

Sさんのコンサートの感想。

コンサートが本当によかったです。
これまで聴いたギターのコンサートの中で一番印象深かったです。
ひたすらに富川先生のギターの音が美しくて聴き惚れました。
また、コンサートで先生の演奏を聴けることを楽しみにしています。

…演奏を通じて受講生の方に勉強してもらえるのも「講習会」のコンサートとしては理想的です。結局は、我々演奏家は『美しいもの』を聴き手に与えるために演奏をするのだし、そのような音楽を作ってもらいたいと受講生にも期待し、教えているのです。また、演奏家自身も、演奏中に音楽から多くのエネルギーを貰っています。このエネルギーを貰う経験をした人は、絶対に音楽を捨てません。というよりは捨てることができなくなります。この『一瞬の美』の経験があるからこそ、私はステージで演奏しつづけるのだろうし、池田君もそうなのだろうなあ、と演奏後に思いました。

さて、あづみ野ギターアカデミーの演奏会について、いろいろ書きました。まだ、レポートは終わりません。次回は「運営編」です!

(講習会レポート・・・長いですね。まあ、夏休み特別企画だと思って、のんびりお読みください。麦茶でも飲みながら…)

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

あづみ野ギターアカデミーレポート(レッスン&レクチャー編)

2008年8月8日〜10日にかけて長野県安曇野にて行われた「あづみ野ギターアカデミー」についてのレポートです。「レッスン&レクチャー編」です。

個人レッスンは3人のギタリストによる担当。富川勝智、池田慎司、多治川純一です。

AGAレッスン風景

聴講もあるマスタークラス形式…やはり教えるほうは聴講がいると生徒さんとのレッスンのスタイルを変化させます。聴講の人にも共通の問題点があるという前提でレッスンを進行させるものです。私の場合は特にそうです。普段のレッスンでは行わない「体験」的なアプローチをいくつか用いました。おそらく、こういうものは聴講生という「聴き手」がいないと成立しないし、「聴き手」がいると、いろいろとアイデアが沸きます。

やはり普段のレッスンですと、長いスパンで各自の生徒さんの上達を考えているわけです。必然的に数ヵ月後、数年後の生徒さんの姿を予想してレッスンするものです。しかし、マスタークラスの場合はその場限りという感覚が強いです。受講生と聴講生両方のためにレッスンを行うのですから、当然教える内容とか密度とかは変化します。

残念なことにスタッフの話によると、受講生の中には、部屋に引きこもって練習だけをしていたり、昼寝の時間が長すぎる(?)人もいたようです。もうちょっとアクティブに、あちこちの講師のレッスンを聴講して欲しかったですね。

井桁典子先生によるアンドーヴァー講習会…プロジェクターや骸骨模型を使って、非常に分かりやすい説明でした。みな、ギター弾きですので、やはりギターに特化した問題点を追及していくという形で進行いたしました。アンドーヴァーはアレクサンダーテクニークの演奏家への応用バージョンです。実践的なアイデアが豊富に含まれていて、みなの役にたったと思います。私自身も実に勉強になりました(雑用に追われて、全部の講義をパーフェクトには聞けなかったのが残念!)。

実際に受講生をモデルにギターを持ってもらって、アンドーヴァーがいかに実際に役に立つか、音に変化を与えるかを実感してもらいながらの講習会でした。受講生は20代〜30代が中心でしたので、レスポンスが早い!…という印象。脳みそが柔軟なほうが、アンドーヴァーは理解しやすいし、身体への反応はストレートなのだなあ…と思いました。どのような場合でも楽器演奏は身体と切り離しては成立しません。私が一番最初に習った先生も『楽器演奏はスポーツと一緒』とよく言っていました。この教えは非常に貴重なものとして、その後プロを目指すときにもこの言葉を思い出しながら練習を続けました。

スポーツはやはりダイレクトに身体を扱う分野なので、身体の研究はかなり進んでいます。芸術の分野に入る音楽の世界と比べると、おそらく何倍もの時間を身体の動きの研究に用いているのでしょう。それでも、さまざまな理論があり、おそらくスポーツ科学の分野はまだまだ進化し続けるのでしょう。

音楽の分野においては、身体の研究はまだあまり進んでいるとはいえません。そういう意味でアンドーヴァーはダイレクトに身体側からアプローチするものなので、実に応用が利きやすいものです。しかし、実際にそこから『自分の身体に合った奏法』を見つけていくのは、先人の知恵(多くの巨匠達の奏法)に実例を見つけていくことが実は大事だということを忘れてはならないと思います(これは私の個人的意見です)。ということで、やはりセゴビアやカルレバーロ、イエペス、ロメロファミリー…(まだまだ一杯いますけど・・・)の奏法を、『彼らが作りたかった音色や音楽』をしっかりと把握しながら、研究することを怠ってはいけないと個人的には思います。

さて、アンサンブル講習において、それぞれの基礎レベルが高かったため、非常に学ぶところが多かったと思います。私自身、いくつかのアマチュアアンサンブルを指導してきましたが、それぞれが個人プレイヤーとして通常のレッスンを受けている集合体は圧倒的にまとまるのが早いです。今回の講習会参加者はみな、通常個人レッスンを受講している人ばかりでしたので、基礎面ができています。読譜面で「落ちたり」「もどったり」「とまったり」…ということはなく、「音楽のレッスン」及び「アンサンブルのレッスン」に集中できました。

テーマが如何に形を変えていくか、スラーのニュアンスと言語の関係…音量変化のこと…さまざまなことをアンサンブルから学ぶことができます。これはアンサンブルに特化したことではなく、あくまでも「音楽のレッスン」ですから、もちろん独奏曲を弾くときにも応用できます。逆に言えば、独奏曲のレッスンにおいて、上記の「音楽面」をしっかりと意識していれば、アンサンブルにおいても的確なアプローチができるということになります。

上記いくつか書いてきましたが、個人レッスン受講&聴講&アンドーヴァー&アンサンブル…この4つをうまくリンクさせた人は一生分の課題を得たことでしょうし、次回(来年予定)の講習会においても、その問題意識をキープできると思います。

音楽の勉強というのは終わりがありません。あるときふと「あ!そうだったんだ!」と思うこともあるし、何年かかっても「わからん!」というものもあります。しかし、常に自分の課題点や問題点を心の奥底に“転がしておく”ことが大切です。そういうふうにしておくと、何かの経験でふと正解へのきっかけが得られることが多いのです。

次回、まだ今回の講習会の演奏会について触れていませんので、それについて…。では!

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

あづみ野ギターアカデミーレポート(写真編)

これから何回かにわけて、2008年8月8日〜10日までにかけて行われた「あづみ野ギターアカデミー」についてレポートを書きます。

だいたいの動きは、携帯からの写真でこのブログを読んでくださった方であれば分かると思いますので、概略を。またスケジュールの部分は、あづみ野ギターアカデミー公式サイトをご参照ください。

まずは写真をどうぞ。

会場は以下のようなところ。

ログハウスです。

第1回あづみ野ギターアカデミー

ここは、本館。

第1回あづみ野ギターアカデミー

自然も豊かで、静かで良い環境です。

第1回あづみ野ギターアカデミー

さて、個人レッスン風景です。

本館ホールでの富川勝智のレッスン。

AGAレッスン風景

 

ログハウスで池田慎司氏のレッスン。
AGAレッスン風景

 

ログハウスでの多治川純一氏のレッスン。
AGAレッスン風景

 

井桁典子氏が講師のアンドーヴァー講習会。

第1回あづみ野ギターアカデミー

 

一日目夜の多治川純一氏と丸山耕太郎氏によるコンサート。熱演!

カーネモーケ

 

やはり安曇野は蕎麦!美味しかった!!

第1回あづみ野ギターアカデミー

 

アンサンブル指導中!!

第1回あづみ野ギターアカデミー

 

2日目夜はあづみ野コンサートホールにて富川勝智&池田慎司のコンサートです!

あづみ野コンサートホール演奏会

 

3日目、午後に生徒コンサート。

第1回あづみ野ギターアカデミー

 

池田慎司指揮によるアンサンブル。藤井眞吾氏作曲の「Air」を演奏!

第1回あづみ野ギターアカデミー

 

修了証書です。講師全員分のサイン入り!

第1回あづみ野ギターアカデミー

 

閉講式では、受講生全員に感想を喋ってもらいました!

笑いあり、涙あり・・・

第1回あづみ野ギターアカデミー

以上、内容たっぷりの講習会でした!

あと、今回の講習会で事務局長として裏方として走り回ってくれた丸山耕太郎氏のブログにも詳細なレポートが載っています。是非お読みください!!

もうちょっと詳しい内容及び、私の感想などは次回の記事にて!

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ