ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

クラシックギターレパートリー

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
https://tomikawaguitar.sakura.ne.jp/wp/lesson/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

アランブラ宮殿の思い出〜運指のあれこれ

生徒にレッスンしていると、生徒さんが持ってきた楽譜からあれこれと学ぶことが毎回たくさんある。

特に名曲と呼ばれるものは、再発見があることが多い。僕自身も何回も弾いてきた曲の中でも、「え?」っていう発見があるもんである。

本日は「アランブラ宮殿の思い出」。

コーダ部分の運指。シードーレーミーのところ。長年僕はシを2弦の開放弦で弾いてきた。そして、そうなっている楽譜も多い。生徒さんがここを3弦で取っていたので、「それ面倒臭くない?」と思って、原典版も調べてみた。シャントレルから出ている当時出版されていた楽譜のファクシミリである。

すると、、、おお!!!丸三・・・ってなっているじゃないか!

IMG_2033
















原典版ではもう一回出てくる同じフレーズには運指の記載がない。特別な記載がない場合は前の運指を踏襲するという暗黙のルールがあるだろうから、ここも3弦4フレットを押さえて弾くのだろう。

何種類が出版譜を調べてみたのだけど、開放弦の場合と3弦4フレットを押弦して行う場合と様々。

で、レッスンで生徒さんと一緒に3弦4フレットで弾いてみた。いいじゃないか!・・・訥々とした風情がある。これと比べれば2弦開放弦で弾くと音色が荒れる。

・・・という訳で次回からはここはやはり3弦で弾こうかなと考えが変わってしまった。


何が正しい、何が正しくないっていう訳ではない。最終的にはセンスなのだろう。好みなのである。

何れにせよレッスンをするにあたって、思い込みは避けたいなあーと。だから教室のレッスンではカルカッシでもソルでも、タレガでもすぐに原典にあたれるように資料楽譜は用意してある。そのほか一般的に使われている出版譜や教材の類もすぐに参照できるようにはしている。

可能性を探ること。そして、作曲家が(ギタリストが)「この運指を選んだ意味」を考えて判断する。それが大切なのだろうなあ。


で、余談ですが、明日ライブで弾く曲でも、ちょっと新しいポジションが発見できました。こっちの方がベターですなあーと。アレンジしたのは僕本人なのですけどねw

そんなことを考えると、もしかしたらタレガ本人も「出版されたのにはこういう運指振っちゃったけど、こっちの方が本当は弾きやすいし、音抜けもいいし好きなんだー」とか言ってそうな気がする 苦笑。


そんなこんなで、クラシックギターって真面目に教えるとめんどくせーなあーと。

そんなことを語るのが10/25の「クラギなんか嫌いだ!」ソロライブ&トークです。
(突然のライブ告知w)

おいでくださいませ。クラギの面倒臭さ・・・をたっぷりとお話しします。もちろん演奏もしますよー。

ご予約&お問合せ:「エムズ・カンティーナ」03-6450-8111 (24h留守電対応)

予約フォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S13353355/


119851476_692225878169439_1359360538617854497_n






11/18 松岡滋作曲作品展のこと

(今年のことは今年のうちにアップ!vol.13)
11/18は「松岡滋作曲作品展」というものを行いました。
僕が主宰するリオリコギターアンサンブルと松岡滋さんは長い付き合いがあります。当アンサンブルのためのたくさんの名曲を書いてくださっております。そして、スペインでの演奏にもメンバーとして参加してくれたこともあります。

つまり、今回のコンサートはリオリコギターアンサンブル定期演奏会のスペシャルエディションという体裁で行ったわけです。

IMG_4902



















ギター合奏作品だけでなく、デュオやトリオ、他楽器のアンサンブルなども交えて「松岡滋ワールド」がわかる構成にしました。
IMG_4903

















IMG_4905


















大阪から岩崎慎一さんもゲストとして来ていただき豪華なステージとなりました。


IMG_4906
















フルーティスト大坊さん、ヴァイオリン奏者田中幾子さんと松岡滋さんのトリオも素敵でした。


松岡さんとゆかりの深いクアトロパロスもゲストで。僕と共に「渋谷無窮動」を日本初演!


IMG_4909


















IMG_4911


















またこういう作曲家の個展も企画してみたいなあと。












季節の富川〜春の陣@大泉学園in F 終了!

大泉学園in Fさんでは、もう何回も出演させてもらっています。

「季節の富川」シリーズというのがあります。基本、僕のソロです。ゲストありのときもあり…という感じです。前二回はゲストありで後半はスペイン歌曲をやりました。今回はオールソロで。

いつもどおり、駅についてメーテルが迎えてくれました。
IMG_8887


















ちょうど、5/21は大泉学園駅周辺で「アニメプロジェクトin 大泉」というイベントが開催中。暑い中、なーんとなく「アニメ熱」も燃え上がっておりました。。。

実はアコレデとして5/7に「アニソン特集ライブ」をin Fでやったばかりだったので、この日にやっていたらもっと人来てたかなあ…なんてw
これです。
↓↓↓
20170507フライヤ


















(来年は大泉学園のこのアニメイベントとこっそりコラボしたいw)


この日は大阪でいつもお世話になっている松本吉史氏も聴きにきてくれましたー。
IMG_8891










さてさて…大泉学園駅は「アニソン」で盛り上がっていましたが、僕はひたすらにスペインもの中心に、クラシックギター名曲を弾き続けました。

ソル、タレガ、トローバ、デ・ラ・マーサ…20曲弱を弾きました。
FullSizeRender









IMG_8890










さてさて、こんな感じで、僕の今月「4回目」の演奏仕事は終了!

次は5/27です。学芸大学Cherokeeにて!
20170527




















セゴビア編ソルエチュードの一番…濃い。

日曜日は午前中と午後にそれぞれワークショップ。午前中は「日曜ワークショップ」でテーマは「アンドレス・セゴビア編ソルのエチュード」です。

ソルの凄さとはなにか?そして巨匠セゴビアの凄さとは?…それがわかる講座になったと思います。
IMG_8801

















今回は1番〜3番まで。とにかく1番の内容が濃い…。モチーフについて、変化音について、リズムグループについて、ハーモニーによる音のグルーピングとメロディーによる音のグルーピング…いろいろと考えていくと、西洋音楽解釈のための「ネタ」ががっちりとはいっている。

なんとすごいエチュードなんだ!

…再認識。通常はエチュード集というものは「漸進的」な難易度となっています。この20のエチュード、けっしてそんなことはないのです。一番が実は一番難しいかもしれません。

2番では、右手のフォームの安定度が主眼になっているエチュードです。pのバランスなども追求していくと実は容易ではないエチュードです。
3番はセゴビアがつけたダイナミクス記号に意味があります。通常の古典的な表現を理解したうえで、セゴビアの付した記号を読み取ると「巨匠の凄さ」がわかります。

次回は「4番から6番」まで行います。6/18に行います。午前9:30〜。講座の詳細と会場はこちらで確認してください!(いつもの日曜ワークショップと会場が違います。ご注意ください)多数の参加お待ちしております!

 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ




セゴビア編ソルの20のエチュード細見!〜5/14日曜ワークショップ

いまだにレッスンをしていてたくさんのことに気づかされるトップランクの教材といえば…「アンドレス・セゴビア編ソル20のエチュード」なのです。実はスペイン留学にいって一番最初にホセ・ルイス・ゴンサレス先生にレッスンをうけたのがこの「ソル20のエチュード」でした。

IMG_8744



















若い僕には「すごい音だなあー!!」とか「美しいなあ!」とか抽象的な感動しかありませんでしたが、ホセ・ルイス先生の「匠の技」を感じることができました。「セゴビアはこうしているけどね…」とか「そこは私はこうやるなあ…」と本当にたくさんのことを学ぶことができました。

そのときは理由がわからない部分もたくさんありましたが、その後自分で練習をして、たくさんの録音を聴き、生徒さんにもレッスンをしてみて、いろいろなことがわかってきました。だから、ホセ・ルイス先生はああやっているのだろうなあ…と。

なので、一度この時点で「まとめ」をしてみようと…そう思います。

毎月行っている日曜ワークショップで「ソル20のエチュード」講座を行うことにしました。毎回数曲ずつ解説していきたいと思います。みなさんと一緒に「アンドレス・セゴビア」の奥義を解明しながら勉強してみたいと思っています。

とはいえ、セゴビア流の運指や音楽表現というのものを解明するためには、スタンダードな「古典的な解釈」も知らねばなりません。なので、そのあたりからきちんと説明する予定です。基本的な解釈はこうだけど、セゴビアはこうしている…という論法ですね。

そのようにしてトータルに音楽表現と時代様式、技術面からソルのエチュードを分析していければと思っています。

原典はもちろんですが、アンドレス・セゴビアが参照したのではないかと思われるコスト編との版比較も行います。そこからもセゴビアがコストから何を学び、何を「選ばなかったのか」もわかってきます。

IMG_8743


















次の日曜日5/14に行います。午前9:30〜。講座の詳細と会場はこちらで確認してください!多数の参加お待ちしております!
ギターはもってきたほうが講座の内容がわかりやすくなるとは思いますが、手ぶらでもオッケーです。もし「セゴビア編ソルの20の練習曲」の楽譜を持っている方はぜひ持参ください。



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ




レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ