ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

ギターコンペティション

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

ギターコンペティション全国大会結果!

昨日はギター連盟主催第2回ギターコンペティションの全国大会でした。

私は審査員として出席いたしました。以下金賞と副賞というべき優秀賞、敢闘賞、熱演賞、努力賞のみ記載します。(以下敬称略)

A部門(幼年児童の部/11才以下)金賞:宇都宮有乃、鬼塚大輔/熱演賞:吉川誠太郎
B部門(ジュニアの部/12才〜15才)金賞:会所絢子、斎藤優貴/優秀賞:菅沼聖隆、努力賞:金子麻
C部門(青少年の部/16才〜22才)金賞:宇田奈津美
D部門(成人の部/23才〜35才)金賞:椎葉太一/敢闘賞:月澤寿恵
E部門(ミドルエイジの部/36才〜50才)金賞:志賀和浩/優秀賞:関口隆正
F部門(シニアの部/51才〜65才)金賞:鈴木幸男/熱演賞:長岡増男、敢闘賞:新宮原正三
G部門(ゴールドエイジの部/66歳以上)金賞:萩原えみ子/努力賞:山形克衛

グランプリ:会所絢子、鈴木幸男

(グランプリは子どもの部門ABより1名、C〜G部門より1名を選びました。)

審査員(以下敬称略):高島茂樹 高田元太郎 坪川真理子 富川勝智 藤澤和志 古川昭夫 山内淳


あくまでもこのイベントの主旨は「日本ギター界のアマチュアリズムの啓蒙」であるわけです。つまり一般のコンクールの審査基準とは違うわけです。つまり課題曲もありませんし、楽曲のレベルも違う(時間も違うわけです)。

細かいミスや読譜ミスなどはある程度多めに見る…ということがポイントで、それよりも「ギター音楽を愛しているか?」「音楽を楽しんでいるか?」…ということを想像しながらの審査となります。

…かなり難しいです。

はっきりいってしまうと「好き嫌い」ということが基準となるとは思います。

いかに個人的な覚書を書いておきます。(審査員全員の総意ではありませんので、その点を考慮してお読みください)

A部門

  • (全体)まだ体も小さいので楽器の安定がはかれていない子も数人見受けられました。このようなイベントであれば、椅子は舞台上に一台…そして標準的なピアノ椅子という場合がほとんどです。普段の練習などで気をつけていればよいのですが、椅子の高さというものは重要です。椅子の高さによって右手のタッチのアングルもある程度は既定されてしまいます。
  • 個人的には萩尾さんの演奏が好きでした。「サウダージ3番」全体のイメージをよく掴めていたと思います。若干低音が響かなかったのが残念ではあります。やはりラテンフレーバーの音楽にとって低音がしっかりと響かないのはマイナスとはなります。しかし、個人的にはその表現の練りこみ具合はとても好印象となりました。

B部門

  • 惜しくも銀とはなりましたが、金子さんの選曲がとても好きでした。オルボンとカルレバーロでした。オルボンは私も弾いたことがありますが、とてもリズムの扱いが難しい曲です。しっかりと読譜して仕上げていたと思います。アクセントの扱いも丁寧で好感が持てました。
  • 同賞の大見さんもしっかりとしたタッチの方でした。アストゥリアスでしたが、この手の曲を弾く事は、実はとても勇気がいることです。一粒一粒の音が明瞭に出ていないと成立しませんので…。その点をクリアーしているという点において、しっかりと普段勉強しているんだなあと思いました。
  • 金賞でグランプリの会所さんは、とにかく良くコントロールされたテクニックの持ち主でした。個人的には冒頭部分のリズムの出し方をもうちょっと研究するとよいのかなあとも思いましたが…。トレモロのダイナミクスのコントロールは本当に絶品!
  • (全体)もうこのB部門となると、音楽がしっかりとしてきます。逆にいうと音楽的に単調+弾き飛ばしている…というタイプの演奏はマイナスとなったように思います。

C部門

  • (全体)この年代はほぼ大人の体格になる時期ですね。実は結果発表のとき審査員の立ち位置から出演者の背中をみていたのですが、このC部門〜D部門あたりの世代の背中の湾曲がけっこうひどい方多かったです。E部門以降になると、わりかし腰に気をつかったりする世代ですので(つまり無理がきかない世代?)、背中の形はわりかしすっきりとしているのですが…。この年代を指導することは一生のギターフォームに関わってくることですので、正しい指導を受けられることを切望します。
  • 金賞の宇田さんはポンセの主題と変奏と終曲をしっかりとした表現をつけて弾ききっていました。若干ルバートが多すぎるかな?…という印象ですが、これは私の個人的好みかもしれません。

D部門

  • (全体)全体の中でも、もっとも地味な部門だったかもしれません。ある程度の技術の完成があるためにかえって地味に思えてしまうのです。それでも、金賞の椎葉さんの技術的な安定感と音楽のバランスの良さはやはり金賞に相応しいものでした。

E部門

  • 個人的にはプログラミングが好きだったのは、銀賞の塩崎さん。トローバのトリーハとポンセのワルツ…音楽的には両方とも唄がしっかりとありますので、ベストマッチだったように思います。
  • (全体)部分部分の表現の完成度は非常に高い部門だったように思います。しかし、それが近視的なものになってしまってはいけません。もうすこし楽曲全体を見通した演奏表現を考えると、もっとよい音楽になったのになあ、という方が幾人かおられました。

F部門

  • (全体)もっとも人数の多かった部門です。この部門になると実に一音一音が「ギターらしい響き」になってくるのです。もちろん楽器のレベルも高くなってきます。みな良い楽器を使っています。しかし、それがアダとなって、音楽表現…というよりも表現意欲が疎かになってしまう場合もあります。つまり音楽的に単調になるキライがあるのですね。それには気をつけてもらいたいとは思います。
  • 上記の点において、金賞およびグランプリの鈴木さんは一つ頭抜けていた存在だったと思います。とにかく音楽作りが美しかったです。また「音の余韻」をしっかりと聞いてヴィブラートをかけていたのは鈴木さんだけだったように思います。もちろん、他の参加者の方もそのことを意識していたとは思いますが、実際にこちら側に伝わってきた方は鈴木さんだけでした。

G部門

  • 萩原さんが審査員全員一致で金賞でした。丁寧で、それでいて美しい音楽でした。美しいアマチュアリズムを見た思いがしました。演奏順としても昨日最後の演奏者でした。美しい締めくくりだったと思います。

 

来年も開催されるギターコンペティション…実に楽しいイベントだと思います。全ての世代が参加できるイベントですので、是非みなさん参加してくださいね!

 

BLOGランキング(今このブログは何位かな?)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ

ギターコンペティション結果!(遅れました〜!)

先日、1月17日(土)に行なわれましたギター連盟主催の「ギター大好き、みんな集まれギターコンペティション」の関東甲信越地区予選に審査員として、先年にひき続きいってまいりました。

審査員は他に、山内 淳、坪川真理子、藤澤 和志。私を加えて4人で審査。朝11時〜午後7時まで…途中、休憩はありますが、その間も各部門の賞を決めておかなければいけません(記憶が新しいうちに…ですね)。

ああ、審査したなあ、という感じ。

でも、非常に楽しく、聴かせていただきました。みな自分の弾きたい曲で参加していますので、非常にバリエーションに富んでいます。だから、飽きないのですね。熱意も伝わってきますし。

以下、金賞と特別賞のみ書いておきます。金賞受賞者は全国大会へコマをすすめます。がんばってください!!(敢闘賞、熱演賞、努力賞が特別賞です)

A部門(11才以下):鬼塚大輔、原田斗生

B部門(12〜15才):斎藤優貴、菅沼聖隆/敢闘賞:鈴木智大

D部門(23〜35才):椎葉太一/熱演賞:矢吹通康

E部門(36〜50才):関口隆正、志賀和浩

F部門(51〜65才):鈴木幸男、中里一雄、種谷信一/熱演賞:岡島正修、敢闘賞:大内廣、努力賞:勝野るり子

G部門(66才以上):萩原ゑみ子

 

全世代を対象に…ということでしたがC部門(16才〜22才)の参加者がゼロ…というのは寂しかったですね。高校生〜大学生にあたり、勉強や受験で忙しいのかもしれません。

このイベントの審査を昨年もやらせていただきましたが、やはり全世代が集まったら、面白いのになあ、というのが私の感想。世代ごとになんとなく共通したものがあって、それをみていると「ああ、人生ってこういうものなんだろうなあ」と思えるわけです。

おそらく、C部門が補完されていたら、もっとその「人生」が見えてきたのになあ、というのが惜しいです。ギター連盟として、この点は課題だと思います。

審査をしての感想です。金賞はスンナリと決まるものですね。銀はかぎりなく金に近いのですが、音楽表現、技術のバランスが悪かったり、片方だけが抜きん出ていたり…。特別賞は、「何か光るものを感じる」演奏をした人に授与されました。

全国大会は3月29日です。詳細はギター連盟ホームページなどでご確認ください。

http://www.guitarists.or.jp/


 

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

ギターコンペティション&スプリングギターコンサート終了!!

銀座ブロッサムホール

 

 

 

 

 

昨日は銀座ブロッサムホールにて「第一回ギター大好きみんな集まれギターコンペティション全国大会」でした。関東予選にひき続き、全国大会でも審査員をやらせていただきました。

午前11時〜参加者の演奏がありました。皆凄く良い演奏でした。面白かったのは、なんとなく地域性がでていたこと。これは同じく審査員であった坪川真理子さんや田口秀一さんとも意見が合いました。

やはり、土地による風土差、先生の気質の差などが演奏に影響がでるのでしょうか?…なかなか面白かったです。

 

さて、審査員としての仕事が終わったら、同じ会場で午後6時〜行われる「スプリングギターコンサート」の演奏家としての仕事です。

幸い、出番は後半だったため、ちょっとはノンビリできました。

テルツギターは想像以上に大きな会場でも響いてくれました。やはり通常ギターの3カポとはまるで違います。もちろん、ハイポジションもカポでやるよりも弾き易いです。楽屋にいた他の出演者の方も興味しんしんだったようで、「これ、なに?」という感じで見に来ていたので、テルツ君大人気でした。

通常ギター2本でのデュオ、三善晃「プロターズ」も好評でした。音のディレクション、音のキレ…特に2階席で聞いていた方にお褒めの言葉を頂きました。

その後の柴田健さんと福山敦子さんのデュオ「トナディージャ」(ロドリーゴ)へのつなぎとしても、何故かぴったりはまっていたような気がします。柴田&福山デュオ…上手かったです。ロドリーゴ「トナディージャ」、初めて生で聞きました。名曲ですね。

考えてみると、朝10時30分集合から終演9時近くまで…いやあ働いたなあ、という感じ。でも、楽しかったです。

BLOGランキング(一日ワンクリック!お願いします!!)

音楽ブログランキング

ギターコンペティションを振り返って

先日1月5日に行われたギター連盟主催のギターコンペティションのことについて書きます。

審査員として、全部門通して聴きましたが、まずは「年末、正月と頑張ったんだろうなあ・・・」というのが全体の感想。いやあ、まじめです。日本のアマチュアのレベルは凄いなあと思いました。

では、審査表に残されたメモを頼りに、あれこれ思い出しながら、おおまかに各部門の個人的な感想を書いていきたいと思います。

A部門(11才以下)

いずれも才能溢れる少年、少女ばかり!・・・学生ギターコンクールなどを見ても、最近のこの年代は大人と遜色のない演奏をする人も多いのです。体格とギターの大きさとの兼ね合いが難しい年頃であるので、まだ右手と左手、体全体のバランスがとれていないことも多いのですが、それは今後の課題でしょうか?。しかし、彼らの成長過程において、良い先生についていけば問題ないでしょう。

B部門(12才〜15才)

各自、それぞれしっかりとした「音楽」を聞かせてくれて嬉しかったです。テクニック的にも完成の域に近づいている人も多かったですね。リズム面やフレージングなども素晴らしい表現力を見せてくれる人が多かったので、逆にいうと、「棒弾き」だと不利だったかもしれません。技術面においては、全体的にp(右手親指)のタッチが安定していない人が多かったようにも思えます。pのコントロールが安定すると、さらに表現力がアップするのですが・・・。ちょこっとだけ残念でした。

C部門(36才〜50才)

弾けている人と弾けていない人の差が大きい部門ではありました。年代的に社会的にもプライベートにおいても一番忙しい世代なのかもしれません。ギターに対する意欲と実際の演奏の完成度の差が大きかったです。全体として、もっと「手堅い」曲を丁寧にしっかりと表現したものを弾けばいいのになあ、と思いました。弾きたい曲を弾く・・・というのは確かにいいのですが、このくらいの年代のときに、逆に基礎的な音楽表現法とかテクニック面の安定を目指したほうがいいのではないか?・・・と個人的には思いました。しかし、前述したとおり、ギターへの情熱や表現意欲は全員に充分感じ取ることができました。それを技術を通して正しい形へ整えていく努力&時間が足りないのかなあ、と感じたわけです。また、教える立場からすると、今後30代〜40代の「働き盛り」の年代の生徒をいかに50代〜60代までギターライフを継続させるか?・・・という点においてもいろいろと考えてしまいました。

D部門(51才〜65才)

素晴らしい名演の数々!・・・でした。30代、40代と培ったものがこの世代になると花開くのでしょうか?。聴き応えのある部門でした。気になったのはアポヤンドとアルアイレの使い分けがスムーズにいかない人が多かったことです。また、アポヤンドとアルアイレでの音色の変化がそれほどない人も多くいました。これが原因となって、「もう一息!」という感が否めない演奏となってしまった人がいました。もうすこし冷静になって、自分のイメージする音と楽器の音色のバリエーションを増やすことができれば、より良い演奏になったのになあというのが個人的な感想。それにしても、表現意欲に関しては、みなダイレクトに伝わってくるものがありました。それが行き過ぎてる場合も散見したしたが、個人的に嫌いな演奏ではありません。このあたりはアマチュアの特権でもありますので、とことん突き詰めていってほしいとは思います。そして、たまに冷静になって、「楽譜にたちかえる」という作業をしていけば、よりよい演奏となるでしょう。どちらにしても、実に楽しめた部門ではありました。

 

全体としては、日本のアマチュアのレベルの高さ&層の厚さを実感できるよいコンクールだったと思います。みな、それぞれに「ギターが好き!」という情熱が感じられました。

さて、こうなると3月の全国大会も楽しみになってきました。みなさん、がんばってください!!

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

ギターコンペティション地区予選結果

昨日、ギター連盟主催「ギター大好きみんな集まれギターコンペティション」の審査員をしてきました。

年代別にわけてのコンクールでしたが、実に多彩な演奏で楽しめました。審査のためにたくさんメモをとりましたが、これはあとでまた記事にするとして、まずは結果を写真でどうぞ。

コンクール結果1

11歳以下の部の結果

 

 

 

 

 

 

コンクール結果2

12歳〜15歳の部の結果

 

 

 

 

 

 

コンクール結果3

36歳〜50歳の部の結果

 

 

 

 

 

 

コンクール結果4

51歳〜65歳の部の結果。

 

 

 

 

 

 

会場はこんなところでした。

コンペティション会場

北とぴあ、つづじホール。

コンクール審査に最適な響きすぎず、デッドすぎず・・・理想的な会場だったと思います。

座る位置によって聞こえ方に差はあるようですが、審査員席からは理想的な聞こえ方だったように思えます。

 

 

 

ちなみに、「北とぴあ」は「ほくとぴあ」と読むということを初めて知りました。

ずっと「きたとぴあ」とばかり思っていたなあ・・・。

詳細な記事はまた後日。

 

BLOGランキング(応援よろしく!)

音楽ブログランキング

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ