ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

アングル

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

右手親指のタッチについて

突然ですが。。。

右手の親指のタッチやアングルについて説明してみようと思います。

そして、意外に生徒さんって自分の親指の動きに注意していないことが多いのです。なので、たまに動画を撮ります。本人にチェックさせます。今日もレッスン時に動画をとりました。右手親指の矯正の過程が面白いくらいわかりますので、YouTubeにアップしました。是非ご覧ください。

まずは矯正前。「今まで通り弾いてみてね!」と言って、弾いてもらったもの。



 右手親指が弾弦後、表面板から離れる方向に動いています。「弦を引っ張り上げている」というわけです。

さて、そこで、右手の親指のアポヤンドをちょっと練習してもらいました(1分ほど)。それで、「アポヤンドのように指をできるだけ表面板に水平に動かすようにしてみてね。ただしアルアイレでね」とアドバイス。

そうするとこうなります。

 
格段に低音の音量が豊かになりましたね!

『指を表面板に平行に動かす』だと表面板に与える振動は減るのではないか?・・・と思う方もいるかもしれませんが、実は爪の形状によっては、「弦を表面板方向に押し込む」ことが可能となります。もうすこし、この生徒さんはこのことに気づけるとより「深い」音がでると思いますが。。。(このことは明日の日曜ワークショップで詳しく解説してみたいと思っています)

しかし、4弦の音がちょっと「軽い」ですね。おそらく親指の弾弦時のアングルが「弦に対して斜めすぎる」のでしょうね。なので、右手全体の位置を少し修正。

こうなります。



どうでしょう?4弦と6弦の音の「太さ」が一定になったと思いませんか?

あと、他の指もアングルが若干変化するので、全体として「まろやか」な音になっています。



・・・という感じで、日々、生徒さんとのレッスンでは「いろいろ考えて」アドバイスを与えています。かなり頭は使いますね。だけど、生徒さんの「音色」「音楽」が変化している様子は本当に楽しい!

上記のタッチについては、明日のワークショップでも解説してみようと思います。お楽しみに!




 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ





富川勝智

Facebookページも宣伝

レッスン覚書ミニ〜2009年1月19日〜24日

  1. ワルカー、小さなロマンス。冒頭。左手のポジションを意識して、スタート。4を押さえたために腕を動かさなければならないのは、ポジション移動時に指のポジション対応が崩れている証拠である。
  2. 楽曲のパターンを見つけることが楽曲の分析を助ける。
  3. 簡単なエチュードをデュオに分けて、練習する。そうすると、多くを得ることができる。デュオ的な駆け引きがソロ曲での表現力をアップさせる。
  4. 良い教本は、音階のポジションと和音の押さえを明確に意識した作りとなっている。そして、選別されているエチュードもその観点に基づいている。
  5. 右手のタッチ。和音を弾くのと同じ感覚で、アルペジオも弾けることが大切。
  6. 左手の指の向き(アングル)に注意する。ポジション移動時はできるだけそれをそろえることでスムーズな移動が可能なことが多い。簡単にいえば、腕のディレクションを崩さないことが大切なのである。
  7. 楽曲全体を通したら、近似している部分を探す。楽曲の構成を把握することによって、練習プランを立てること。闇雲に冒頭からばかり練習していると前半ばかり仕上がってしまう。簡単な楽曲分析は必要な作業である。
  8. 分析を怖がらないこと。少しずつ分かる部分から攻めていく。じょじょに分析の知識が増えていくにつれて、楽曲の仕上がりは早くなっていくはずである。
  9. パークニング教本、優秀な教本である。
  10. Pのタッチ。関節の使い方をしっかりマスターしている人は非常に少ない。「しなってしまう」のに任せるのはタブー。指の形状が元からそうなっている人はしょうがないが、全ての関節をある程度はロックできるように(固定できるように)すべきである。

 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

レッスン覚書ミニ〜2008年6月11日〜12日

  1. 生徒さん本人が気づかなくても、『明瞭な音』になる瞬間が、教えている側には分かる。右手のアングルや爪の形状…自分の音を聴く姿勢…エトセトラ…さまざまな要素がうまくはまると音に変化が訪れる。
  2. 音色、音楽性の面での上達はその生徒さんがどれだけ柔軟性があるかどうか?に関わってくる。素直な性格な人は伸びも早い。逆にこちらを信用してくれないと、何の変化も訪れない。
  3. パガニーニの小品。音楽上での「対話」が聴こえてくるといいなあ。スケルツィーノ…のテンポ感、ニュアンスは言葉では説明が難しいなあ…弾いて説明したらなんとなく分かってくれたみたい。音楽って、こういう面が難しいですね。
  4. アラビア風奇想曲。左手の親指の位置を説明するのに、ヴィラ=ロボス、練習曲12番とセゴビア編ソルのエチュード12番を参考に説明。奇しくも両方とも12番である。なんとなく面白い。
  5. 音階練習というのは工夫の産物でもある。リズムを変化させる、いろいろなポジションを組み合わせる、頭で音符を想像しながら指盤上に運指が浮かぶまでやる・・・いろいろやり方があるので、さまざまな教材をやってみるのもよいものである。
  6. ひざにギターを寝かせて(まるでスライドギターのように)右手をチェック。普段見えない右手の動きまで手にとるように見えて効果的。これでトレモロの練習。小指の連動、ch-a-mのブロックの動きを確認。
  7. サンバースト。アーティキュレーションを意識。左手Pの位置も確認。ポジション移動だと思って、頻繁に指を動かし続けると上手くいかないもの。ある意味ポピュラー系のギタリストの発想で…。指(だけ)をスライドさせる!という発想でいくと、うまくいく。
  8. 南のソナティネ、3楽章。リズムの変化。「え?」「ああ、戻った…」という感じでリズムの変化に対して、自分の感情を移入できると、どのタイミングで音を弾くのか理解できてくるはず。
  9. ショパン、ノクターン。編曲物は、原曲を聴くと雰囲気が分かる。今回はルービンシュタインを。アウフタクトの扱いとアイデアには感服。その選択肢の多さにはやはり「天才」を感じる。そう考えると、編曲物も使いようによっては、音楽表現の良い研究になるなあ。
  10. ジュリアーニ、ヘンデルの主題。テンポ設定。結構やっかい。ある程度基本のテンポをメトロノームで設定する作業をしないと、だらける。
  11. ソル、Op.31。(あたりまえだが)素晴らしい曲集。1番では全体の構成感。2番ではモチーフの処理とその変形+シャープの扱い。3番ではテンポ設定。4番ではフレーズ内でのアゴーギグの処理。5番ではフレーズの処理方法…まあ、とりあえず、ざっと今日はこんな感じだったが、次回には新たな課題を発見できる。他の曲でやった表現上の注意点をつぎつぎに応用していくうえでも良い。
  12. 木の音がする楽器。良い楽器。良く乾いた良質な材料を使った楽器は「スコン」(という音ね…)というニュアンスがある。
  13. スラーの意味を考える。アポジャトゥーラと関連して研究すべし。
  14. テクニック上、決めるべき部分は決める。その後、どうしても解決法が見つからないときは、それなりに聴こえるべく表現上のトリックを用いるしかないが…。最初から音楽表現上のごまかしに走ってはいけない。これが練習というもの。
  15. ギタリスト以外の人が作った曲。ピアノ的な発想で作られた音のパターンを平行移動していくような曲の場合、ギターでも運指のパターンを決めてしまうなどして処理するとうまくいく場合が多い。

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

レッスン覚書ミニ〜2008年5月19日〜21日

  1. 簡単なバッハなどの2重奏アレンジで、旋律などを弾くときに、音のフォルム(山型?一直線?S字?)などを意識して弾く。これは音楽の基本構造を理解するのに、のちのち役立つ。
  2. 読譜の訓練のために、生徒さんに白紙の五線譜をもってきてもらった、いろいろ遊ぶ。このあたりは創意工夫。自分でランダムに五線譜に音符を並べて、ルールを決めてギターで弾いていく。お団子(3度音程)を作っていって、それを2弦と3弦だけで弾く…とか決めて弾いていくわけである。これが始めると結構面白い。
  3. 1弦から6弦の5フレットの音を楽譜に書いてね、というと抵抗感のある人は少ないが、7フレットの音をぱっと楽譜に書き出せる生徒さんは少ない。これがハイポジション制覇のポイントでもある。
  4. ジュリアーニなどの早いオクターブは細かいポジションばかりに気をとられると左手が不安定になる。実質上のポジション(左手の親指の位置)をできるだけ動かさないことがコツ。
  5. 初心者のタッチ原則+3原則。原則→まずは正しく楽譜を読む+仝垢某┐辰討らアクション、∋悗鮗蠢阿貌阿す、指の入れ替え。このあたりの原則は生徒さんによって変化する。何を優先するかの違いで、上記全部大事。
  6. やはりフラットキーに弱い生徒さん多いです。ハ短調の場合ミ♭は絶対間違えないように。なんだかんだギターの開放弦に順次♭がついていくので(シーミーラーエトセトラ…)、やっぱり難しいんだろうなあ。
  7. 楽器の構え。ワキに抱えこむようにギターを構えると、右の鎖骨を締め上げていることが多い。これが「癖」になると、喉の痛みや「しゃがれ声」の原因になることが多い。
  8. Pの弾弦の正確なアングルを身につけるためには、アポヤンドでしっかり練習すると効果的(な場合が多い)。
  9. ソル20のエチュード2番。歌にピアニストが伴奏をつけているようなイメージで弾けると良い。アポジャトゥーラの意識&表現のためにも良いエチュード。また音階部分のスラーの意味を考えると、セゴビアの意図が見えてくる。
  10. バッハ、プレリュード、フーガ、アレグロのプレリュード。ある要素を目立たせようとして、意識して強く弾く傾向がある。それよりも他の要素(特に繰り返しの要素)をはっきりと意識して演奏し、その中に織り込まれているものを結果として際立たせるほうがうまくいく場合が多い。

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

左手のアングル

最近、生徒の演奏姿勢をデジカメで撮ることが多い。
意外とフォームチェックにいいのである。
 
これは偶然気づいたことだが、客観的な判断ができるのだろう。
ある一箇所を直しただけで、体全体のバランスがよくなったりするから
面白い。
 
ということで、ある生徒の左手だけをまずは見てください。
 
 

左手アングルMさん誤なんとなく左手首が突き出されいることが分かりますか?

ちょっとネックが遠い感じ・・・

 

 

4弦と2弦を押さえて3弦の開放弦の音もならさなければならないというエチュード(byサグレラス)だったのですが、このフォームだと指が寝てしまうので3弦に指が触れてしまって、音が鳴らないのです。

困ったね〜ということで、ちょっとネックを体に近づけさせました。

↓こんな感じです。

 

左手アングルMさん正少し手首の『突き出ている』感が和らいでいますね?

これで、3弦の音が出ました。

 

まだまだ修正すべき点はありますが、とりあえず。こんな感じです。

ギターのネックのアングル、左手の手首は要チェックのポイントです。

以上、ちょっと役に立つ「ブログ・ギタークリニック」でした。

 

さて、ここからはおまけ。このクリニックの餌食になったMさんの

着ていたTシャツです。親父ギャグ炸裂です・・・

気づいた瞬間、私は脱力しました。

ではどうぞ。サイパン土産だそうです・・・

 サイパン、ダ!

レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ