ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

ソル

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みはすぐにできます!
✳︎富川ギター教室Google+ページにてレッスンの空席案内などがわかります。

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

下記も是非フォローしてください。有益な情報満載です!
富川勝智ページ→Google+
富川ギター教室ページ→Google+

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

「ギターと歌のスペイン 4世紀」大盛況に終了!

昨日のコンサートですが、無事に終了いたしました。なんといっても、使用楽器は4台。。。
 
IMG_8613 














ビウエラの歌曲「モーロの王は散策していた」では歌詞内容を補充させるために歌詞の朗読をいれました。スペイン語教師をなさっているアルベルト先生に朗読を依頼。良いお声!
18055765_1398688850201428_1861185790966107181_o
 









「ビウエラと歌」
イサベルや、帯をなくしたね(ムダーラ)
聖ヨハネの朝(ピサドール)
牛を見はれ(ナルバエス)✴︎ビウエラ独奏
モーロの王は散策していた(ナルバエス)


18111230_1398746486862331_478406521_o











ルネッサンスが終わり、次はバロックです。ちょっとマニアックに「ホセ・マリン」の世界を。
17917793_1398689153534731_2544437435323027931_o










以下の曲を演奏。

「バロックギターと歌〜ホセ・マリンの世界」
僕を蔑む目
愛しい人よ、それが愛のためでないなら
カナリオス(サンス)✴︎バロックギター独奏
もう考えないでおくれ、メンギーリャよ。


18110089_1398746840195629_1668576154_o


















サンスの「カナリオス」は初披露!なかなか楽しかったです。もうちょっといろいろ仕込んでもっとすごい感じにできそうな気がしてきました 苦笑。

後半は19世紀ギターとモダンギターで。

まずは19世紀ギター独奏から。「魔笛の主題による変奏曲」。

18109420_1398747263528920_1557109123_n


 













名器パノルモで。お客様にも大好評の音色でした!
歌とのデュオは、ソル作曲の「セギディージャ集」

「19世紀と歌〜フェルナンド・ソルの世界」
魔笛の主題による変奏曲✴︎ギター独奏
私を惑わせないで
私の目が
愛をもとめながら
愛にとらわれて


解説にも書きましたが、 セギディージャの詩の世界は日本の俳句にも通じるものがあります。小さくても、含みのある奥いきがあります。

演奏していても一瞬なのですが、音と詩の絡みかたに深みがありますね。

さて、最後は普通のギターで以下のプログラム。

「モダンギターと歌〜タラゴー編スペイン歌曲」
ララバン✴︎ギター独奏
さようなら、愛しい人(ガリシア民謡)
羊飼いたちはいってしまった(カスティーリャ民謡)
鳥の歌✴︎ギター独奏
私が歌うハエンの調べ(アンダルシア民謡)
うぐいす(カタルーニャ民謡)

18111005_1398747420195571_53453849_o











18077284_1398700276866952_1002351379202793637_o




 






自分で演奏をしてみて思ったのが、スペイン音楽ってすごいなあってこと。うちに秘めた情熱と熱量は他のヨーロッパ諸国の音楽に比べると倍以上かも!!
とはいってもフラメンコのような表にすぱっとでていく熱量ではないのです。しっかりと内側で燃えつづける…そんなイメージの熱量ですね。

またやってみたいコンサートです! 



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

 

ソルたっぷり!3/18@フレット楽器ヤマサキ

3月18日(土)「二人の友」フェルナンド・ソル ギター二重奏の夕べ@大阪 フレット楽器ヤマサキ
→岩崎慎一さんとのデュオです。フレット楽器ヤマサキさんにてご予約受付中!
イベントページにもコンサート演奏楽曲が載っています。

20170318ソルデュオ


















お席が少ないらしいです。できるかぎりご予約をお願いします!

本日3/17から大阪にはいって、3/18は上記の「ソル2重奏」がっちりやります!


そのほか関西での予定は…こんな感じです!

3月19日(日)ギター史講座 15:00概論 17:00ロマン近代@松本ギター工房
→大阪門真にある「松本ギター工房」でのギター史講座。お問い合わせ:yoshiguitar@icloud.com
→ギター史講座のロマン近代は近現代&現代までかるく扱います。これで今まで大阪にて定期的に行ってきた「ギター史」講座は一応終わります。

3月20日(月)工房コンサートwith笑間コーヒー(歌:仲大盛易力)
→大阪門真にある「松本ギター工房」&笑間珈琲主催コンサート。お問い合わせ:yoshiguitar@icloud.com


 
:::::::::::::::::::
今後の予定

4/8 富川ギター教室発表会:ゲスト肝付兼美(マンドリン)

4/9 ねこぢたライブ(道下和彦、石塚裕美、山田直子、富川勝智)@用賀キンのツボ

4/22 藤沢エリカ(歌)&富川勝智(いろいろなギター)での演奏会@原宿Hall60

5/5 富川勝智(Gt)&岸本麻子(p)@押上・天真庵

5/7 Acoustic Ladyland(石塚裕美vo.&富川勝智)ライブ@大泉学園in”F”

5/13 プライベート演奏

5/21 富川勝智ソロ(ゲストあり?)@大泉学園in “F”

5/27 アコレデ+尾野桂子@学芸大学チェロキーライブタバーン

6/11 リオリコギターアンサンブル定演

6/17 リオリコギターアンサンブルとしてギターアンサンブルフェスティバル出演

6/23 富川勝智ギターリサイタル@代々木上原MUSICASA

7/1 スペインギターフェスタ@銀座山野楽器 

7/10-20 ChamberArt @マドリッド

9/2 富川ギター教室発表会:ゲスト?

9/23 松本ギター工房コンサート?

10/21 富川勝智ギターソロ@仙台・戦災復興記念館

クラシックギタリストらしい活動〜3月のいろいろ

最近、いろいろなジャンルのミュージシャンとユニットを組んでおりますが、本職「クラシックギタリスト」を忘れそうになります。(そういう活動での「ライブ」はこちらのブログ記事にまとめております)

いい意味で「ギタリスト」であるとは思うのですが、ホームグラウンドの心地よさっていうのはあります。

来月3月は半ばからがっちりと数日間は「クラシックギタリスト」としての活動をします!…とはいっても、3/20は歌とのコラボですねw やっぱり完全にクラシックギターへは専念できないみたい〜 苦笑。

3月16日(木):富川勝智ギターリサイタル@東京本郷三丁目「名曲喫茶カデンツァ」→タイトルのあるとおり「モレーノ=トローバ」作品を増量でお届けします!
20170316富川ソロチラシ
 

















3月18日(土)「ソル二重奏曲コンサート」@大阪 フレット楽器ヤマサキ
岩崎慎一&富川勝智でほとんどのフェルナンド・ソルのデュオ曲を!
20170318ソルデュオ



















3月19日(日)ギター史講習会&富川勝智個人レッスン会@大阪門真 松本ギター工房
15:00-概論 17:00-ロマン派&近代 受講料:各講義2500円(学生2000円)
お問い合わせ:yoshiguitar@icloud.com
✴︎富川勝智個人レッスンを希望の方も上記メールへお問い合わせ下さい。

3月20日(月)工房コンサートwith笑間コーヒー
14:00-(歌:仲大盛易力 ギター:富川勝智)
お問い合わせ:yoshiguitar@icloud.com

 


 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

 

11/4-11/6 リハ&ギター史ワークショップ&ソル作品演奏会@大阪

11/3に尼崎で演奏会。
その翌日は11/6のためのリハーサル日でした。とはいっても、午前中はフリーでしたので、生まれて初めての「大阪観光!」。昨年から何度も大阪方面には入っているもののスケジュールがタイトで観光する時間がなかったのです。

まずは大阪城!
IMG_6527
 
















で、午後はひたすらにソルの二重奏を練習。ソルの二重奏曲をがっちりと弾くという内容です。岩崎慎一さんとのリハ、すっごい楽しかったです。


IMG_6534
 

















11/5は門真にてギター史のワークショップ。その前に関西での個人レッスン希望者がいたので、カラオケボックスでレッスン。なかなか優秀な若者でした。

午後になって早めに門真に移動。海洋堂にいってまいりました!
世界的な「フィギュア」企業です。造形ならばなんでもこい!…の凄い企業。仏様からエヴァンゲリオン、ゴジラまで…。
アンテナショップではクリスマスゴジラがお出迎え!

IMG_6550
 
















本社屋上には恐竜が…住宅街の中に急に現れるのでシュールです。
IMG_6549
 









19:00からギター史講座でした。今回のテーマは「古典〜ロマン」。
6名が参加してくれました。プロギタリストもいたので、充実のディスカッション。非常に有意義な講座になったとおもいます。

さて、翌日11/6。
午前中は一名個人レッスン。
IMG_6554
 

















午後3時から演奏会。
IMG_6546
 

















14908405_1637045109654443_2474918971892338336_n









終演後の記念撮影!

前半最初20分ほど、ソルのエチュードを10数曲演奏。その後に「ロシアの思い出」。

後半は以下。
第一歩
容易にして漸進的な3つのデュオ
励まし

以上全編ソル作品!…アンコールはハイドン/カルッリの「ロンドンシンフォニー」。
14925510_1637045106321110_1239165224770522536_n


 
 














その後にみなでおいしー中華料理屋で打ち上げしました。

…という感じで数日間の大阪滞在でしたが、演奏にレクチャーに観光に充実しておりました!

関東に戻ってきて、じわじわと通常業務にはいらねばなりません。。。
さて、次の仕事にむけてがんばろー。



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

 

歌とバロックギターのライブ〜楽器と音楽ジャンルへの慣れ

先週水曜(2015/12/16)は日暮里のBar Portoさんにてライブでした。

古楽を専門に歌っている藤沢エリカさんとのデュオライブです。15世紀〜16世紀の歌曲、フェルナンド・ソルの歌曲をバロックギターで伴奏しました。ソルのセギディージャ集から数曲。本来は6弦のギターで演奏されるべきと考えらえるものですが、意外にバロックギターが合うなあということで、ためしてみたかったのです。
実際、ソルはそのキャリアの初期にはバロックギターの複弦をひきついだ「6コースギター」を使っていたのではないかと類推されます。そして、ソルが生きた時代にはまだ5コースギターも残っていたと思われます。なので、ソルのセギディージャ集はバロックギターで演奏してもそれほどの違和感はありません。
というよりも、もしかしたらそのほうが当時のスタイルに近かったのかもしれません。
IMG_2796 

















 さて、前回の藤沢さんとのライブは9月26日でした。かなりがっちりとレパートリーを組み上げていきました。リハもかなり付き合ってもらいました。バロックギターの奏法や語法も再確認する作業もしました。おかげで、9月の本番時には「うん、まあまあかな?」という手応えがありました。

音楽のジャンルは一般に言う「古楽」というものです。使っている楽器はバロックギター。リズムや和音の扱いに古楽っぽさ…が求められます。これはひたすらに文献を読んだり、音源を聴いたりしてひたすら「こんな感じなんだろうな!」と想像していくしかありません。もちろん、藤沢エリカさんはがっちりと古楽の世界で活動してきた方なので、リハのときが一番の勉強になりました。

そして、楽器。バロックギターは通常のクラシックギターとは違います。クラシックギターが弾けるからといってバロックギターがすんなりと弾けることはないのです。弦のテンション、鳴らし方、タッチ…すべてを変えなければなりません。

今回、3ヶ月ぶりにリハをして本番をやってみて、上記の勉強してきたことが頭と体のなかでまとまってきたなあ!という感覚を持ちました。これはやっぱり本番をこなしてみないとわからないことですね。

さて、本番では本当にたくさんの方が訪れてくれました!満席状態!嬉しい悲鳴ですね。

実は日暮里のBar Portoさんでの「クラシック音楽」のライブは初だそうです。普段はジャズやボサノバのライブが多いとのこと。今回ひょんなつながりでライブをやることになりましたが、実際に蓋をあけてみるとマスターの伊藤さん曰く「すっごい面白い」と。古楽という印象とはまったく違かったようです。

レパートリーは世俗歌曲がほとんどでしたので、実際に当時の「ポップス」と言えるものだと思います。歌詞の内容も恋愛ものがほとんど。なので、当時のpopular songですから、けっして堅苦しいものではありません。Bar Portoさんの雰囲気にもぴったりだったと思います。

FullSizeRender


 








Bar Portoさんからまた是非やってほしいとのことでしたので、次回の日程も決めました。2016年3月3日、、、つまり雛祭りのときです!みなさま、いまから予定を空けておいてくださいね!

次回もまた、レパートリーをちょっとだけ広げて、面白い「古楽ライブ」にしたいと思っています!



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

 
レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ