ギターレッスンと演奏の日記 from 富川ギター教室

クラシックギターの「伝道師」富川勝智のギター教室でのレッスン活動と演奏活動の記録です。

ダラス

クラシックギター弾いてみたいなあ…!と思っている方…
真剣にクラシックギターに取り組んでみたい!と思っている方…
→富川ギター教室では生徒随時募集中です。まずは無料で体験レッスン!
申し込みフォームはここをクリック

富川ギター教室(東京渋谷) http://guitar.sakura.ne.jp/
※他に池袋、横浜青葉台でもレッスンしています。

富川勝智の演奏会チラシはこちらでご覧頂けます。

お仕事依頼&お問い合わせは下記メールへお気軽に!
tomikawaguitar@gmail.com

テキサスギターフェスティバルまとめ!

2014年2月27日〜3月1日まで行われた13th Annual Texas Guitar Competition and Festivalに審査員及びリオリコギターアンサンブルのディレクターとして参加してきました。滞在中毎日レポートをブログにアップしていましたが、ここで総括してみたいと思います。

R0026776












メイン会場となるのはThe University Texas at DallasにあるAlexander Clark Centerです。この会場にて演奏会とコンクールの本選が行われました。

R0026752










コンペティションはハイレベルなものでした。一次審査は録音審査。二次には19名が残りました。二次審査は6名の審査員であたりました(非公開)。
選曲、テクニック、解釈及び様式感、パフォーマンス(個性)、それぞれについて25点ずつ。100点が満点。とはいっても、50点以下は基本的につけない…ということに事前の審査打ち合わせで決めました。

…頭使いました。4名が本選に残りました。

最終的な結果は以下です。

1) Oman Kaminsky

2) Jesus Serrano

3) Stephen Lochbaum

4) Janet Grohovac
 
スペイン留学中の私の元弟子(現在アレックス・ガロベー氏に師事)の林祥太郎君は上位四名と0.5ポイント差で本選出場ならず…残念な結果となりました。いずれにしても、上位4名とも素晴らしい演奏でした!

私は2月28日に大学ギター科によって結成されているRadiant Guitar Ensembleによるプレコンサートにギター科主任教授であるエンリック・マドリゲーラ氏とデュオをしました。

1911976_10202376298142743_89458057_n










我々のアンサンブルは3月1日にホアン・カルロス・ラグーナ氏の前座として演奏。30分程度のプログラムを演奏。


1780914_10202380989940035_1705864137_n











その2時間前にはロサンゼルス・ギター・カルテットのウィリアム・カネンガイザー氏のマスタークラスにも参加しました!

1779115_10202380220520800_699094440_n










DSCN0850










つまりマスタークラスを受けて、そのまま演奏会という流れ…カネンガイザー氏には「これから演奏会だから、どうしたらいいだろうか?…」ということを最初に言われましたが、「できるうる限りアドバイスをしてください」と申し出ました。

「それなら、今すぐにやろうとしなくてもよいから、アイデアとして受け止めておいてくれ!」ということで、結局たーくさんアドバイスやヒントを貰いました。そして、本番では…結局やってしまいたくなるものですね 苦笑。

我々のコンサートのあとはホアン・カルロス・ラグーナ氏との演奏会。素晴らしかったです!…素直で歌心あふれる音楽です。でもとても知的な音楽です。ギターが「歌う」…このことだなあ…と。

その後夜8時〜ロサンゼルス・ギター・カルテットのコンサートでした。これも凄かった…。

R0026905










さて、その翌日は3月2日はアジアセンター後援によるコンサートが大学内のジョンスンパフォーマンスホールにて行われました。

R0026907









R0026906










こちらでは50分程度のプログラムを演奏。

…という感じでテキサスでのツアーは終了。

R0026904







 










スタッフ全員、親切で暖かくとても居心地の良いイベントでした!
今回のフェスティバルのディレクターであったエンリック・マドリゲーラ氏には「またいつでも戻っておいで!」と言われたので、また行くかも(呼ばれるかも)しれません。

審査員及び演奏家として仕事ではありましたが、同時にアンサンブルでマスタークラスを受けたり、世界的ギタリストのコンサートを見れたり、世界各地のギターを勉強している若者達と語り合えたり…非常に勉強にもなった1週間でした!



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

 

ダラスレポートpart5 アジアセンター後援のコンサート

本日はアジアセンター後援のコンサートでした。

リハーサルの様子。みんな何故か舞台上にあるピアノで遊んでいます。

R0026852 










テキサス大学のギタープログラムの学生のアンサンブルとのジョイントコンサートでした。
R0026856










本番では50分ほどしっかりと弾かせていただきました。一曲毎に暖かい拍手が!…最後はスタンディングオベーション。嬉しかったです。

最後にリオリコ・アンサンブルメンバーと今回のコンサートの企画に携わってくれたスタッフとの記念撮影。

1507768_610580945678893_1301826250_n


 








コンサートはしっかりと終わりましたが、気候は大変動。昨日との温度差は20度以上。みぞれ…というよりは氷が降っている感じです。

R0026857
 









夕方からは(やっと)テキサス料理を!
R0026862











さて、この後が大変で、帰国便が欠航?…という情報があり、あれこれと微調整や情報収集をしていました。さて、ちゃんと帰れるか???(帰れるとは思いますけどね!)。

いずれにしても、今回のツアーの詳細なレポートは帰国後になると思います。もうしばらくお待ちください。



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ












 

ダラスレポートpart4 アンサンブルのマスタークラス&演奏会&コンペティション結果

今日3月1日は午後からLAGQのマスタークラスがありました。メンバーが複数に分かれて個人をレッスンしていましたが、我がアンサンブルはウィリアム・カネンガイザー氏がレッスンを担当してくれました。

実践的なアドバイスが沢山。レッスンの時間の使い方も効率的ですが、拍の感じ方や各パートのバランスなど有意義なヒントをたくさん貰いました。 1時間ちょっとの時間ですが、このマスタークラスだけでも来て良かった!と思いました。

1779115_10202380220520800_699094440_n










実際の演奏会で使われるホールでのレッスンはとても実践的!フェスティバル運営サイドに感謝です。

その後1時間ほど空いて、午後3時15分から我々アンサンブルの本番。

1780914_10202380989940035_1705864137_n



 







30分ちょっとプログラム。たくさんの拍手を貰えました…つまり大好評でした!

その後、夜からはLAGQのコンサート。その合間にコンペティションの結果発表がありました。

R0026835










優勝はオマン・カミンスキー。(私は本選で最高得点をつけましたが、その通りの結果!)

素晴らしい演奏でした。将来きっと世界のギター界を担って行く人材になると私は思っています。

R0026836










LAGQのコンサートのあと簡単な立食パーティーがありましたが、ダラス空港到着から世話になったエディー君との2shotがないなあ…と思って撮りました。彼は今回のフェスティバルのサブディレクター的な立場でしたが、よく裏方として働いていたと思います。好青年!

R0026838










という感じで、ギターフェスティバル自体は終了しました。

明日、もうひとつコンサートをやって、お別れディナーパーティーをしてもらって全予定が終了となります。

明日もがんばろー!



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ


 

ダラスレポートpart3 前夜祭&コンクールファイナル

今日から本格的にギターフェスティバルがスタートしました。

R0026785









メインの会場はダラス大学内にあるクラークセンター。

楽器の展示も行われています。
R0026788










夕方からプレショーとして大学ギター科で学んでいる学生のアンサンブルコンサートが行われました。

R0026799









年齢もレベルも様々ですが、なかなか面白いプログラムでした。

このプログラムのなかで今回のフェスティバルのディレクターであるエンリク・マドリゲーラ氏とデュオをやることになり、藤井眞吾先生編曲の「朧月夜」を演奏しました。

1911976_10202376298142743_89458057_n










その後午後8時からコンクールの本選審査を担当しました。4名が残りましたが、みな素晴らしい演奏でした!(結果は明日発表!)

日本からリオリコ・ギターアンサンブルのメンバーも合流し、明日も忙しくなりそうです!

R0026800










R0026801









↑フェスティバルのプログラムです!



 


BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ

 

ダラスレポートpart2 コンペティション二次審査

本日(27日)は快晴でした〜。昨日よりは冷え込みも少ない感じです。
よいお天気!泊まっているホテルの入り口の写真をどーぞ。
 
R0026764 










朝食はホテル内のレストランにて。

R0026765










今日からコンペティションの審査員なので、朝はしっかり食べました。とはいっても、正午には審査員のミーティングランチがあってそこでもしっかり食べましたが…。

こちらが審査員パスです。
R0026776










大学で行われるので、第二次審査(一次は録音審査でした)も普段の授業が行われている教室にて行われました。

R0026773










R0026772

 








審査員は私を含めて6名。二次審査は19名(うち1名は棄権)。

デュアートが課題曲。あとはバッハの組曲、ソナタなどから第1楽章または最終楽章をセレクト。デュアートは個性がとても出ます。バッハも技術や時代様式を見るにはよい課題曲だったと思います。

午後1時〜午後5時までの長丁場でしたが、参加者のレベルもとても高く、聴いていて飽きることはありませんでした。

一旦ホテルに戻り、夜7時からはホアン・カルロス・ラグーナ氏のマスタークラス。昨日から親しくさせてもらっていますが、丁寧な人柄そのままの素晴らしいレッスンでした。もちろん人柄だけでなく、基礎に忠実な音楽表現のルールを伝えようとする素晴らしい内容でした。受講生の癖を見事に見抜いており、お手本の断片から巨匠の片鱗をしっかりと感じ取ることができました。

R0026774










そんな感じで、やっとフェスティバルが始まったのですが、明日からはちょっとずつ演奏が加わってきます。日本から我がアンサンブルのメンバーも合流します。さて、明日もがんばるぞ〜!




BLOGランキング(一日ワンクリックよろしくお願いします!!)

音楽ブログランキング blogram投票ボタン

ギター教室ロゴ




 
レッスン案内
東京渋谷:教室ホームページ
東京池袋(金曜):GG学院
※ワンレッスン→詳細
お問い合わせ

レッスンのお問い合わせや演奏依頼、執筆依頼、作曲&編曲依頼、またはブログの御感想など…

名前
メール
本文
プロフィール

tommig

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギター史と和声のワークショップ
公益社団法人日本ギター連盟ユベントス主催によるギター史と和声学の講習会
詳細はこちら!
講師はギター連盟正会員の富川勝智と坂場圭介です。
Archives
富川勝智

Facebookページも宣伝
記事検索
演奏会情報
♪富川勝智の演奏会♪
チラシまとめ
演奏会チラシ


体験レッスン
富川ギター教室では無料体験レッスンを行っています。正しい基礎を知りたい方、独学でお悩みの方、技術に限界を感じている方…今すぐに申し込みください。


☆申し込み☆
 ↓↓↓↓↓
クリック!

ギタートラベローグ
日曜ワークショップ開講中!
♪詳細は…
“月イチ講座”ブログ
サーキュレーション
  • ライブドアブログ