ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

Acoustic Ladyland

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みはすぐにできます!
✳︎富川ギター教室Google+ページにてレッスンの空席案内などがわかります。

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

下記も是非フォローしてください。有益な情報満載です!
富川勝智ページ→Google+
富川ギター教室ページ→Google+

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

2017年のラスト演奏〜AcousticLadyland@帝国ホテルにて

珍しく年末にお仕事が入りました。
クローズドイベントのゲスト演奏ということでしたが、Acoustic Ladyland(石塚裕美&富川勝智)で呼ばれて行ってきました。

IMG_0600


















会場は日本一のホテル「帝国ホテル」でしたー!
IMG_0594










IMG_0592

















由緒正しきホテルです!…高級感がありながらも、無駄がなく、ずーっと居たくなるような雰囲気がある。。。演奏の前後にふらりと館内を見て回りましたが、やはい良いものです!

演奏のほうはリクエストなどがあったものを含めて以下のような感じでした。

1:amazing grace
2:fly me to the moon
3:tomorrow is another day
4:酒と泪と男と女
5:ワルツ
6:草原のマルコ
7:ヒマラヤ杉に見守られ

アメージング・グレイス。好評だったようです。すこしだけ和声に通常じゃないものを実験的にいれてみましたが、不思議なくらいブルージー。なかなかよいネタを考えついたかも。
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーンはジャズのスタンダードですが、なかなかこのコード進行いじれないですね。バラードとボサノバをまぜたスタイルで。
3は石塚裕美のオリジナルで、4〜6あたりは言わば「ザッツ・アコレデ」なレパートリーなのですが、マルコあたりはやはり人気ありますね。会場に一緒に歌っていた人が何名かおりました。
7の「ヒマラヤ杉…」は実はアコレデ初の共作です!

作詞:石塚裕美、作曲:富川勝智。実はこのイベントに呼んでくれたのはとある病院なのですが、そこの依頼で作った「病院のテーマソング」なのです。その初お披露目という意味もあったのです。大好評でした。いずれ、一般公開されたときにはみなさんに是非聴いて欲しいと思っています。しばし、お待ちください。

さて、アコレデのライブで、ライブ納め…演奏納めとなりました。来年もあれこれがんばっていきたいと思っております。みなさまご贔屓に!


:::::::::::::::::::::::::
Acoustic Ladyland Live

石塚裕美(Vo.)と富川勝智(Gui.)によるユニット”Acoustic Ladyland”の音楽はミニマムでありながらマキシマム。「ギター一本と歌一人とは思えない」という多くの声が届く独自の音世界。 通称”アコレデ”。


:::::::::::::::::::::::::::

Acoustic Ladyland(石塚裕美&富川勝智)ってどんな音楽やっているんだろう?…という方は当ブログのライブレポート記事を御覧ください。今までのライブレポート御覧いただけます。

Acoustic Ladyland Vol.1 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.2 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.3 ライブレポ


Acoustic Ladyland Vol.4 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.5 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.6 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.7 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.8 ライブレポ 

Acoustic Ladyland Vol.9 ライブレポ 

Acoustic Ladyland Vol.10 ライブレポ
 
Acoustic Ladyland Vol.11ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.12ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.13ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.14ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.15ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.16ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.17ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.18ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.19ライブレポ

「ギター小僧と歌姫たち」大盛況に終了!

11/18の「ギター小僧と歌姫たち」大盛況にて終了いたしました!ほんとうにたくさんのお客様にきていただき出演者一同感謝感激です。

アコレデとしては実に18回目のライブでした。今回はAcoustic Ladylandと「イズミとアイシャ」の二組でのライブ。

23722765_1650632288314488_7491546700195246496_n










まずはセットリストを大公開!打ち合わせをしていたら、ああいうのもやりたいこういうのもやりたいねー!…とツーマンライブを超えたコラボ色が強い内容になりました!

★ギター小僧
“氷雨月のスケッチ”

☆イズミとアイシャ

ロック・ウィズ・ユー(マイケル・ジャクソン)

タイム・アフター・タイム”(シンディ・ローパー )

サイエンティスト(コールドプレイ)

★アコレデ
 僕の贈りもの(オフコース)

小さな木の実(みんなの歌)
 突然の贈りもの(大貫妙子)

<二部>

☆ギター小僧

映画「犬神家の一族」より“犬神家愛のバラード”

★トミー&アイシャ

月の砂漠

☆さとし&ひろみ

海を見ていた午後(荒井由実)

★アコレデ

秋の気配(オフコース)

オーバー・ザ・レインボー

ワルツ〜他人の顔(武満徹)

☆イズミとアイシャ

ビリージーン(マイケル・ジャクソン)

オーバー・ザ・レインボー

ガール・オン・ファイヤー(アリシア・キーズ)

★全員で

秋桜(山口百恵)

アンコール:カリオストロの城より“炎のたからもの”(大野雄二)


以上、見ていただければお判りのとおり、もりだくさんな内容でした。
DSC00864_original









特に印象にのこっているのが、やはり和泉聡志さんとのデュオ。結局、このギター小僧二名がきっかけになって今回のライブが実現しているので、冒頭も二人でスタート!…ふたりでギターを弾くのは当然ですが、、、歌いました!

そして、二部スタートは「インスト」デュオで。和泉聡志さんがギタリストしてはいっている大野雄二さんの名曲「犬神家の一族〜愛のバラード」をデュオアレンジして弾いてみました。
急遽僕がアレンジして、リハ数日という感じでしたが、さすがの和泉さん!…当日までがっちりと消化して本番では本当に素晴らしいプレイを聴かせてくれました。


DSC00742_original









「イズミとアイシャ」もとっても素敵なデュオでした。アイシャさんの的確な発声とニュアンス溢れる歌声…それに的確に反応していく和泉さんのアイデア溢れるバッキング。うう、素晴らしい。

DSC00840_original










アコレデとしては、ある意味で小田和正祭り…でした。初期オフコースの名曲をがっちりとアレンジ。個人的には大貫妙子さんの「突然のおくりもの」のアレンジにそうとう頭を使いました。だって、伴奏のフェビアン・レザ・パネ氏の演奏がはんぱなく良いので。もうこれ以上のアレンジと演奏は不可能だなあと。でも、がんばって、ちょっとだけ違うアプローチで攻めました。ギターでしかできないボイシングを追求。レザ・パネ氏のフィーリングを踏襲しながら、ピアノではできない表現に辿り着けたと思います。

パートナーチェンジのコーナーも作りました。ギタリストが変われば、こう変わる。歌い手が変わればこう変わる…。実はこのコーナーは演奏者が一番楽しかったかもしれません。

同じ曲をそれぞれのユニットのアレンジで…というコーナーも。曲は「オーヴァー・ザ・レインボウ」。定番曲をそれぞれがどのようにアレンジするか。。。それぞれのグループの個性とギタリストの個性がはっきりとわかるコーナーで、お客様にも大好評。

最後の全員セッションまで、本当に楽しく演奏できました。
DSC01114_original










この組み合わせはとっても好評だったので、またやってみたいなあと思っています。「ギタリストと歌姫たち vol.2」ご期待ください!

:::::::::::::::::::::
Acoustic Ladyland Live

石塚裕美(Vo.)と富川勝智(Gui.)によるユニット”Acoustic Ladyland”の音楽はミニマムでありながらマキシマム。「ギター一本と歌一人とは思えない」という多くの声が届く独自の音世界。 通称”アコレデ”。

:::::::::::::::::::::::::::

Acoustic Ladyland(石塚裕美&富川勝智)ってどんな音楽やっているんだろう?…という方は当ブログのライブレポート記事を御覧ください。今までのライブレポート御覧いただけます。

Acoustic Ladyland Vol.1 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.2 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.3 ライブレポ


Acoustic Ladyland Vol.4 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.5 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.6 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.7 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.8 ライブレポ 

Acoustic Ladyland Vol.9 ライブレポ 

Acoustic Ladyland Vol.10 ライブレポ
 
Acoustic Ladyland Vol.11ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.12ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.13ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.14ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.15ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.16ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.17ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.18ライブレポ

11/18土曜日は…「ギター小僧と歌姫たち」へ!

土曜日のライブのリハーサルが終わりました。

IMG_0914










「ギター小僧と歌姫たち」…アコレデとして「イズミとアイシャ」ユニットとのツーマンライブの予定でしたが、パートナートレードや全員セッションやギタリスト二名のコラボなど考えていたら、「普通にがっちりと演奏会」な感じになりました。

リハを行っていても、それぞれの音楽の強さがはっきりとでているなあと感じました。おもしろいことに全員でセッションして同じ方向を向いているはずなのに、良いミュージシャンがそういう場合によりはっきりと「個性」がでるのです。そこが面白い。

そういう意味でも必見のライブです。

個人的には和泉聡志さんと音出せるのがとても嬉しいです。そもそも、実は僕は和泉さんのファンだったのです。かなり前ですが、ネットで動画を眺めているときに「お!いい音だすなー」と思ったギタリストがいました。それが和泉さんでした。

それから、彼が弾いている動画をひたすらに探して見続けていました。そして公式サイトの「使用ギター」のコーナーを見たら…あれ?アルカンヘル使ってんの??ということに。

そして、和泉さんのほうもこっそりと「アルカンヘルの弾き手としての富川」を意識していただいたようで…そういうご縁があって知り合ったのです。

アルカンヘルを持ち寄って弾きっこ会をしたのですが、ひたすらに数台のアルカンヘルを弾き回しながら数時間w…はたからみたら何が楽しいのかわからないでしょうが、至福の時間をふたりで過ごしました。そういうときは二人ともただの「ギター小僧」です。


そういうわけで今回のライブタイトルへと繋がっていきました。それぞれのギタリストが組んでいる歌い手とのツーマンというところから、話はスタートしていったのです。本番で音を出すことでしかわからないこともあります。そういう意味でも、わくわくです!

是非みなさんも、この「わくわく」を共有してくださいねー。ご予約まだまだ受付中です。残席わずかですので、是非ご予約を!下記メールにて承ります。

hrmii44-liveinfo@yahoo.co.jp

::::::::::::::::::::::
ギター小僧と歌姫たち


















「ギター小僧と歌姫たち」
2017.11.18 sat.
18:30 open 19:00 start
MC 3000+1d order

出演:AcousticLadyland(石塚裕美vo.&富川勝智gt.)、イズミとアイシャ(和泉聡志gt.&アイシャvo.)

富川勝智と和泉聡志…異なる分野で活動しながらもお互いのギターへのこだわりに敬意を抱き続けていた”ギター小僧”ふたり。それぞれのギタリストと「歌とギターだけ」というフォーマット活動をともにしてきた”歌姫”ヴォーカリストたち。”AcousticLadyland”と”イズミとアイシャ”の待望のツーマンライブ!

✴︎ご予約はお名前と人数を明記のうえ、下記アドレスまで。もしくは出演者までご連絡ください。
hrmii44-liveinfo@yahoo.co.jp

下北沢カフェ&バー cafe/field
東京都世田谷区代沢5-33-3ボート代沢1A
電話:03-3410-3488
http://www.e-zend.jp/field/

✴︎下北沢【南口】を出て、駅からマクドナルドとみずほ銀行のATMの間の南口商店街をひたすら前進してください。王将を過ぎた右角に、Live Juiceというオーガニックジュース屋さんがありますので、そこを右に曲がります(坂は上りません)。洋服屋さんを過ぎた左手の路面にあります。



Acoustic Ladyland:石塚裕美(Vo.)と富川勝智(Gui.)によるユニット”Acoustic Ladyland”の音楽はミニマムでありながらマキシマム。「ギター一本と歌一人とは思えない」という多くの声が届く独自の音世界。歌謡曲からハードロック、アニソンそしてオリジナルまで、自由で何にもとらわれない演奏でお届けします。

イズミとアイシャ:大野雄二率いるYuji ohno&Lupintic6 の人気ギタリスト、和泉聡志がヴォーカルにAyeshaを迎えduoで新旧の名曲を中心に演奏。演奏は時に自由な展開をみせる。和泉のシャープなギターとアイシャの透明感あふれる演奏をお楽しみ下さい。



10/8はこの道を歩むべし!〜the road to "CherokeeLiveTavern"

Googleマップや地図アプリ、道案内アプリ全盛の時代において、このブログの「道案内」が微妙に好評です。

「地図よりもわかりやすい」&「写真で道が正しいかどうか判断できて便利」…ライブに来たお客様に”ブログ見てきました”(通常とは違う意味でw)と言われることが多くなってきました。

ということで恒例のライブ会場までの道案内!…と、その前に明日のライブはこちらのメンバーで。

IMG_0392













今回は、道下和彦&石塚裕美による「ねこぢた」オリジナル曲や、直子さんの渾身の「ムッシュかまやつメドレー」などなど…大絶賛のねこぢたサウンドでお送りいたします。
対バンの遠藤雅美trioとのセッションもありますので、それもお楽しみに!

20171008omote



















さて、道案内。
学芸大学「CherokeeLiveTavern」は駅近くにあります。

まず東横線の「学芸大学駅」を下車。改札はひとつです。
IMG_8836


















改札をでると、東口と西口にわかれています。むかって右のほうへ。東口へ出ましょう。
IMG_8837


















なが〜く続く商店街があります。
(最初の脇道を右折すると、中華そばの名店「二葉」があります。連休中なのでやっているかどうか…不明ですが、おすすめのラーメン屋さんです!)

IMG_8838


















さてさて、商店街を直進すると、右手にカルディが見えてきます。
IMG_8839


















ここを右にはいります。

ちょっと歩けば…左手にCherokeeLiveTavernが見えてきます。看板がでてるのでわかるでしょう。

IMG_8840



















まだお席少しございます。出演者各自へメールなどでご連絡ください。

::::::::::::::::::::::::
10月8日(日)
「ねこぢた×遠藤雅美Trio」
 学芸大学Cherokee Live Tavern
http://www.cherokee-livetavern.com

◇18:00open 19:00start
◇M.C.¥3000+order

出演:ねこぢた(gui.道下和彦 vo.石塚裕美 ba.山田直子 gui.富川勝智)
        遠藤雅美Trio (遠藤雅美vo/p ハーモニカ唄い So b.harp 高野真吾 per)

アコースティックプログレ化の進む異ジャンル集団「ねこぢた」と、癒しと棘のシンガーソングライター遠藤雅美率いるTrioのジョイントライブ。2ユニット合体ありのこの日限りのスペシャルライブ!!



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ




Acoustic Ladyland vol.17「女歌と男歌」大盛況にて終了!

9/13にAcoustic Ladyland(石塚裕美&富川勝智)のライブを行いました。17回目のライブとなりました。下北沢ラウンはこじんまりとはしていますが、木目調の素敵なライブハウス。一応店名には「ライブ居酒屋」とありますので、お酒がいい感じで安い…そしてちょっとしたおつまみが美味しいのです。おかげさまで沢山のお客様に来ていただいて熱気充分で演奏することができましたし、そのあとの居残り組でのお店での飲み会も和気藹々と楽しかったです。
IMG_0168










今回は前回来てくれたお客様のリクエストで「女が歌う男歌を聴いてみたい」というのがありました。なので、前半は「女歌」を。後半は「男歌」を。ライブをA面とB面で分けるという感じで行いました。

ヴォーカルの裕美さんは前半は「男装で女歌」、後半は「女装(?)で男歌」というコンセプトだったようです。

IMG_0164










IMG_0174














IMG_0166










IMG_0167



















あ、ちなみに僕は全ステージ通じて同じ衣装ですw
IMG_0173


















さてさて、今回のセットリストは以下でした。

2017.9.13 下北沢ラウン セットリスト

A面「女歌」
1:BLUE
2:ツバメのように
3:金曜日の雨
4:魂のルフラン
5:tomorrow is another day
6:さらばシベリア鉄道
7:天城越え

B面「男歌」
1:ワインレッドの心
2:恋は桃色
3:君が好き
4:踊り子
5:風信子
6:酒と泪と男と女

en:機関車

おそらく誰もが知っている曲、少しマニアックな曲…いろいろとミックスされているのがアコレデの選曲の特徴ですかね。そして、絶対に他のユニットがやっていない方向性のアレンジでやっております。その曲ならこんな感じにしかやれないよねえ…という予測を裏切る方向でやっています。とはいえ、その場合も楽曲の歌詞の世界観を私たちなりにとらえた上で「再構築」しているのです。

今回は「ねこぢた」というユニットで一緒に演奏しているベーシストの山田直子さんがお客さんとして聴きにきてくれましたー。ツイッターで感想を書いてくれているのでそれを引用しておきますね。


…Electric Ladylandはジミヘンやーん!…というミスはともかく適切な感想で嬉しいですねー。そうなのです、もともとはこのアコレデというユニットが母体となって、ジャズギターの道下さんとベースの直子さんがはいって「ねこぢた」というユニットが結成されたという経緯があります。

そのライブも実は10/8にありますよー。Cherokee Live Tavernにて行います。すでにお店のホームページにてご予約受付中です。お早めにご予約ください。


Acoustic Ladylandとしても次回ライブ、決定しております。11/18に下北沢カフェ・フィールドにてツーマンで行います。一緒にやってくれるのは「イズミとアイシャ」さん。あの大野雄二バンドのギタリストである和泉さんのやっているユニット。今回ご縁があって一緒にライブをやりましょう〜ということになりました。

こちらは詳細後日…とにかく日程だけは空けておいてくださいね!


Acoustic Ladyland Live

石塚裕美(Vo.)と富川勝智(Gui.)によるユニット”Acoustic Ladyland”の音楽はミニマムでありながらマキシマム。「ギター一本と歌一人とは思えない」という多くの声が届く独自の音世界。 通称”アコレデ”。


:::::::::::::::::::::::::::

Acoustic Ladyland(石塚裕美&富川勝智)ってどんな音楽やっているんだろう?…という方は当ブログのライブレポート記事を御覧ください。今までのライブレポート御覧いただけます。

Acoustic Ladyland Vol.1 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.2 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.3 ライブレポ


Acoustic Ladyland Vol.4 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.5 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.6 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.7 ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.8 ライブレポ 

Acoustic Ladyland Vol.9 ライブレポ 

Acoustic Ladyland Vol.10 ライブレポ
 
Acoustic Ladyland Vol.11ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.12ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.13ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.14ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.15ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.16ライブレポ

Acoustic Ladyland Vol.17ライブレポ

レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ