ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

音楽メモ

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みはすぐにできます!
✳︎富川ギター教室Google+ページにてレッスンの空席案内などがわかります。

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

下記も是非フォローしてください。有益な情報満載です!
富川勝智ページ→Google+
富川ギター教室ページ→Google+

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

コツと音色〜西洋音楽のセンスは「学ぶこと」が可能なのか?(2/19日曜ワークショップ)

2/18は午前中から日曜ワークショップでした。表現法について連続で先月から講義しております。
日曜ワークショップ 9:30-12:00→表現法講座part2(詳細

簡単にいえば、西洋音楽をやる上でのマナーを体得してもらおうというワークショップです。

まずは、リズムや拍節感(メトリック)そしてパルスなどの用語を整理していきました。
IMG_7967



















ビートの感じ方も「東洋と西洋」で手を叩きながら感じてもらいます。
…すると、どうでしょう?実際に音に出した瞬間、みなさんの音ががらりと変わりました。ほんのちょっとした「感じ方」で音色まで変化するのです。

IMG_7964










西洋音楽のマナー=西洋人の哲学といってもよいものです。「現地で暮らしていないと学べない」とも言われていますが、僕はそうは思いません。たしかに実際に暮らしていれば学びやすい感覚であることはたしかです。あちらの言葉をしゃべり、あちらの空気を吸って、あちらの生活哲学のなかで考えていけば、すんなり合点がいく「西洋音楽のマナー」であるとは思います。

ですが、ある程度、手順を説明すれば上記でいったように「音ががらりと変化する」のです。それは西洋音楽のマナーを一瞬にして体得したというふうにもいえます。

レッスンで教えている際にも、「言葉で説明できなければ」と考えて西洋音楽のルールを伝えています。自慢のようになってしまいますが、他の先生に習われている方や他の楽器の方もワンレッスンに来ます。実は「表現法」をしっかりと言語化して伝えてくれる人って現役の演奏家ではとても少ないのだそうです。

ということで、表現法の講座は次回は3/12です。まだ詳細はアップしていませんが、日曜ワークショップのブログのほうでチェックしてください。テーマは「旋律」というふうには決めています。

詳細や場所などは日曜ワークショップのブログで確認してください。




BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ


 

表現を「つける」ための道具、差し上げます!(2/19表現法講座)

自分で表現を「考えていく」というのはなかなか難しいですね。
実はレッスンで「あ!うまく弾けた」とか「おお、いい音楽になったなあ!」って思ってもうまくいかない方が多いと思います。

その理由は簡単です。自分で技術上や表現上の問題解決のシステムを持っていないからです。

たとえば、技術であれば「どうしてこれができるようになったのか?」という理由を自分で言葉で完璧に説明できること。表現であれば「どうして、こういう感じのいい音楽表現をつけられるようになったのか?」という理由…それを説明できないといけません。面倒くさい言葉でいうと「抽象化」といいます。

「ルール」的なものをもっていれば、自分で技術を解決できたり、表現をつけられるようになっていきます。先生がいなければ「うまく弾けない」「いい音楽にならない」というのは、困ります。良い先生であればそういう道具を与えてくれます。

まずは道具。それがあれば「作っていけるもの」があります。あとはひたすらに道具を使っていくことです。たまに失敗することもあるかもしれませんが、つかっていくうちに、使うべき場所や使うべきタイミングなどがわかってきます。

表現法のツール(道具)をとりあえず与える講座を先月からやっております。

日曜ワークショップ 9:30-12:00→表現法講座part2(詳細

日曜ワークショップで「音楽表現法」についてのワークショップを行っています。三ヶ月連続の講義で、一回目は「概論」、二回目は拍節感とリズム、三回目は旋律について扱っていきます。

まずは一回目で「そもそも音楽表現ってどういうものだろう?」という点を考えました。二回目である今回は、リズムは拍節感(メトリック)そしてパルスなどの用語を整理していきます。

表現を自分で考えるためのツールを与えます。いままで、たくさんのコンクール志望者をレッスンしてきましたが、誰もが使いこなせる道具です。素直に先入観なくゼロから学んでいけば、最後には「西洋音楽の美」を作るための道具を習得できていることでしょう。

詳細や場所などはこちらをチェックしてください。




BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ


 

新年と渋谷の工事現場に思う…

みなさま、あけましておめでとうございます。富川ギター教室でのレッスン、スタートしております。
ギタリスト富川勝智としての「仕事」はすでに1月4日からスタートしております。リハーサルもありますが、打ち合わせが中心となっております。今年の企画や新規のプロジェクトなど…いろいろとミックスして話をしております。

打ち合わせで渋谷ヒカリエへ行ってきました。上の階にあるカフェから工事中の渋谷駅周辺が見えます。

IMG_7378













これから渋谷どうなっていくのかなあ?…あれは一体なんの作業しているのだろう?…打ち合わせをしながらも窓から下を眺めて想像していました。

いずれにしても、ひとつひとつの作業を積み重ねていってることは確かです。そしておそらく知らないうちに一般の人が気づかないうちに新しい建物や道路ができて、、、「新しい渋谷駅」ができていくのだろうなあと。

これは、我々音楽家の仕事にも同じことが言えます。とにかく、何か演奏会や新しいことをやるときに打ち合わせ段階からじっくりじっくり積み上げていくしかないとです。

そんなことを渋谷駅の工事現場をみながら思いました。

ということで、富川勝智及び富川ギター教室を本年もよろしくお願いします。じわりじわりと積み重ねていきます。


 

:::::::::::::
(今後の予定)

2017年
1/29 in "F" 富川勝智&藤沢エリカ
2/15 バレンタインギターコンサート
2/26 in"F" acoustic ladyland ライブ
3/7 Back In Town ライブ
3/16 名曲喫茶カデンツァ 富川ソロ
3/18-19 大阪松本工房企画
4/8 第40回富川ギター教室発表会
4/22 歌&撥弦楽器コンサート
6/9-10(未確定)スペインギターフェスタ
6/23 富川勝智ソロリサイタル@代々木上原MUSICASA
7/10-20 マドリッド ChamberArt
9/2 第41回富川ギター教室発表会
10/21 仙台戦災復興記念館 富川ソロ



BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ


 

年末のまとめの前に〜今年よく聴いたCD12枚

先日ですが、CD整理をしました。毎年CDってたくさん買います。おそらく毎年100枚は買います。クラシックギターやクラシック音楽…やはり本業ですので、買います。とはいえ、他の分野のほうがたくさん聴きます。

せっかくなので、今年のまとめの季節なので「今年よく聴いたCD12枚」というテーマでブログ記事書きますねー。

僕ははっちゃめちゃにいろいろなジャンルの音楽を聴くタイプです。超雑食。でも、それが楽しい。そして、昔からそう。ジャンルでわけたことが全くない。よいものはよい。ただそれだけです。ラジオをつけっぱなしにしている感覚というんですかね…そういう聴き方が好きです。

では、今年の12枚!

1:フェアポート・コンベンション。伝統のブリティッシュ・トラディショナル・ロック?…素晴らしい歌と素晴らしいアンサンブル。

Liege & Lief [CD]

IMG_7127



 














2: シルビア・ペレス・クルス&ラウル・フェルナンデス・ミロー。これ凄いです。歌とギターというフォーメーションという形では僕的には「山根マイ&窪田晴男UNIT」以来の衝撃かも。

Granada [CD]
IMG_7128 


















3: 友川かずき。肉声。日本人シンガーの中でも、この人ほど「声がいい」と思う人は稀。好みとは思いますが。このアルバムは友川カズキさんのユーモア(きついものもゆるいものも)ががっちりと感じられて、今年も何回も聴きました。

肉声(紙ジャケットオリジナル帯復刻仕様) [CD]

IMG_7129 


















4:バーデン・パウエルのライブ盤。とあるバーで聴かせていただいて、どはまりした。ソロからアンサンブルから強烈なグルーブ感。これを生で聞いた人は脳天くだかれただろうなー。

Ao Vivo No Teatro Santa Rosa
Baden Powell
Imports
2013-07-02



IMG_7130

 
















5:ヌエバ・エスパーニャ。南米の古楽…というよりは民族音楽として聴くと、へえと思います。南米音楽のルーツがスペインにあるということが直感的にわかります。とても勉強になる一枚。

Nueva Espana
Nora Tabbush & Ensemble Mare Nostrum
Alpha Productions
2012-09-11



IMG_7131

 
















6:Shi-Shonenのリイッシュー。ノンスタンダードというレーベルのサウンドは僕の中学生〜高校生までの「音楽の夢」でした。今聴いてても、アレンジやサウンドの面白さあります。
Singing Circuit [CD]

IMG_7135 


















7: ビル・フリーゼル。映画音楽を中心に。シンプルながら素敵なアレンジ。そしてギターの音がとても良い!エレキギターって凄い美しい!と思えます。タッチがいいんだろうなあ・・・
When You Wish Upon a Star [CD]

IMG_7136 


















8:セゴビアのやすーいボックス。侮るなかれ、凄い音よいです!ああ、クラシックギターっていいなあって思えます。



IMG_7137
 

















9:ガボール・ザボなんて、しらないよーっていう人がジャズギタリストでも多いですが、すばらしいアンサンブルプレーヤーです。なぜかこの人はポップスのヒット曲をアレンジして演奏したものに名演が多いです。この「バカナル」というアルバムでもドノヴァンの曲、実にすばらしい。

Bacchanal
Gabor Szabo
DCC Compact Classics, Inc.
2015-12-27


IMG_7138




 













10: シーナ&ロケッツの超名盤。リマスターで聴くと、すごい緻密な音作りだったことに気付きます。細野晴臣プロデュースなので、ロックの強さとポップな強さが共存しています。なんとも不思議なアルバム。日本ロックアルバム界の神秘です。
真空パック (紙ジャケット仕様) [CD]

IMG_7139 


















11:小沢健二のこのアルバム、、、自作のLIFEが名盤といわれていますが、このアルバムも味がある。音楽的な内容の良さが光る。いまならわかります。この凄さ。
犬は吠えるがキャラバンは進む [CD] 

IMG_7140 


















12:The Third Ear Band。中世音楽+プログレバンド・・・よくわからない位置付けですが、ハイドパークなどのロックフェスにもでていたロック畑のバンドです。ですが、音は「古楽」 。このマクベスというアルバム。。。音が聞いただけで「こわい」です。
Third Ear Band's Music from Macbeth [CD]

IMG_7141 



















以上です。その人が聴いてきた音楽がその人の「耳」と「センス」をつくります。実際にその人の演奏を聴く以上に、聴いてきた音楽を知れば、その人の性格やセンスがわかります。

来年もたくさん聴いていこうと思います。 

アリリオ・ディアス追悼記事書きました

20世紀のギター界を代表する巨匠が先日、7月5日自宅のあるローマで逝去しました。1923年11月12日にベネズエラ生まれの巨匠。92歳で他界…。ということで、現代ギター誌から「追悼記事」を書いて欲しいと依頼されました。

実は彼が死んだ時にこちらのブログで簡単に「彼の功績」をまとめました。
こちらの記事です。)

今回寄稿したものは、ブログで書いた内容をもう少し広げたものになっています。
IMG_5671

















4ページの内容になっています。アリリオ・ディアスの生い立ちからキャリアを積んでいく段階を描きながら、彼がギター界に与えた影響や残した功績を明らかにしています。

この中で久しぶりに「天才」という単語を使いました。アリリオ・ディアスは本当に「天才」です。類稀な好奇心を持ち続けた点と人脈に恵まれた点…「天才」は簡単には生まれません。

天才=自分が理解できないもの…と考える人が多くいます。でも、それは自分の理解力が足りないだけです。まあ、言ってしまうと、世の中の人たちが「天才」と呼んでいる人間で、本当に人間の理解を超えたセンスやグルーヴを発揮している人ってほとんどいた試しがありません。

彼の録音を聴くと、「ああ、弾けそうだな」って思う。だけど、かれの編曲したものの楽譜を追っていくと「なんで、こうなっているの?」と思う。

逆に楽譜から読み取ってから音源を聴くと「なんで、こういう感じになるのだろう?」と思うはずです。

たぶん、実演と楽譜に書き下ろしたものの間の差異がとても大きいタイプの音楽家だったと言えます。とはいっても、楽譜にはきちんと「書いている」のです。

うまく説明できませんが、アリリオ・ディアスのことを「天才」という呼び名で呼びたいのは、それが理由なのです。わかるようでわからない。とはいっても全くわからないわけではない。きちんとヒントは与えてくれている。それを「天才」と呼びます。

そんなことを、この追悼文を書きながら考えました。

そんなことがあってからまたアリリオ・ディアスの演奏を聴き直していますが、とにかく魅力たっぷりの演奏。そして楽譜になっているものを聞くと、なぜこれがこうなるのだろうと思います。

まだまだ勉強が足りない。そんなことを感じさせてくれるのはやはりアリリオ・ディアスが本当の「天才」だからです。




 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ




 

レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ