ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

タレガ

2019.8 新サイトOPEN!
http://tomikawaguitar.com

富川ギター教室(東京渋谷) http://tomikawaguitar.com
https://tomikawaguitar.sakura.ne.jp/wp/lesson/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

アランブラ宮殿の思い出〜運指のあれこれ

生徒にレッスンしていると、生徒さんが持ってきた楽譜からあれこれと学ぶことが毎回たくさんある。

特に名曲と呼ばれるものは、再発見があることが多い。僕自身も何回も弾いてきた曲の中でも、「え?」っていう発見があるもんである。

本日は「アランブラ宮殿の思い出」。

コーダ部分の運指。シードーレーミーのところ。長年僕はシを2弦の開放弦で弾いてきた。そして、そうなっている楽譜も多い。生徒さんがここを3弦で取っていたので、「それ面倒臭くない?」と思って、原典版も調べてみた。シャントレルから出ている当時出版されていた楽譜のファクシミリである。

すると、、、おお!!!丸三・・・ってなっているじゃないか!

IMG_2033
















原典版ではもう一回出てくる同じフレーズには運指の記載がない。特別な記載がない場合は前の運指を踏襲するという暗黙のルールがあるだろうから、ここも3弦4フレットを押さえて弾くのだろう。

何種類が出版譜を調べてみたのだけど、開放弦の場合と3弦4フレットを押弦して行う場合と様々。

で、レッスンで生徒さんと一緒に3弦4フレットで弾いてみた。いいじゃないか!・・・訥々とした風情がある。これと比べれば2弦開放弦で弾くと音色が荒れる。

・・・という訳で次回からはここはやはり3弦で弾こうかなと考えが変わってしまった。


何が正しい、何が正しくないっていう訳ではない。最終的にはセンスなのだろう。好みなのである。

何れにせよレッスンをするにあたって、思い込みは避けたいなあーと。だから教室のレッスンではカルカッシでもソルでも、タレガでもすぐに原典にあたれるように資料楽譜は用意してある。そのほか一般的に使われている出版譜や教材の類もすぐに参照できるようにはしている。

可能性を探ること。そして、作曲家が(ギタリストが)「この運指を選んだ意味」を考えて判断する。それが大切なのだろうなあ。


で、余談ですが、明日ライブで弾く曲でも、ちょっと新しいポジションが発見できました。こっちの方がベターですなあーと。アレンジしたのは僕本人なのですけどねw

そんなことを考えると、もしかしたらタレガ本人も「出版されたのにはこういう運指振っちゃったけど、こっちの方が本当は弾きやすいし、音抜けもいいし好きなんだー」とか言ってそうな気がする 苦笑。


そんなこんなで、クラシックギターって真面目に教えるとめんどくせーなあーと。

そんなことを語るのが10/25の「クラギなんか嫌いだ!」ソロライブ&トークです。
(突然のライブ告知w)

おいでくださいませ。クラギの面倒臭さ・・・をたっぷりとお話しします。もちろん演奏もしますよー。

ご予約&お問合せ:「エムズ・カンティーナ」03-6450-8111 (24h留守電対応)

予約フォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S13353355/


119851476_692225878169439_1359360538617854497_n






2015年のまとめ Part4〜原稿執筆編

今年も原稿を書きました。現代ギターに掲載されたもの、かつて出ていたものの再刊などが多かったですが、来年以降もギター史やギター奏法、アレンジなどいろいろとやっていきたいと思います。

R0220149

 






ミゲル・リョベート国際ギターコンクールの記事。

IMG_1179

















クラシックギターのロマン派についての記事。

R0221368
 







ルベン・パレホ氏のインタビュー記事。

IMG_2866

















女性ギタリストの系譜、記事。

IMG_2919 

















てんこもりBOOKの再刊。


タレガの伝記も新装版の楽譜集のなかで復活。

 

いろいろな内容の記事を書きました。原稿を書くことは頭のなかの整理にもなります。もちろん未知のテーマについて書くことも大変な労力ですが、新しい世界観や考え方を学ぶことができてとても楽しい作業です!

来年以降もすこしずつ原稿依頼が来ていますので、じっくりじっくり研究を続けながら書いていきたいと思っています! 

昨日は・・・タレガの誕生日

昨日11月21日はフランシスコ・タレガの誕生日でした。

「アランブラ宮殿の思い出」や「ラグリマ」などクラシックギターの名曲をたくさん書いたギタリストです。

タレガ

上記の写真は1899年に書かれたタレガの肖像画。もちろん印刷のものです。

同じ誕生日のギタリストに我が友人の池田慎司君がいます。おめでとうございます!いいなあ、タレガの誕生日と一緒っていうのは。


ちなみに私はジュリアン・ブリームと同じ誕生日。7月15日です。

なんだかちょっと渋めですが、ブリームの音楽は大好きなので、それに気づいたときはちょっと嬉しかったです。
 

BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

現代ギター〜タレガの時代

さて、昨日はお茶の水のギター専門店へお邪魔してきました。

19世紀のギターをメインにいろいろいじってきました。いろいろなことに気づきました。

で、そのお店で「現代ギター臨時増刊号」が発売されていることを知りました(昨日の夕方私の家には郵送されていたようです)。

おお!と思って、早速自分の書いた部分をチェック。

で、今朝も全体を眺めていました。

こんな、表紙です。

現代ギタータレガ特集号

私が書いたのは「タレガの時代」という原稿。タレガのバイオグラフィーです。やはり現在再刊されている「タレガの生涯」(プジョール)とタイトルがかぶらないように、このようなタイトルとなりました。

実際、内容としてはスペイン史やギター史の横軸をしっかりと絡めて書いたので、読み物としては面白いと思います。自画自賛のようですが…。そして、プジョール伝記とリウス伝記の両者を参照しましたので、いってみれば「いいとこどり」の伝記でもあります。

お得かもしれません。

もちろん、詳細なデータはプジョール伝記、リウス伝記でチェックしたほうがよいです。ただし、タレガの生涯の概要を知るうえで、私の書いた伝記のほうが読みやすいとは思います。

タレガの時代(現代ギター増刊)

増刊号の10ページから33ページまで。けっこうな分量です。のんびりお読みください。

そのほか、タレガの名曲のほとんどが別冊楽譜で添付しています。そして解説も充実。ラグリマとアデリータの解説は私が担当しています。しかもお手本演奏CDまで添付。定価2940円。お買い得です。

下記は現代ギター社サイトのリンクです。こちらかもお買い求めいただけます。

タレガ特集号

 

BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ

原稿提出&アレンジ

やっと今朝…というより、午後イチで現代ギター社から頼まれた原稿を提出しました。

推敲作業、困難を極めました。なんといっても、最終的には4万7千字近くになってしまいました。なので、推敲するのも時間がかかります。しかも、途中で気力が失われていきます…。

おそらく、連載のときはマックスが1万字くらいだったと記憶しています。単純計算で、この4倍は推敲するのに時間がかかるのです。

まあ、ちょっと面白いタレガ論ができたとは思います。横軸、縦軸からませて…まあ、あとは読んでのお楽しみ。現代ギター増刊(なのかな?)タレガ特集号に掲載予定です。また出版されたら、このブログででもご報告します。

同時進行でヤマハの出版物のアレンジ&原稿執筆もやっていました。

現在、継続中。

むかーし、出版された「美しく奏でるクラシックギター」という本の焼き直しのようです。この出版物のために、やまほど編曲し、録音しましたが、それにデュオを加えて再編集…という感じでいくようです。

で、デュオのアレンジ&講座を頼まれたわけです。

ちなみに、教室行事として7月に重奏発表会をやります。藤井眞吾先生の「はじまりの音楽」とかカルッリの生徒&先生用デュオとかをちょうど生徒さんとのレッスン時にさらっていたところなので、なんだか良いタイミングです。

ちょうど研究中の分野ともいえるわけで、こういうのは縁を感じますね。楽しいです。楽しいですが、締め切りもあるので、あまりエンジョイすると終わりません…。このあたりは「けじめ」をつけちゃうしかないのですが…。

てなわけで、今からまた夜中作業です。

 

 

BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング

ギター教室ロゴ

レッスン案内
東京渋谷:ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ