ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

アルベニス

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みはすぐにできます!
✳︎富川ギター教室Google+ページにてレッスンの空席案内などがわかります。

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

下記も是非フォローしてください。有益な情報満載です!
富川勝智ページ→Google+
富川ギター教室ページ→Google+

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

面白いお歳暮+アルベニス資料!!!

明日から師走です。

明日は本番です。慌ただしく過ごしています。先週木曜はソロリサイタルでした。そして、明日も本番・・・。そして実は今編曲の仕事も頼まれています。

通常通りレッスンもしなくてはいけませんし・・・。でも、レッスンの場は生徒さんとのコミュニケーションを楽しんでいます。いろいろと気を遣ってくれる生徒さんに恵まれていますので、元気がもらえますね。

そして、みなさん、「街のギタリスト」「会社内ギタリスト(?)」「結婚式余興ギタリスト」「クリスマス会余興ギタリスト」として秋から師走にかけて忙しそうです。

先日も親子で習いに来ている「結婚式余興トリオ」のレッスンをしました。なんだか、ほのぼのして楽しいレッスンでした。

そして何よりも、その家族の方から「お歳暮」をいただいたのですが・・・

091130_2333~01

文字通りお歳暮です・・・。

しかし外箱のふたには!!!

091130_2334~01

おやじさんが!!!

それだけではなく・・・

そのふたを開けて見ると!!!

091130_2334~02

うわー、またオヤジさんが!!!!

そして、酒ビン本体には・・・


091130_2334~03

「なまけ者になりなさい」・・・という水木先生の素晴らしい言葉が!!


やっぱり、こういう気遣いをされると、「ああ、いい生徒をもったなあ!!」って思います。いろいろと考えて選んでくれんだと思います。オヤジさんの御陰で、年末のぴりぴりした仕事状況に窒息寸前だった私の魂が救われました。

しかし、このくらいダイレクトに「真理」をいわれると、まいります。

なまけ者になろうと思います。目指します。ライフワークです。

さて、そんなユーモア溢れるプレゼントもあるかと思えば、「怠け者になれない」素敵な資料をくれる人もいます。


スペインのお土産です。

井桁典子先生のスペイン旅行土産です。いつもいろいろと気を遣ってくれます。「この資料は富川さんみたいな人が持っていると役立つから!!」と、どかーんと渡してくれました。

091130_2335~01

スペインでのアルベニス資料集です!!

中身はわくわくものです!!!

手稿譜のコピーや直筆譜のコピーなども挟み込まれています。

分厚い本にカラーで、当時のコンサート評などがたっぷりと載っています!!

091130_2336~01

装丁のお洒落です。

素晴らしい資料です。研究意欲が湧いてきます!!


・・・とかいっていると「なまけ者」にはなれそうにありません。

一体どうすればいいんだろう?


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

GWのお仕事(お仕事論)

 ゴールデンウィーク中のお仕事、3つが形となっています。現在絶賛発売中です。

以下3点。

  1. ヤマハミュージックメディア「さらりと弾けるクラシックギター」
  2. 現代ギター臨時増刊号「フランシスコ・タレガ」
  3. 現代ギター2009年7月号

1では、編曲と録音、そして講座記事執筆&録音。巻頭の使用弦アンケートにもギタリストとして登場しています。

2ではタレガのバイオグラフィーをたっぷりと。5万字程度。読み応えあると思います。

3ではイサーク・アルベニスのギター編曲の歴史について小論を寄稿。

 

 

…上記、考えてみると、凄い仕事量だったような気がします。

「気がします」といっているなんて、ノンキですね。そう、私はとりあえずノンキに仕事をすることにしているんです。

巷には「仕事術」について説いた本がたーくさん出ています。私も数冊読みました。まあ、だいたいが同じことを書いていることが多いです。共通の考えはあるんでしょうね。

大切なのは、経験ですね。「どのくらいの時間をかければ、どのくらいのクオリティのものができるか…」というモノサシがあるかどうかです。最終的には。

100パーセントのパワーと時間で、100点の仕事をする。それが、おそらく、それが若い頃(駆け出しの頃)の仕事の仕方です。

それが経験を積んでくると、同傾向の仕事であれば、80パーセントの力で100点の仕事が出来るようになってきます。

スキルと経験(知識なども含めて)が増えてくれば、50パーセントのパワーで100点の仕事ができるかもしれません。

そうすれば、ふたつの仕事を抱えても、100パーセントの力で100点のクオリティで2つできます。

みっつの仕事を抱えても、それぞれ70点くらいのクオリティには仕上げられるかもしれません。それぞれの仕事でもっと上のクオリティを目指すのであれば、同傾向の仕事をがんがんこなして、経験を積んでいくしかありません。

 

「富川さんって多忙ですねえ!」ってよく周囲の人にいわれます。確かに多忙ですが、同時進行でいろんなことをやっていることが多いです。演奏、執筆、録音、編曲…どさっとやっています。レッスンは通常どおりやっていますので(突然都合よく生徒が減ることはないですから)、確かに忙しくなります。

但し、自分のモノサシがあります。そして、いままでの経験があります。各仕事にどのくらいの配分で限られたパワーを配分するのか…そしてクオリティとして100パーセントのものを生むことができるのか…自分では分かっているのです。それが上述の「モノサシ」です。

たとえば、録音の仕事には20パーセントのパワー、執筆には30パーセント、編曲には50パーセントという具合です。同時進行でやっている仕事に対しての「おおまかな拘束時間とエネルギー配分」がなんとなく分かってくるのです。

なので、今回のGW中の仕事は、100パーセントのエネルギーをうまく配分して行ないました。そして、なんとか形にできました。

なんとなく、もうちょっと書きたくなってきたので、続きは明日に書きます。

「お仕事論ぱーと2」…明日へ続く!

 

BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ

アルベニス没後100年の記事

現代ギター2009年7月号の特集は「アルベニス没後100年」です。

その特集に寄稿いたしました。

「アルベニス作品のギター編曲の“歴史”〜タレガ、リョベート、セゴビア、バルエコを中心に〜」という文章です。

現代ギター2009年7月号

あいかわらず、文章量はたっぷりです(苦笑)。

左ページが濱田滋郎先生が行なった講演会のレポート。右ページが私の文章。フォントが小さいです。

アルベニス作品のギター編曲

この感じで、トータル3ページです。

アルベニスの作品のギター編曲2

読み応えはあると思います。

 

ということで、これが今年の「富川勝智怒涛のGW中お仕事」の第一弾。

無事に世にでました!!

パチパチパチ(拍手!)

 

ヤマハのお仕事は見本誌ができたようです。これも今週中には書店などでみかけることになると思います。

 

BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ

忘れがちな名曲〜カタルーニャ奇想曲

ギタリストが集まれば、いろいろと弾きっこになる。

いろいろ弾きあいをしているうちに、「あれ、この曲どっかで聴いたことあるけど・・・タイトルが思い出せないなあ・・・」という曲がある。

また、そういう曲というのは、録音が少なかったり、最近はやっていなかったりすることが多いだが。

ということで、ここ1週間くらい、そう思った曲をピックアップ。

アルベニス「カタルーニャ奇想曲」(稲垣稔さんが名録音を残している)

モンポウ「カンシオン」(ディアスが名録音を残している)

ムーニョス・モジェーダ「主題と変奏」(やはりセゴビアが名演だろうか・・・)

上記以外にもいろいろあるんだが、とりあえず、上記は楽譜をひっぱりだして、その名曲ぶりを再発見。

どんなにメジャーじゃなかろうと、名曲は名曲であるし、上記全てクラシックギターの芳醇な音色と音楽を堪能するのはうってつけのレパートリーであるのは違いない。

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

レッスン覚書2006年12月13日〜25日

さて、2006年12月13日〜25日までのレッスン覚書です。

やれやれ、これでなんとか、2006年分の覚書は終了。

めでたい!

ではどうぞ。

 

トゥリーナのファンダンギーリョ。音の進む方を常に意識。どの音に向かっていくか?&その音へ、どのようなエネルギーを自分の内部で感じながら向かっていくか?&そしてそれが実際の音に表現できているか?・・・が大事。

バーデンジャズ組曲。比較的単調になりがちなこの曲。「インテンポ&クレッシェンド」と「インテンポ&デクレッシェンド」を、全てのフレーズで試してみることで、癖を矯正。

ソル20のエチュード。セーハの「動かし方」と「位置」の変え方を徹底的に考えること。曖昧だと危険地帯が多い。

右手のプランティング練習。手の甲の安定が第一。この練習をしていると和音演奏時も安定してくる。

初心者左手のタイミングの注意点。指をどのタイミングで放すか、どのタイミングで押さえるか、どの指を残すか・・・とりあえず、この3点をチェックすることが大事。

注意点。とりあえず、教師が手本を示したものは、その場で不可能でも真似してみること(試すこと)がレッスン時には大事だ。耳で聞いただけでは、問題箇所は意識できない。解決方法のプロセスも全てその場で真似をしてみること。これを行うことなく「次の問題箇所」が気になっている生徒がいかに多いことか。問題箇所はひとつずつクリアーしていかねばならない。

ソル20のエチュード、9番。セゴビアの指示を詳しく見ていくこと。音楽の内容と密接にリンクしていることが多い。そして、それがセゴビアの指示なのか?ソルの指示なのか?・・・しっかりと区別することがポイント。

ソルのメヌエットイ長調。最初の和音。楽器を抱え込むように弾くと響きが悪くなる。表面板、裏板はフリーな状態にしておくこと。振動を妨げないようにすることが大事。

ソルのメヌエット(Op.25)。「trio」の意味を説明。このあたりを自分で調べられると中級者の仲間入りか?

楽譜が苦手・・・という感覚は持たないほうが良い。楽譜は「あいうえお」のようなものだ。少しずつ簡単なものからやっていくのも大切であるし、文脈のなかで「まとまり」として覚えるのも大事だ。読譜を地道にやりすぎるのも、問題であるし、曲だけでやっていくのも直感ばかりで実がならない。間違いを怖れる必要はないが、間違いやすい音を常に「読む」ように癖をつけることが大切で、その作業をある一定期間続けることで、読譜力は安定してくる。

読譜力に、上手も下手もないのである。

バッハ、チェロ組曲。低音の「歩み」の感覚をしっかりと意識。この進行感を感じることがバロック音楽の肝。

セーハのコツ。「肘をひく」というよりも、肘の重さを床方向に。自然に脇はしまる。この感覚が大切だ。

カルカッシ25、2番。maのプランティングで行う。軽い「挟み打ち」の要領で。mとaの「弾弦のきれ」と「準備」を意識。右手がコントロールされている、という感覚で行うのが肝要。空回りしないように注意。

弾いていると左足かかとが浮き上がってしまう生徒。リズムをとっているようだが、音が安定しない。体でリズムをとる癖もあり、一息でいくべきところが音楽的に「切れてしまう」。体の内側でリズムを感じるように訓練。腹部のコントロールがポイントか?

アグアドのアルペジオ。各拍裏でpをセット。とにかくこれを先行して行うことが右手全体の安定につながる。

アルベニス「アストゥリアス」。左手が難しいと思っているところが、右手が原因でミスしているところが多い。特に中間部。前半のパターンがシンプルなので、右手運指をおろそかにしがち。

.侫譟璽困離哀襦璽廚鬚澆弔韻覘▲哀襦璽廚瓦箸飽嫐をなすようにアゴーギグ(テンポ&音量の変化)をつける3謄哀襦璽廚鬚弔覆悪こ謄哀襦璽廚里弔覆り具合を微調整。・・・・この 銑い離汽ぅルを何回も繰り返すことが表現の基本だ。フレーズの前後関係、曲全体からみていけば、さらに表現の密度や役割も変化してくるので、何回でも見直すこと。これが表現の奥義である。

リガードの練習曲などをやっていると、左手の指先の感覚が鈍くなりがち。そういうときはネック全体を「握ってみる」。指先の感覚をチェック。

ターレガ「夢」(マズルカ)。二分音符の長さの音符がクレッシェンドがかかる感覚でイメージできればよい。クレッシェンドの記号を見て、右手だけの感覚で「強く弾いていく」と思うと失敗する。今、その時点での音を聴き、その音がどのように変化して「聴こえるか」を常にチェック。長い音価のものをギターでクレッシェンドをかけるには、あくまでもトリックを使うしかないのである。他の声部の音量コントロールがポイント。

すこしのポジション移動であるならば、左手の親指は固定しておいたほうが確実。とはいっても、あくまでも軸であるので、左手親指に過剰な力はいれないこと。

バッハの2重奏を使って、バロック音楽のグルーヴをトレーニング。単純な8分音符の連続のように見えても、内在するグルーヴがある。

ソル20の3番。半音上行とグループをどのようにつなぐか?を意識。

エチュの「プレリュード」。音程感、ダイナミクスの意味付け、テヌートとアクセントの処理及びニュアンスの違い。とりあえずはこれらをチェック。現代曲とはいっても、カンタービレ且つリズミックな曲であることを忘れてはならない。

ソル20の18番。♭3つというのは弾きにくい。ソル20のエチュードは比較的♭系が多いのがポイント。音楽的には内声をチェック。

アルペジオの練習などで、Pの弾弦時に右手全体が床方向に「流れしまわないように」するのがポイントである。右手小指側のラインを感じながら、pの動きに拮抗するカウンターアクションを意識することが大切。

プジョールの「小さなロマンス」。まずは楽譜の指示通り弾いてみる。それが自分にどのような印象を与えるかチェック。このイメージをもとに微調整していく。危険なのは、音が弾けた時点で、自分流の表現をつけてしまうことである。作曲者の意図を見失わないように注意すること。

右手タッチの極意。爪奏法とはいっても、音が発音されるまで、右手指先の肉の一部はつねに弦に触れた状態になっていること。これが本当のセゴビアタッチである。

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ