ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

ギター奏法

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みはすぐにできます!
✳︎富川ギター教室Google+ページにてレッスンの空席案内などがわかります。

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

下記も是非フォローしてください。有益な情報満載です!
富川勝智ページ→Google+
富川ギター教室ページ→Google+

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

クラシックギターの爪の形でお悩みの方は是非お越しください!〜3/11日曜ワークショップ

明日の日曜ワークショップは「爪」について行います。
普段、レッスンをしていて、質問ベスト3にはいるのが「どういう爪の形にしたらいいんですか?」というもの。

実はクラシックギター演奏のための爪の形は「奏法(弾き方)」と深く関わっています。
独学の方で多いのは、とりあえず誰かの真似をしたり、教本に載っているギタリストの爪の形を真似してみるものの「弾きにくい」「ちゃんとした音がでない」という悩み。爪のアーチや、弦にあたるアングルは個人差があります。なので、爪の形だけ真似をしても、弾きやすいわけはないのです。

ちゃんと考えられていない爪の形は「間違った弾き方」を導きます。そして、間違った弾き方を用いている限り、いつまでも「ちゃんと弾けない」のです。

なので、明日はまずは基本的なタッチの見直しからスタートします。そこでギターの書法に即した基本的なタッチができた上で、爪の形を検討していきます。

そして、ギターの音を「子音と母音」という観点から考え直してみます。そこから爪の役割を見直してみます(これはどの楽器でも歌でも同じなのですがw)。

実は2013年に現代ギター社主催で「爪講座」をやりました(ブログ記事)。この時にだいぶ爪質や爪の形状について研究をしました。そして、そこからレッスンにおいて生徒さんを指導するときにケーススタディーを積み重ね、共演したギタリストからもたくさんアイデアをいただいております。

なので、その後5年間かけて更に再整理された「クラシックギターの爪はどうあるべきか?」という内容を明日はお届けできると思います。

詳細は日曜ワークショップのブログでご確認ください。詳細はこちら!
初心者の方から、どのようなレベルの方でも参加できます。ふるってご参加ください。

b6328e5d










爪の削り方や磨き方も教えますので、参加する方はご自身が使っている爪やすりや紙やすりなど持って来ることをお勧めします。



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ




セーハ克服のポイント〜忘れがちなポイントをいくつか…

「セーハ」(バレー)を教えるときのコツを「教えて欲しい」というリクエストが地方に住んでいるお弟子さんからあったので、メール返信しました。せっかくですので、このブログを読んでいる方にも役立つかなあということで、そのメールの内容を再編集して、まとめてみました。

セーハについては以下のことを意識して練習してください。この三つの点に関しては無意識な方がとても多いです。セーハは筋力でも慣れでもないのです!

1:腕の重さをしっかりと使っているか?
2:左手人差し指の「そり」具合がきちんと調整されているか?
3:左手のポジショニングがしっかりと意識されているか?

1に関して。以前このブログに腕の重さを用いたセーハの克服法を書きました。それを参照してください。

2に関して。例えば、セーハといっても、1弦と6弦だけを鳴らす必要しかない場合は、人差し指の「そり」はほとんど必要ありません。ですが、コードでいえばFm7のように5弦の3フレットだけ押さえればよい場合のものの場合は、「そり」がしっかりとしていないと「びりつきます」。

ほとんどのギタリストが知らない練習法ですが、指の「そり」=「弦へ密着する指の形」を獲得する練習はあります。かつて僕が「極楽クラシックギター」というヤマハミュージックメディアからでたムック本でも紹介しました。現在非売であり、この練習方法を紹介した本は国内でみたことがありません。なので、ちらっとご紹介いたします。
IMG_0132











3に関して。セーハという技術を1の指(左手人差し指)だけの問題だと思っている人が多いです。実は1指から4指までの「独立」と正しいポジショニングができていないと、セーハが関わってくる和音を押さえることができません。

セーハが苦手が方はポジショニングと指の独立(例:ホセ・ルイス・ゴンサレス ギターテクニックノートの第5章にあるような練習)ができていない場合が多いです。

なので、このテクニックノートの「セーハ」の項目には以下のようにセーハを押さえながらスケールを弾くという練習が提唱されているのです。こういった左手各指の独立ができていることがセーハを楽曲の中で使うための前提となるのです。
IMG_0134


















以上のことに関しては、12/24に行われる「ホセ・ルイス・ゴンサレス ギターテクニックノート講座〜左手編」でもふれてみたいと思っています。具体的にどういった練習をするんだろう?と疑問に思った方は是非、参加してみてください(詳細はこちら)。




 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



教えたり弾いたり…11/12 テクニック講座と「THEギター」

秋…いそがしいです。毎週のようになんらかの演奏があったり、リハがあったり、新規プロジェクトの顔合わせがあったり…気分が「来年」だったり、やはり「とりあえずは年内を乗り越えるかー」という気分だったり。

前の日曜日はそんな感じでどたばたしておりました。

午前中:奏法ワークショップ
午後:演奏会

日曜ワークショッップでは右手のテクニックについて。右手のアクション、タッチの基本…爪の削り方までじっくりと講義しました。その上でホセルイス先生のテクニックノートを見直すことによって「基本奏法理論」と基礎練習の仕方を受講生の方と確認。
IMG_0901


















12月に左手編の奏法講座も行います。(詳細

午後は青葉台に移動して、私が月曜日に教えている井桁ギター教室主催のコンサートへ。「THEギター」という題されたコンサートでは、数名のギタリストが「これぞギター!」という楽曲を数曲ずつ弾くという面白い趣向のものでした。

23467488_1940715702611384_8386856413210156245_o







井桁ギター教室所属講師で写真撮影。

IMG_0912










新任講師もはいって、おいらは古株になってしまったなー。とはいえ、ほんわかとした気持ちのよい若手講師が多い教室です。みなさん横浜方面でギター習うなら「井桁ギター教室」へ!(是非、月曜日の富川クラスへおいでください 苦笑)

という感じの忙しい日曜日…次の日曜日はのんびりできるかなー?と思っていたら、19日も午後がギター史の講義…そして夕方からプライベートのパーティー演奏仕事でしたw 

…いそがしい年末。風邪ひかないようにかけぬけよう。

::::::::::::::::::
今後の予定
11/18 Acoustic Ladyland(石塚裕美&富川勝智)&イズミとアイシャlive@下北沢cafe/field
12/8 松岡滋+川畑淳+富川勝智LIVE@阿佐ヶ谷スタッカート
12/10 富川ギター教室重奏発表会:ゲスト松岡滋@音楽喫茶ミニヨン
12/15 オルガネックスティック×ねこぢたLIVE@三宿バックステイ
12/19 音楽鑑賞会
12/20 イベロリベロLIVE@音や金時
12/30 プライベート演奏@帝国ホテル

クラシックギター奏法の基礎を確認しましょう!〜日曜ワークショップ

先日、右手の爪の形についてワークショップをしました。スペインギターフェスタの講習会イベント内でワークショップを行いました。

その様子。↓

23172578_10210991558205710_1081633888117121942_n








基礎って大切です。誰でも(決まり文句のように)そう言いますが、ほんとうに基礎の「凄さ」を知っている人は少ないとも思っています。

年末なので、日曜ワークショップの枠内で「基礎確認講座」をやろうと思っています。

ネタ本は我が師匠が書いた「ホセ・ルイス・ゴンサレス ギターテクニックノート」。この本に書いてある練習例をもとに「基礎の確認」をしていきたいと思っています。
一回目は11/12。右手について行います。
二回目は12/24。左手について。

二回でクラシックギター奏法の基本をおさらいできます。
詳細はこちら




 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

セゴビア編ソルのエチュード講座〜とうとう11番まで終了!

セゴビア編のソルエチュードの講座をひたすらにやっております。毎月一回日曜日に「日曜ワークショップ」というものを2009年からやっていますが、その中で連続シリーズテーマものでやっております。

セゴビア編のソルのエチュードをテーマにしてます。アンドレス・セゴビアという巨匠の技をソル原典との違い、コスト編との相違点からあぶりだしていこうというレクチャーなのです。

今回で5回目。今回は右手のテクニック〜speed burstに関するものと、下降スラーの練習曲…実にテクニカルな二曲がそろいました。

speed burst…簡単にいうと「瞬時に速く弾く」技術です。バーストですから、一気に!…という意味ですね。

曲のなかで素早い音階がでてくることがあります。それは「準備なしで」一気に速いパッセージを弾かねばならないことが多いのです。そして、その感覚は「じょじょにテンポアップしていって、速い音階が弾けるようになる」という段階的な練習だけをしていては身につかないのです。

その意味で、セゴビア編ソルのエチュード10番は格好のspeed burst練習曲なのです。

今回、その運指に関して、いろいろな版をチェックしました。ソル原典、レヒーノ編、セゴビア編、そのほか…それぞれを受講生の方に、長所短所を確認した上で試してもらいました。

IMG_0566














11番は下降スラーの練習曲ですが、これも全体の音楽表現を確認した上で下降スラーに要求される「技術」を再考してもらいました。


…という感じで、いろいろと盛りだくさんの内容でお届けしました。

次の日曜ワークショップは11/12ですが、ちょっとテーマを変えて行います。…というよりは年末恒例の「ホセ・ルイス・ゴンサレス テクニックノート講座」です。11月と12月で二回に分けて行います。詳細な情報は「日曜ワークショップのブログ」で確認してください。

まだ未確定ですが、セゴビア編ソルエチュード講座12番以降は来年2月のワークショップからやりたいと思っています。



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ



レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ